農業散歩道

トップページへ

 

 

自 己 紹 介

農業がしたい-奮戦記

お友達のホームページ

ヤマイモつくり

  現在の主な品種はナガイモと短形ジネンジョです。畦間は2.0m。重要ポイントは排水対策を十分にすることです。地域によっては環境が異なるので、栽培時期は工夫してください。 

    08・09年度参照   10年度参照                             (2011.03.02編集)

四季の畑の散歩道 

冬の散歩道

春の散歩道

 夏の散歩道

 秋の散歩道

いろいろ散歩道

樹木の散歩道

福岡県名所の散歩道

 イベントの散歩道

 

全畑共通ページ

土つくり

 畑共通なんでも

 野菜つくりページ

サツマイモつくり

ジャガイモつくり

サトイモつくり

ヤマイモつくり

 無摘芯トマトつくり

 自給野菜寸見

加工食品つくりページ

加工食品つくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 堆肥散布、耕運・・・11月〜2月

 

  土づくりは全畑共通の土つくりをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 畦つくり・・・3月上旬〜3月末

 

 ヤマイモの定植は桜の花が開花する時期が目安。

 私の場合は、4月上旬前後なので3月中には土づくりと畦立てを終わるよう準備しておくことになる。

 

 ヤマイモの畦は可能な限り高畦にしたい。畦間は1.8m。2畦の幅は4m。畦間では、幅1mの防草シートの重なりが20僂らいになるようにしている。

 

 ヤマイモは土の圧力に反発して太るので、少し早目に山を作り、自然の雨で土を多少締めておくことにしている。

 

 

   

 

 

 

 芽出し・・・3月中旬

 

 サツマイモと同じように発砲スチロールの箱で保存しておいたヤマイモの種イモをミカンコンテナに移し、軽く土をかぶせてハウスに保管。3月末の定植頃までには、多少芽が出てくる。

 この時点で完全に腐っていたものは廃棄するが、既に芽がふくらんでいるものもある。

 

 

 

 

 

写真は短形ジネンジョ

 

 種芋の準備・・・3月下旬〜4月上旬(定植時)

 

 コンテナから種芋を取りだし、芽がでているものを選別する。芽がでていないものは、植えても出芽しないことが多い。大半は保管中に首が枯れるか腐っているようだ。

 

 その意味でも、種芋は多少多めに保存しておく方がいいことになる。

    

 

     

 

 

 

 定植用の溝を掘る

 

 覆い土を5僂曚匹靴燭い里如⊃爾毅掘腺隠悪儖未旅造魴,襦この作業は三角ホーが便利だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は短形ジネンジョ 

 

 

 定植

 

 種芋を平行にして約20僉腺横記僂きに置く。

 種芋は最後には腐ってしまうので、長目の種芋の尻が次の種芋と触れ合っても気にしないことにしている。

 

 ヤマイモの栄養吸収根は畦表面に這うので、元肥はやらない。私の場合は、前作の残肥料分と堆肥の栄養素だけで毎年十分に育っている。

 

 栄養不足の土ならば、前もって全面に補ったがいい。

 

 なお、首を切った種芋の本数は必ず減ってくるので、保存していたムカゴを5儡岾屬韮押ィmほど植えて、次年度用に補うことにしている。

 

 病気が出始めたら、新たに種芋を購入する予定だが、まだこれといった病気はなく、種芋不足時に若干補っている程度。

 

 

 

 

 

 覆い土

 

 覆い土を5儖漫I縮未呂世い燭いまぼこ型になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支柱、ネット、防草シートを敷設

 

 ●縦支柱:32弌潴鵤押ィ牽蹐療乾僖ぅ廖L鵤押ィ毅躊岾屬烹牽悪儖迷任噌む。打ち込み器は畑共通なんでもを参照。

 ●横支柱:19弌滷機ィ毅蹐鬘鰻佑望絏雫Δ烹核槝結。端が雄雌タイプなので、連結は差し込むだけ。

 ●縦横支柱の結束:32弌滷隠広个離魯Ε考兔住金具を使用。

 ●ネット:キュウリネット1.8m×20m用。上下を横支柱に通す。

 ●防草シート:1m×50m巻きを長さ15mで分割。シートの固定には15冂垢U字針金と黒丸君を使用。

 

 支柱は定植の前後で都合のいい時に施設。他は定植後でないと邪魔になる。せめて草が生える前までには終了したい

 

 私の支柱は、台風が来ることを前提にしている。その心配がないならば、もっと簡単でもいいのではないだろうか。以前は竹支柱の合掌作りなども使用した事がある。

 

 

 

 

 定植完了

 

 ここまで頑丈な支柱にしたのは、過去に台風が襲来して、ヤマイモの生え際のツルがすべて切れて、肝心なイモ肥大時期を迎えられなかった経験から。

 

 上の方は大揺れしても風に逆らわずに大丈夫だが、生え際の揺れが大きいとツルがイモから引きちぎれてしまう。この意味では、生え際の上15僂鵬支柱(19佚乾僖ぅ廖砲鬚靴燭海箸大きい。また、ネットはできるだけピンと張っておいたがいい。

     

 

 

短形ジネンジョ

 

 発芽始め・・・4月中旬以降

 

 発芽始めの時期はその年の天候や畑の場所の環境差で異なるようだが、1週間位のずれが多く、最終的なイモの肥大には別の要素(気温、光、乾燥等)の方が大きそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

