腸閉塞の症状や治療、原因と手術

腸閉塞の症状や治療、原因と手術 >

腸閉塞の症状

腸閉塞の症状で最初にやってくるのが、突発的に腹痛が襲ってきます。これは、さすような痛みで、疝痛(せんつう)といいます。
また、お腹が張ってきたり、おう吐や排便・排ガスの停止が起こります。
腸閉塞の種類によっては、頻脈(ひんみゃく)、発熱、脱水、尿量の減少なども見られます。
腸閉塞は、死亡にも至る場合がありますので、これの症状が出たら、ただちに病院で診断してもらいましょう。

腸閉塞の治療

腸閉塞になると、まず、絶飲食が大前提です。
治療には、二種類の方法があります。
鼻からイレウス管(吸引チューブ)を入れる方法と開腹手術です。
原因の項で述べますが、腸管の癒着が原因や緊急でない場合は、イレウス管を挿入して経過観察します。これで快方となる場合もありますが、そうでない場合は、開腹手術となります。イレウス管で治るかどうかの目安は約二週間の経過観察の後に判断します。
イレウス管を入れる目的は、小腸の中にたまった腸液や食べ物を吸引し、小腸の腫れが引き、腸閉塞が治る場合があります。
イレウス管を入れている間は、絶飲食となり、点滴で過ごすこととなります。
腸閉塞の中でも緊急度の高い場合は、即時、開腹手術となります。緊急度が高いというのは、腸管への血流が途絶えた場合の事を指します。

腸閉塞の原因

腸閉塞の原因には、大きく分けて二つあります。
一つは開腹手術をした、一つは開腹手術をしていなくて大腸がん、ヘルニア、胆嚢炎、ひどい胃潰瘍、小児の腸重積。
開腹手術には、胃の手術、虫垂炎(俗に言う盲腸)、胆石の手術、大腸の手術などがあります。
開腹手術の時に、お医者さんが腸管を触ったりして傷が付きます。そこや、もちろん手術部位が修復しようとして別の場所の腸管とたまたまくっついた状態で治っていくと癒着という状態になります。大腸の癒着とは、腸管と腸管がくっついた状態です。大腸の癒着だけなら問題ないのですが、そこか更に癒着が進行するといいますか、腸管内に物の移動が出来ないほどひどくなると腸閉塞となります。

腸閉塞の手術

腸閉塞の手術は、下腹部の開腹手術となります。
すでに開腹手術を受けている場合は、その部分を外しての腸閉塞の手術となります。
何度も腸閉塞の手術を受けていると開腹する場所がなくなるので、注意が必要です。

腸閉塞の予防

腸閉塞の予防は、開腹手術をした人だけですが。
開腹手術をした患者さんは、腸閉塞になりやすいということを肝に銘じなければなりません。
これは、お医者さんに言っていただきたいのですが、腸閉塞を患った経験者としてはお医者さんからのそのような事は一切聞きませんでしたね。
腸閉塞の予防ですが、暴飲暴食避ける。お腹が張ってくる・ガスが出にくくなるなどの症状が現れたら、食事を少なめに取ったり、それでも治らなければ病院で診てもらいましょう。

腸閉塞の食事

腸閉塞が治るまでは、絶飲食です。
イレウス管を入れている間は、点滴で対応します。手術後数日は、点滴です。腸閉塞の食事が始まるのは、点滴が終わってからとなり、、流動食から始まり、三分がゆ、五分がゆ、七分がゆ、白飯となります。

腸閉塞の入院期間

腸閉塞の入院期間を決めるのは、イレウス管で治るか、手術を必要とするかで違ってきます。
イレウス管は、約二週間ほどの経過観察が必要で、それで治らなければ手術となります。
腸閉塞の手術自体は、大した手術ではありませんが、あまりにも癒着が進んでいたり、大腸がんなど他の手術を必要とする場合は、入院期間が長引きます。
腸閉塞だけで手術した場合の入院期間は、約二週間です

腸閉塞の入院中にて

治療の最初の段階としてイレウス管を入れます。詳細は治療の項目を見ていただくとして・・・。
イレウス管で腸の内容物を体外へ排出するわけですが、イレウス管の先に小さな器械が付いています。
この器械がやっかいでして、トイレに行く際にはこれも一緒に持参しないといけません。個室でトイレが付いていればいいのですが、大部屋だとトイレが多いので大変です。
更に、腸閉塞になると食事をとることができません。なので点滴により栄養をとることとなるわけですが、その点滴装置も一緒にトイレへとなるわけです。
これらを持っての移動は非常に大変でした。
この移動以外に困ったことは、食事が取れない事ぐらいで何ら問題はなく、ある意味、普通の生活を送れます。ベッドの上だけですが・・・。

