Vincent van Gogh
                     
肖像画(portrait)

医師ガッシェの肖像 1890年 オーヴェール時代
医師ガッシェの肖像 1890年 オーヴェール時代

アルルの女 (ジヌー夫人) 1890年 アルル時代
アルルの女 (ジヌー夫人) 1890年 アルル時代

ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女 1889年 アルル時代
ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女 1889年 アルル時代

タンギー爺さん 1887年 パリ時代
タンギー爺さん 1887年 パリ時代

郵便配達人ジョゼフ・ルーラン 1888年 アルル時代
郵便配達人ジョゼフ・ルーラン 1888年 アルル時代

 パシアンス・エスカリエの肖像1888 アルル時代
 パシアンス・エスカリエの肖像1888 アルル時代

  ウジェーヌ・ボックの肖像 1888年 アルル時代
ウジェーヌ・ボックの肖像 1888年 アルル時代

 

 

 

ゴッホの言葉

 

自分の中に炎を持ち、魂を抱えているのに、どうして、閉じ込めておくことが出来ようか 

 

人間は毅然として、現実の運命に耐えていくべきだ。そこに一切の真理がひそんでいる 

 

確信を持て、いや、確信が有るように振る舞え。そうすれば次第に本物の確信が生まれて来

 

何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう
Your life would be very empty if you had nothing to regret

 

人間には教会に無いものがある。それを絵に描きたいのだ

 

一番美しい絵は寝床のなかでパイプをくゆらしながら夢見て、決して実現しない画だ

 

美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ

 

「絵になる風景」を探すな。よく見ると、どんな自然でも美しい

 

ぼくは美しい自然に会うと有頂天になる。自分が誰だかわからなくなり、絵は夢のなかのようにぼくに向かってくる

 

すばらしい絵画を制作するのは、ダイヤモンドや真珠を見つけ出すのと同じぐらい難しい。困難な辛苦を覚悟し、命をも賭けなければ成し遂げられないことだ

 

絵を描くのは、人生に耐えるための手段だ。泣かないでくれ。ぼくがしてきたことは、ぼくたちにとっていちばんいいことなんだ。どうしようもないんだ、ぼくはこの憂鬱から絶対に逃れられない  

 

困窮と逆境、あるいは周囲の圧迫におちいると、囚人となるのだ。何がその牢獄から人を解放するかを知っているか。それは、深い本当の愛なのだ。 愛の花咲くところには、生命がよみがえってくる

 

たとえこの人生が負け戦であろうと、いずれにせよぼくは「良い戦い」をしたい 

 

残念だが、ぼくの作品が売れないのはどうしようもないことだ。いつの日か、人々がぼくの作品についている値段以上の価値があることがわかるだろう

 ぼくの人生はそれほど長くないだろう。だからぼくは一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をするつもりだ。ここ数年のうちに何がしかの仕事をやりとげてみせる

 

いろいろとたくさんのことを書きたいという気持ちもしているのだが、望みは去っていて、書いても仕方のない気がする。ぼくたちはぼくたちの絵に語らせる以外に何もできないんだ
  
 

何にもなりはしない。
ぼくが生きていれば、悲しみはいつまでも続くだろう。
ぼくはこんな風に死んでゆきたいと思ってだんだ 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルルの女 (ジヌー夫人)(1890)

アルルの女 (ジヌー夫人)(1890)

ポール・ゴーギャン (Paul Gauguin) アルルの夜のカフェにて(ジヌー夫人)(Au Cafe a Arles (Mme Ginoux)) 1889年

 

 

ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女(1889)

 

ゴッホ紀行へリンク

 

世界中のゴッホファンの巡礼地、

オヴェール・シュール・オワーズへ

 

ゴッホの見た風景を探しに

アルルからサン・レミ・ド・プロヴァンスへ

 

印象派の光と浮世絵の色彩を求めゴッホが移り住んだ

アルルへ

 

ゴッホの理解者であり主治医だったガシェ医師の家へ

 

ゴッホが住んだ村・オーヴェール散策

 

サン・レミ・ド・プロヴァンスのゴッホの散歩道

 

修道院の病院にあるゴッホの部屋

 

ゴッホのオーヴェール散策 I Auvers-sur-Oise

 

ゴッホのオーヴェール散策Ⅱ Auvers-sur-Oise

 

  

  ゴッホの生涯にリンク

 

ゴッホ美術館 ~家族への贈りもの~ ①

 

ゴッホ美術館 ~家族への贈りもの~ ②

 

ゴッホ美術館 ~家族への贈りもの~ ③

 

 

 

 

 

 

 

タンギー爺さん(1887)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郵便配達人ジョゼフ・ルーラン(1888)

 

  

 

 

 

  

 

1