目次に戻る

準体助詞(の、ん、のん、たん)



用言(形容詞、形容動詞、動詞、助動詞など)を体言化するための助詞を準体助詞と言います。
共通語では、「の」があります。

「ん」は、「の」が転訛したものと考えられます。

「のん」は、「のもの」という意味が加わります。

用言を名詞化する例:用言の連体形に接続します。
行くのは[●●・○・○]、いやや[●●・○]
行くの[●●・○]、いやや[●●・○]
行くん[●●・○]、いやや[●●・○]
行くのん[●●・○○]、いやや[●●・○]

おいしそうなのを[○○○・●○○・○・○]、いただくわ[●●●●・○]
おいしそうなんを[○○○・●○○・○・○]、いただくわ[●●●●・○]
おいしそうなのんを[○○○・●○○・○○・○]、いただくわ[●●●●・○]

体言につけて「のもの」を表す例
それ[●●]、わたしのんや[○○○・●○・○]

「たん」は、「た」+「ん」で、完了の助動詞に準体助詞「ん」がついたものです。

用言の連用形に接続します。
行ったん[●●・○○]、だれや[●●・○]
おいしそうやったんが[○○○・●○○○・●○・○]、これや[●●・○]