2006黄金週間ツーリング 1日目


-----  2006年4月29日(土)  -----


所沢IC⇒月夜野IC⇒宝川温泉⇒三国峠⇒湯沢温泉
 今年のゴールデンウイークは4月29日(土)から5月7日(日)までですが、5月1日(月)と2日(火)は出勤になってしまい
ました。5月1日はメーデーで休みのはずなのに…1日と2日は平日料金で泊まれる宿もありましたが、みんなの予定が
合わないので4月29〜30日で行くことにしました。
 目的地は1月8日に入った露天風呂・西の横綱の岡山県・湯原温泉に対抗する、まだ未体験の露天風呂・東の横綱
群馬県・宝川温泉です。露天風呂・東の横綱は我々の期待に応えてくれるのでしょうか?

   
7時45分にいつものマクドナルドに、いつものメンバー石井さんと田中さんが集合!店内で100円のブレンドコーヒー←缶コーヒーより安いゾ!を飲んで8時6分に関越自動車道の所沢ICへ向けて出発しました。いつもなら下道で鶴ヶ島くらいまで行くところですが渋滞で時間をロスしないために高速を使うことにしました。今回ブーツをやっと新調しました。 関越を走っているとFJ1200のマフラーから2サイクルマシンのような白煙が出ます。しかしエンジンの調子は良かったので飛ばしました。この白煙を見て石井さんは「終わったな…」と思ったそうです。でも20kmも走ると白煙は消えました。キャブがオーバーフローした時のガスがマフラーの中に大量に残っていたようです。上里SAで休みましたがバイクを後退させる時に『ふくらはぎ』がつってしましました。←運動不足か?
10時半に月夜野ICに着きました。ここでは渋川伊香保から通行券を取らずにゲートを通過して来たおじさんライダーがいました。ETCの普及や自動発券システムで勘違いをされたそうです。その人は月夜野IC近くの山で行なわれているパラグライダーを見に来たそうです。 11時13分に道の駅・水紀行館に着きました。ここには淡水魚では日本初のトンネル型水槽があるということで、300円払って入りました。シンガポールのセントーサ島にあるアンダーシーワールドのようなスケールを想像していましたが全長5mくらいでした…
それでもジオラマ化された水槽は規模は小さいものの水と魚は素晴らしいものでした。…
 宇宙開発事業団:向井千秋さんが宇宙へ連れて行ったメダカも展示されていました。
特別展示として『チョウザメ』と『イトウ』が水槽の中にいて初めて見ました。まるで『釣りキチ三平』の世界です。この道の駅では宝川温泉の300円割引パンフレットをゲットしました。
12時8分に宝川温泉に着きました。立派な門構えです。有名な温泉の割にはゴールデンウィークなのにガラガラでした。
受付で宝川温泉が【混浴】なのを初めて知りました。
お風呂までは骨董品が並んでいる路地と小熊の入っている檻の前を通って行きました。
宝川温泉のシンボルである『摩訶の湯』へ行きましたが脱衣所には『混浴ですから前を隠してください。』と書いてありました。こんな決まりのある温泉なんて見たことも聞いたこともないゾ!でも、みんなタオルを着用しているので私も使いました。お風呂はぬるくて温水プールのようでした。
石井さんは先に出てしまいました田中さんとは話しをしながら気が付くと1時間22分も入浴していました。岡山県の湯原温泉に書いてあった露天風呂・東の横綱は入浴料は高いし!ハズレでした。昼食は食堂で『ざるそば』450円を食べました。座敷だったので昼寝をして出発したのは2時半過ぎでした。 来た道を引き返して、まだ時間に余裕があるので『TEPCO電源PR館・奥利根』に行きました。下のダムから夜間の余った電力を利用して上のダムに水を汲み上げて、翌日また発電をするなど水力発電もハイテク化されていました。水上駅の近くからは県道を通って3時51分に赤谷湖の所に出ました。
そこからは三国峠の登りですが自転車で登っている人達がいました。コーナーで一緒になってしまうと『インに着けることが出来ず』苦しいライン取りになりました。4時過ぎに三国トンネルの入口まで来ました。自転車と言っても、ちょっと休んでいると追い着かれてしまいます。恐るべし… 下りはあっという間に苗場スキー場に来ました。出光のGSで給油して、今日の天気について聞いてみると昨日は寒くてミゾレが降ったそうです。逆に今日は苗場としては、とても暖かいと言っていました。苗場の街もバブルが弾けてから錆びれる一方です。
17号線の八木沢付近の路肩には雪がたくさん残っていました。ハイスピード・コースで走っていても爽快です!スキーに行く時に車で何度も走った道ですがバイクでの走行はおそらく初めてです。 湯沢の街まで降りて来ましたが、まだ5時前なので湯沢駅東口の高橋屋で日本酒のきき酒させてもらいました。本当は酒蔵見学をしたかったのですがGWで休みでした。石井さんは『久保田』を、私は地ビールを買いました。
5時半にネットで探して予約した『KKR湯沢・ゆきぐに』に着きました。料金は【春の湯沢を満喫・激安満腹プラン(12畳和室)】で一泊二食 9,000円です!春のスキー場近くの宿は穴場です。 満腹コースは馬刺し・釜飯に海鮮鍋まで付いていました。部屋に帰って酒盛りをしたら眠くなって一旦は寝ましたが目が覚めてBSで『タイタニック』を見ました。キャンプは宿泊費が安く済みますが、この季節はやっぱり宿が楽です。

 高速道路を使うのは楽だけど所沢⇒湯沢2,700円はやっぱり高い!です。
 バイク用のETCが出来ると『通勤割引』の半額が使えるんだけども9時までに高速に乗らないといけないので、
もっと早く集合
しなければなりません。

 今日行った露天風呂『東の横綱?』は何なんでしょう?『ここが良い!』と雑誌に書いている人にはどこが良い
のか教えて欲しい
です。私の目的は『お湯と景色を楽しむこと』だったので、全く期待外れでした。

 だんだん走ることよりも温泉に入ることが目的になって来ています…
 でも三国峠を越える17号線は走っていて楽しいコースでした。今まで持っていた湯沢は冬に行く所 という考えを
捨てなければならないと思いました。

トップページに戻る 次のページへ
サーティナインのいまさん