治療についての質問

                     日頃患者さんによく聞かれる事について、お答えします。                                                       

 (1)治療の期間はどのくらいかかるのか?         

( 答え)  基本的 に、病気が発病期間が目安になります。 来院日の3日前発病なら3日間、1週間前なら1週間掛かります。   これが漢方の基本です。その他、体質・病状等が期間の要因となります。

(2)治療の回数はどのくらいがいいのか?

(答え) 急性の場合と、慢性の場合に分けて考えます。急性の場合は、症状が激しいので、毎日・隔日・3日に1度などのパターンとなります。慢性の場合は、症状は緩やかなので、各週1回  月2 回などのパターンとなります。

(3)治療の効果はいつ頃出るかまた長期の効果は?

(答え) 急性の場合、軽度であれば当日・翌日に痛みの症状は軽減します。重度であれば4日間位で症状は 取れます。        慢性の場合は、除々に軽減します。(特殊鍼は即効性があります)    灸は、症状を取るのには、早い効果が期待できます。  鍼灸は長く治療をしていると、免疫・血液にも特殊な効果が期待できます。 尚、治療回数は10回位を効果の判定の目安にして下さい。

(4)鍼による感染と灸痕の心配は?

(答え) 鍼は使い捨て鍼を使用している為、感染の心配はありません。灸痕については、温灸を使用する為、痕は残りません。直接灸は多少痕は残りますが、2〜3年後には、完全に消失します。

(5)鍼・灸の後のお風呂については?

(答え) 治療効果の発現の為に、長い風呂は中止して下さい。 シャワーか、風呂でザッと入る位にして下さい。

(6)治療内容・円皮鍼・シップについては?

(答え) 鍼・灸・指圧・低周波・吸い玉などを体質に合わせて使用します。円皮鍼は2〜3日付けて置いて結構です。     皮膚の中に入る事もありませんし、穴位にピッタリ当たると、非常によい効果が現れます。                     シップは、リュウマチで有名な「陀羅尼膏」をベースにしています。黄柏が入っており消炎作用が強いです。             6時間位を目安にして下さい。

(7)治療後の怠さ・疲れなどについては?

(答え) 「めんげん」と言われる作用で、自然治癒能力の回復時に、現われるものです。従って体には悪い事ではありません。  人によって、強弱がありますが、翌日には、この様な症状は消えますので、安心して下さい。

(8)鍼灸は費用が高いと聞きますが?

(答え) 1.2回の治療なら通常価格でも結構だと思いますが、回数の掛かる方や家族の方が治療を希望している場合は、家族会員制度を作りましたので、1回の費用が通常価格の半額で受けられます。

(9)交通事故の治療は出来ますか?

(答え) 鍼灸・マッサージ師は厚生省による資格を与えられています。自賠責保険を使用して治療が出来ます。保険会社の同意が得られれば、本人の負担は無く、継続的な治療が受けられます。

(10)完治後のケアーは?

(答え) 再発予防・健康維持のため、定期的に来院されることをお勧め致します。

 

 

 

 

                                                                                                                                  HOMEへ