アリア社長のページ 前編 



その愛くるしい物腰で我々を魅了して止まないフワフワ癒し系マスコット、アリア社長について。

第1話:『その 素敵な奇跡を…』
アリア社長初登場
窓から顔を出すアリア社長。何の予備知識もない者にとって、この生物が何者なのか、どのような役割を持っているかなど知る由もない。
まして、口のそばにある円状のものが目なのか、鼻の穴なのかの認識すら怪しい。

アリア社長の夜這い?
このときにかの生物がアリアシャチョーと呼ばれていることがわかる。しかしここからアリア社長にたどり着けるだろうか。それはともかく、従業員モミ子のベッドに忍び込み、悪びれる様子もなく挨拶を返すというこの余裕。フワフワ癒し系だからこそ許されるこの狼藉。

アリア社長腹筋運動
アリア社長朝食前の運動。腹筋どころか全身が筋肉痛になりかねない運動だがそれ以上に指先とつま先のみで姿勢制御していることが、アリア社長の運動能力の高さを物語っている。

懸垂するアリア社長
懸垂するアリア社長。ここまで見て常にトレーニングしているようにしか見えないが、その一挙手一投足がフワフワであり癒しであり萌えである。マジでこんなぬいぐるみが出たら買う。

鳥に憧れるアリア社長鳥になるアリア社長
鳥に憧れ(?)、そして鳥になるアリア社長。しかし、彼を待っていたのは不幸な事件であった…。

漂流するアリア社長
第1話で早くも生命の危機に陥るアリア社長。しかし、フワフワ癒し系のその姿からはなんの緊張感も感じられない。

眠るアリア社長
腹出して眠りこけるアリア社長。そのふっくらとした触り心地の良さそうな腹は後に「もちもちポンポン」と呼ばれ親しまれることになる。

実は「社長」
アリアシャチョーがアリア社長であることがわかる瞬間。しかし、なぜあの謎の生物が社長なのかわかるまで、あと数週間の時間が必要となる。


第2話:『その 特別な日に…』
なにすんねん
気持ちよく寝ているアリア社長をおもちゃにするモミ子。ところで、アリア社長の眉毛盛り上がりすぎじゃね?

はいよろこんでー
言葉巧みなモミ子のせいでアクアアルタの路上を移動をすることになったけどやる気マンマンなアリア社長。

うっとりするアリア社長
何かを見て頬を赤らめるアリア社長。その視線の先には・・・。

ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!
そこには「魔女の宅急便」のジジをさらにおしゃまさんにしたような黒猫が・・・。ヒメ社長初登場。

全力アリア社長ヒメ社長の汗
必死の形相でベッドをよじ登るアリア社長。その視線の先にあるものはヒメ社長か、それともヒメ社長の餌なのか。
ちなみにヒメ社長はどう見てもドン引き。アリア社長の野望は潰える、のか?

他人の餌にツバつけるアリア社長
って餌かよ!
ここで、ウンディーネ業界では安全の象徴としてアクアマリンの瞳を持つ猫を社長としていることがわかる。それよりも私はアリア社長が猫だということに驚き。

晩飯を食うアリア社長
この回はアリア社長の食事風景を大きくフィーチャーした回だったといえる。あらあらうふふ禁止。


第3話:『その 透明な少女と・・・』

あげる。やだ。
花を差し出す健気なアリア社長と、それをつれなく無下にするヒメ社長。悲しむアリア社長の顔に癒されるものがあるが、ここはむしろヒメ社長のツンツンぶりに注目したい。彼女がデレデレするときはあるのか?そして来るのか?

