登山&ハイキングの装備編



<日帰り編ハイキング編>
山ではいつも安全に対してケアーをするためには、事前の装備の準備が必要です。ここではどのような装備が必要なのかを考えてみましょう。準備をする上でのポイントは・・・

1.目的としている山と季節を吟味する

2.山の専門店で揃えること

3.常に万が一に備えること

<必要な装備>
1.トレッキングシューズ、もしくは軽登山:グレードCとDのコースではトレッキングシューズまたは登山靴が望ましいです。

ハイカットの登山靴は足首の捻挫を防いでくれますし、下りでのスリップを防いでくれます。山で怪我をするほとんどの方は下りなのです。これはみなさんの安全のためです。革靴やハイヒール、サンダルでのお越しはご遠慮くだい。ハイキング&トレッキングブーツ(ライト)やミドルカットやハイカットがオススメです。

靴を買う時には必ず専門店にてナイロン製の靴下を履いてからサイズを決めて下さい。日頃履いている靴下とは厚みが違いますのでサイズが異なります。サイズ選びはこちらまで!

お店の中で階段や下り坂があるので靴が足の中で遊ばないか確認すると良いですよ。山で足のマメが出来ると大変です!!!もし迷った場合には、左右別々の登山靴を履いて店内を歩きまわると違いが分かります。詳しいことは店員の方にお聞き下さい。オススメのお店はこちらへ

グレードDのハイキングコースはビギナーの方は初めは運動靴でも構いませんが、グレードCではハイキングシューズもしくはトレッキングシューズ、軽登山靴を履いて来て下さい。アクシデントが起きやすい、下りでのグリップ力があるので滑りにくく止まり易いのが特に雨が降った後や雨がの中歩くと、かなりの違いが実感出来ると思います。

2.リュックサック 
手提げカバン不可・・・転んだ時に手に荷物を持っていると骨折しやすいので必ずリュックサックをお持ち下さい。日帰りでは20〜30L位で、宿泊の場合には40L〜50Lが目安です。パッキングをする時には、必ず大きなビニール袋をザックの空の状態で最初に入れて下さい。その後に、必要なアイテムを入れて下さい。もちろん雨対策として、ザックカバーは必須アイテムです。

3.食べ物 & 行動食 & 非常食  
山にはまず売店はありませんのであらかじめご用意してください。 また最寄駅でお弁当が売っていない場合がございますので、ご注意下さい。またグレードA,Bでは行動食にて休憩時にエネルギー補充をします。ゴミが出ないように必ず、包装を衛生上問題ないと思うのは予め外しておいて下さい。これは軽量化と環境への影響がとても大きいので、ご協力下さい。

主な行動食はバーム、アミノバイタル、ゼリー、飴、昆布、カロリーメイト、ソーセージ、チョコレート、お煎餅 梅干etc。。常に万が一に備えて、余分に持つことを心がけて下さい。余れば非常食として使えます。

バテてしまった時のサプリメントはやはり「アミノバイタルプロ 3600mg」これはホントに効きます。即効性があり、イメージとしては、体重が5kg以上軽くなったような気がします。グレードB以上の方はほぼ全員これを使ってます。バテた時、もしくはバテル前には、ぜひ飲んでみて下さい。

4.シート 
お弁当を食べる時に使います。各リーダーは携帯しておりますが、全員の分のスペースは無いので、各自で持って来るように心がけて下さい。

5.スポーツドリンク
特に夏場は熱中症になりやすいので多めに持って来てください。目安としては夏は1リットルから1.5リットル以上は最低必要となります。冬場は1リットル以上が目安です。最寄の駅で飲み物を買うことは出来ますが、山地では途中で買えないことがあるので予め持って来て下さい。よく誤解されがちですが、下山時にはお水がなくなってしまう方がいらっしゃいますが、3分の1位の水分(500ml位)は余分に余らせておいてください。万が一アクシデントに見舞われた時には、水分がないのはあまりオススメ出来かねます。

オススメの飲料水はやはり糖分、塩分、ミネラル、電解質などの入っているスポーツ飲料です。お水やお茶、コーヒー類は利尿作用が高まるのでお手洗いが近くなりますので、ご注意下さい。尚、当団体はイベント中でのアルコールの摂取はお控えにをして頂いております。
詳しくは、熱中症対策をご覧下さい。

6.防寒着
山の天候は変化しやすいので、上着は必需品です。暑ければ上着を脱げば良いですが、逆に寒い場合は困ります。春夏は、フリースで秋と冬はアウター(ジャンパー)があると快適です。

7.雨具 
晴れていても山の天気は変わりやすいので天気予報が晴れでも雨具は携帯するように心がけて下さい。天候は下界が晴れていても、山岳地帯は、風や気圧の関係上、早く崩れ、永く停滞をします。雨具は雨対策だけでなく、風対策にもなるんです。 グレードA,B登山ではゴアテックスの雨具は必須アイテム。(スパッツはあると、雨具の裾の部分が汚れなくてすみます。)

8.救急用具
イベントを提供する事前に、こちらでみなさんの安全に対しては十分に考慮しますが、山ではいつどこでアクシデントに見舞われるか分かりません。いざと言う時のために、風邪薬、バンドエイド、ガーゼ、包帯、シップ、虫除け、テーピングなどは持って来て下さい。