短形ジネンジョ

 

 発芽揃い・・・4月末〜5月上旬

 

 芽出しで大きい芽だったものが、発芽も旺盛。やはり種芋がおおきくて芽も大きい方が、ツルも太くて勢いがある。

 

 勢いがある方は、まずツルがどこまでも伸び、葉の展開は遅い。

 勢いがない方は、葉の展開が早く、ツルの伸びも遅い。

 

 この違いは、正常に生育時、そのままイモの肥大に比例していそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

   葉が展開・・・5月中旬

 

 黄緑の色が多くなり、全体が爽やかになりつつある。

 

 勢いのあるツルはネットをはみ出し始める。

 

 

 

 

 緑のカーテン・・・6月中旬

 

 この時期には緑のカーテンが充実してくる。

 毎年のことだが、黄緑の美しさを感じる頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むかごが着く・・・7月上旬

 

 毎年ほぼ同じ時期に登場する。これからのムカゴ肥大は早い。ちなみにムカゴは脇芽が変形したもので、実ではないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 繁茂期・・・7月下旬

 

 葉の色が濃色になり、また全体の厚みが増している。やがて、むかごとりを探る時期。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカゴ取り・・・8月一杯

 

 梅雨明けから、むかごとりを開始。かなり大量なので、毎日すこしずつ採取。

 枝葉が枯れてから取ってもいいが、イモの肥大のためには早目に取った方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   たたき落としたムカゴ           収集したムカゴ

 

 ムカゴ落とし・・・8月末

 

 ネットから採取しても間にあわないときは、ついにはムカゴをたたき落とすことに。

 防草シートをくまなく敷くのは、このときムカゴ受けとして役に立つ目的もある。

 

 ムカゴはだいたい20圓曚票集することが多い。これだけ分の栄養がイモにいけば・・・!?。

 

 

 

 枯れ始め・・・9月上旬〜中旬

 

 少しづつ葉が枯れてくる。ムカゴはすべての収集が済み、あと一か月で掘りとりが可能となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 掘りとり準備・・・9月末

 

 ほとんど枯れ始めてくるので、試し掘りの準備。まず防草シートを撤去したところ。もう草はすぐには生えてこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試し掘り・・・9月末〜10月

 

 二本を掘り終わったところ。手前に掘ったヤマイモがある。

  

 

 

 

 

  左一本がナガイモで、下部が黒く腐れてなくなっている。右のグロテスクな形の数個が短形ジネンジョで、一本から芽が複数個出ていたようだ。短形ジネンジョの畦を掘ったつもりなのに、ナガイモが混じっていたようだ。ときどき誤って植えてしまう。

 短形ジネンジョの方は肌がきれいで、じつにうまそうだが、形がそろわないのは毎年のこと。ナガイモは、腐ったところをカットすれば、もちろんおいしくいただける。

 21

 

 

 全部枯れる・・・10月中旬

 

 すっかり枯れ色になってしまう。もういつ収穫してもいいが、ヤマイモはあわてて掘る必要はない(3月まで土の中で大丈夫)ので、サツマイモの収穫が一とうり終わってからになる。

 

 

 

 22

 

 

 本格掘りとり開始・・・10月末〜2月末

 

 ヤマイモ掘りを本格的に開始。

 短形ジネンジョは長さが短いので掘り作業はそう困難ではない。

 写真は畦の肩をくずしたところ。一端こうしておかないと、いきなりでは一本にかかる時間が大変になってしまう(体ももたない)。

 

 

 

 

 

 23

 

 

 

 

 

 ナガイモの掘りとり

 

 写真は波板栽培したときのナガイモ。左はすでに収穫したナガイモで、一本に3個のイモがついている。

 ナガイモはかなり地中深くまでイモが伸びているので、大変な作業。 でも、それが楽しい面もある。

 

 

 波板栽培は09年度が詳しいです。(08・09年度参照

 

 

 

 

 

 

 

 収穫したナガイモ。可食部分が50儖未一番多い。

 

 尻腐れが時々あり、これは排水不良によるもの。

 

 胴体の一ヶ所に丸い輪の溝があるものがあるが、これは乾湿の差が大きいときに発生。

 

 排水にずいぶん気を使っているが、毎年気を緩めるわけにはいかないようだ。

 

 

 

 24

 

 

 

 収穫した短形ジネンジョ

 

 長さはないが幅が太っているので、持つとずっしりした感じの重量感がある。

 こちらは短いので、さすがに尻が腐っているものはないし、掘る作業もかなり楽。それがこの品種を選んでいる一番の理由だ。

 また、格別おいしいのもうれしい。高級なジネンジョには負けるかもしれないが・・・?。

  

 

 25

 

  

 

 ナガイモの種イモを保管・・・11月

 

 赤いネットにはムカゴを保管している。冬を越してどれだけ芽がでてくるかはわからないので、ムカゴは予備用になる。また、病気がでてきたときも、病気が入りにくいムカゴは貴重だ。

 

 発砲スチロールはストアから無料で譲り受けたもの。頼めばたいがいいただける。ふたは当然閉めて保管するが、本体上部の2箇所に換気穴を設けている。

 厳冬期には箱ごと室内の廊下などに移し、デジタル温度計で箱内外の温度をチェックしている。

 

 

 

 

 

 短形ジネンジョの種イモを保管

 

 同じく赤いネットにはムカゴを保管。