あいつだれあいつだれ
見慣れない人を見ておびえるアリア社長。しかし、実はその人にアリア社長は会っていたのだ。

きにするなよ
初めて客を乗せて失敗したモミ子をやさしく慰めるアリア社長。社長のおおらかさが見える瞬間。こんな上司なら抱かれても良い。

ぴと
暁の背中にピトっとくっつくアリア社長。接客力に優れている。少なくとも私に対しては最高の接客だ。

ぴと2
アリア社長掟破りの接客。それを当たり前のように受ける暁も見事だ。


第4話:『その 届かない手紙は・・・』

バッチコーイ!
開始3分弱にいきなりケツを見せ付けるアリア社長。この後ケツを振って買い物に行く。

アリア社長とぶ
思うところあってカゴから飛翔するアリア社長。そして・・・

頭から行ったァーッ!
地面へアタマからツッコむアリア社長。ネコとは思えない身重さ。ネオヴェネツィアのネコは我々が知っているネコとは異なるのかもしれない。

またケツ
そしてまた臆面もなくケツの穴を見せつけてしまうアリア社長。

キター
アイスキャンディーを舐めて頭にキーンと来てしまったアリア社長。あー、普通にカワエェ。

やっぱりケツ
またしてもケツを見せ付けるカードリーダーの運び屋アリア社長。ウホッ!いいアリア社長・・・。


第5話:『その あるはずのない島へ…』

前掛け装備
食事のときは前掛けをするようになったアリア社長。そもそも椅子に座って食べていることを疑問に思うべき事は重々承知しているが…。

はいどうぞ
いつものようにヒメ社長にモーションをかけるアリア社長(水中戦装備)。

ええっ!?
いつもつれないヒメ社長がアリア社長を受け入れているだとっ!?

いらんやっぱりね
やっぱりつれないヒメ社長。つーかこのツンツンヒメ社長どうよ?アリア社長があまりに報われなさすぎるぜ。

1,2,3,4親指相撲
準備運動をするアリア社長。踊っているわけではない。

一寸法師
お椀の船を巧みに操るアリア社長。その姿には一寸法師の再来という声もある。

やるよ。
私はアリア社長を心の底から尊敬する。どんなにつれなくされても、魚をサーブしてあげるアリア社長は紳士だ。ジェントルマンだ。


第6話:『その 守りたいものに・・・』

マァ社長見参
まだ社長ではないがまぁ社長初登場。その生茶パンダを髣髴とさせるパペットぶりもさることながら、そのアグレッシブな性格はアリア社長に危機をもたらす。

どう見ても下腹部です。本当にありがとうございました。
早速襲い掛かるまぁ社長。アリア社長のもちもちポンポンがでっかいピンチ!

ナニ飲んでんの?
ストローも余裕でこなすアリア社長。そのうち箸を持つアリア社長を見られる日も近い。

足の向きが・・・
熟睡中のアリア社長。ポーズがアレだが決して踊っているわけではない。

ストイックorマゾ
左手を執拗にいたぶるアリスの左手を優しくさするアリア社長。アリア社長の優しさは誰にでも等しく与えられる。


第7話:『その 素敵なお仕事を・・・』

これぞ接客
相変わらず見事な接客を見せるアリア社長。己を理解しているからこそできる接客。

やっぱりどう見ても下腹部です
その間もなくまぁ社長に襲われるアリア社長。アリア社長のもちもちポンポンは常にまぁ社長に狙われている。

ほっぺが落ちそう
アリア社長だけなぜか美味しいものを食べたかのようなリアクションを取っているが、実際は勤務中に知り合いとおしゃべりしてしまったモミ子に怒る晃さんに固まっていただけという。

腹が減り
涙を流すアリア社長。原因はなんと空腹。泣くな!社長だろ!

まぁ社長とぶ
アリア社長の涙に呼応するが如く襲い掛かるまぁ社長。涙に呼応というのが意味不明だが、そういう場面なのだから仕方がない。

アタシを巻き込むんじゃない!
まぁ社長から逃げるアリア社長に容赦なくケリを入れるヒメ社長。またこのヒメ社長の凶悪なツラったらない。その後に待っているものは・・・。

でっかいピンチー
やっぱりアリア社長のもちもちポンポンがでっかいピンチ。もはやお約束。もはや様式美。

ヒメ社長には指一本触れさせん!
怪しげな場所に入って引き気味のヒメ社長を勇敢に庇うアリア社長。ちょっと前に凶悪な顔でケリを喰らっているにもかかわらずこのジェントルマンっぷりはなんなんだ。

やっぱり・・・逃亡
勇ましかったのもつかの間。蜘蛛の巣にあっさり敗れ、ヒメ社長を見捨てるアリア社長。こればっかりはフォローのしようがない。

とってーとってー
そしてあろうことか客に泣きつくアリア社長。これも接客の一環なのか?(違います)

調子に乗るアリア社長
外に出られたものだから調子に乗るアリア社長。

自業自得
ま、こうなるのも当然だわな。

か、勝てねぇ
ピザを食べるアリア社長よりもむしろ晃さんの大人げのなさに注目したい。


[後編][TOP]

ReadMe!