9.ヘッドライト
山行中では、予期せぬ事態、アクシデント、悪天候のために、日没を過ぎることがございます。手持ちの懐中電灯ではなく、ヘッドライトを必ず持って来て下さい。(手持ちのライトは転倒時に骨折をしやすいのです。) 夜間はヘリコプターからの捜索は出来ませんが、ライトの明かりは良く見えます。レスキュー隊員の間でもライトの明かりは音よりも探索位置を把握しやすいよと言われております。日帰りの山歩きでも、下山時の日没1時間半前位から、他の山々が登山道への光をさえぎるので暗くなります。

10.コンパスと地図
道に迷わないための必須アイテム。出発前や休憩時などで小まめにチェックをしましょう。山と高原の地図には歩行時間やトイレなどの明記があります。冒険家の植村直己さんが使っていたコンパスのメーカーはこちらまで。青木が原樹海でも使えます(笑う)。

11.帽子(サングラス)
山は紫外線や直射日光も強いので熱中症になりやすいです。特に夏期には帽子をかぶり、首から後頭部への直射日光を防ぎましょう。

12−1.衣類
基本的に山で身に着ける衣類は、全て化学製品のものが主流となります。下界の生活では綿製はとても快適ですが、山では濡れると乾きにくく体温を奪われます。またその上、風はさらに体温を下げます(風速1mに付き体感温度が1℃下がるのです。)。山の天候は変化しやすいので、上着は必需品です。衣類は綿製のものは、雨で濡れた時や汗をかいた時に中々乾かないので、一般的にハイクや登山では避けることが山のハイカーでは一般的と言われております。オススメなのは化学繊維で出来たものです。体温保持にも役立ちますし、速乾性もあるので快適です。

12−2.レギンス
また最近では山ガールや山ボーイ向けのカジュアルファッションが流行となっております。山ガールであれば、レギンスやスカート、山ボーイでもレギンスやハーフパンツなどが最近目立っております。それらは全て化学繊維で出来ておりますの、保温性や速乾性などに優れております。

最近ですが山ガールや山ボーイファッションにてタイツである「レギンス」流行しつつあります。
スポーツレギンスを履くだけで、足にピッタリ密着し、風を通しにくい為、寒さからも遮ってくれます。スポーツレギンスの特徴は厚手で吸収性に機能できるよう作られたレギンスで、さらに速乾性や抗菌・防臭機能もあり、高性能に作られています。特に女性にオススメな点は、ふくらはぎ、膝周りの筋肉が男性よりも少ないために、下りでの安定感が増します。主な効果は関節痛や疲労軽減、衝撃緩和、関節安定などの役割を保ってくれます。但しメーカーには上記の効果が即していないケースがタダタダございます。オススメはワコール社のCWX(女性用) CWX(男性用)です。

13.4〜6本歯の軽アイゼン(冬季、春季)
冬季にグレードC、Bに参加をされる方は、アイスバーンになっている箇所が複数ございます。山には一年を通して、陽が当たらない箇所があります。下りでは滑るので、万が一に備えて軽アイゼンを携帯するようにして下さい。

14.救急セット
山でアクシデントに遭遇をした時に、自己責任としては必要なアイテムです。主なアイテムは、バンドエイド、シップ、三角巾、ガーゼ、包帯、テーピング(伸縮38mm)、風邪薬、下剤、日焼け止め、虫除けスプレー、目薬、冷ロン、ホカロンなどですがその他、各個人で必要と思われるものはお持ち下さい。

15. 登山用スパッツ(ゴアテックス)
晴れていても、登山道は下界とは大きくことなります。日が当たらなく濡れた箇所があるために、年間を通してパンツが泥だらけになる可能性がございます。(ダンス用や股引などとは異なります。)


<あると快適な装備>

日焼け止め
山では下界と比べると高地にあるためにとても紫外線があるので、なるべく日焼け止めを塗ってお肌の保護をしてあげましょう。

ストック
最近ではストックを使う方が増えて来ました。グレードB以上ではほとんど全員の方が持っております。ストックを使うことにより、体力の30%の疲労軽減が出来ると言われております。登りでは、上半身を使うためにバランスが良くなり心肺的な疲労を防いでくれます。また下りでは、間接や筋肉などにかかる負担を和らげてくれます。お勧めなのがダブルストックで、ブラックダイヤモンド社、もしくはレキ社です。

デジタルカメラ (防水性のもオススメです)

高度計

ガイドブック

着替えとタオル

サポーター(膝、腰、足首などにご心配のある方)

*山では全てが自己責任となります。お怪我をされますと、参加者の全て方の方にご迷惑がかかります。楽しく&安全&安心のための環境作りに、今後も取り組み続けるので、皆様のご協力の程、宜しくお願い致します。皆様にとって素晴らしいハイクでありますように。それでは山でお会いしましょう〜。



>>>安全登山学のススメへ


 
 感動の世界へ


  初参加者&初心者の方のご参加にあたって

 
 登山活動の基本方針


  グレードについて


 プロフィール


 よくある質問Q&A

 
<<HOME>>

 
"Impressive......from Yokohama " is a group sharing all with long-lasting impression in life.
Looking for a vast open, and infinite future, with endless dreams and hopes stretching into a fantastic world........Thank you. 
 
Copyright (C) Impressive All Rights Reserved