腸閉塞の経験者が語る経験談

朝早くの仕事に行って、仕事先で作業をしていた時の事。
突然の腹痛に襲われた。今まで腹痛は何度も味わっていたが、かってないほどの腹痛、いわゆる疝痛(せんつう)だった。
今までの腹痛だったら、時間の経過とともに治ったので今回もと思いながら作業を続け別の作業場へ、それでも腹痛は治らなかった。たまたま別の作業場に病院があったので、腹痛にたまりかねて診察を受けることにした。
診察は、「CT」を取ったりしたが、原因は分からず。ただの食べ過ぎによる腹痛?ということだった。
作業を終え会社に戻ったが、腹痛は治らず、上司に言って退社させてもらうことにした。その時には、すでに自家用車を運転するパワーもなく、会社の人に送ってもらいました。
今考えると、腹痛はある程度の規則正しい痛みだったように思う。腸の蠕動運動に連動していたように思います。
家に戻っても腹痛が治ることはなく、近くのかかりつけの医院に行きました。その先でおう吐してしまったのです。
そのおう吐をみたかかりつけのお医者さんは、「これは腹膜炎ちゃうか???」といい、近くの大きな胃腸病院へ電話を入れ、救急車を呼び、そこへと運ばれて行きました。
腹部エコー検査(腹部超音波検査)一発で腸閉塞と判明し、とりあえずの治療としてイレウス管を入れることとなりました。
ただ、このイレウス管。きつかったですね〜〜〜僕の場合は鼻から入れたのですが、まぁ〜〜〜入りません。おまけに40度近い熱が出るし・・・大変でした。
イレウス管を入れて二週間が経ちましたが、一向に治る気配がなく、いよいよ手術となりました。
手術となったわけですが、別の病院へ移ることとなりました。
といいますのも・・・さかのぼること半年前
仕事中、突然の腹痛に襲われました。今までにない腹痛で立っているのもギリギリです。これはヤバイと思い、土曜日だったため救急へ行きました。
いくつか検査を受けましたが、何もなく、終いにはお医者さんから「本当に痛いの?」といわれる始末。マジで痛いんですけど〜〜〜でも、医者にそう言われたら自分でも自信がなくなってきまして、点滴だけ受けて家に帰宅。
もちろん、腹痛は治らず、土曜日日曜日と苦痛の日々を送り、月曜日の朝に救急で行った病院へ行き、即入院となりました。
入院となったわけですが、全く原因が分からず、たぶん「虫垂炎(盲腸)」という程度。
とりあえず、開腹手術してみますか?ということで手術となりました。
開腹手術をしてみると、僕の盲腸は完全に破裂してまして、お腹の中に飛び散っていたようです。
更に最悪な事に手術の際に血管を切ったようで、手術の翌々日に再度手術となりました。
そのせいか?救急での診断ミスか?腹膜炎をおこしまして、治りが遅かったです。結局、二か月あまり入院しました。
上記の盲腸(虫垂炎)についての詳しい経過は「盲腸(虫垂炎)の原因や症状、治療や手術」 ・・・・腸閉塞の半年前にこのようなことがあったのです。
この手術をした病院へと転院となったわけです。
転院した病院でも、とりあえず様子見ということでイレウス管を入れたまま経過観察しましたが、治る気配はなく、手術となりました。
手術は全身麻酔ですので、背骨注射となりますが、あれは痛かったですね〜〜〜もちろん手術の記憶はなく、起きたら集中治療室でした。
手術後数日は、痛みを和らげるために背中から痛み止めを入れていたので、疲れましたね。
手術後数日がたち、イレウス管を外した時の爽快感と言ったら言葉に表すことが出来ないぐらいです。それと同時にご飯が始まりました。最初は、完全な流動食です。めちゃくちゃく旨かったです。あの時は、本当に泣きそうになりましたね。約三週間ほど点滴生活が続いてたので、その時の感動といったら・・・。
手術をしてから約三週間ほどの入院期間で退院することが出来ました。
腸閉塞の原因は、もちろん開腹手術による腸管の癒着です。ただ、腸閉塞になる前にプロテインを飲んでいたことによる、腸管の閉鎖も原因の一端ではないかと考えています。体重を増やそうとちょっと多めのプロテインを飲んだのもダメだった気がします。
腸閉塞になる前に、お腹が張ったりの症状がありましたが、これはプロテインの取り過ぎが原因だと思ってまして、腸閉塞の前兆などとは考えてませんでした。
今回の腸閉塞による入院期間は、イレウス管を入れた期間が三週間、手術後三週間の合計六週間です。
虫垂炎と腸閉塞の手術により下腹部はめちゃくちゃです。

腸閉塞と虫垂炎の手術跡の写真

腸閉塞の雑学

大腸カメラ検査 腸閉塞を患ってから、もちろん完治してからのある日、大腸カメラ検査を受けることになりました。そして、先生から衝撃の一言が、「○○君、以前に腸閉塞になってるよね。もしかしたら、検査痛いかもよ。普通の人は痛くないんやけどね」
大腸カメラ検査は、体内に機器を入れるわけですが、胃カメラ検査とは違い、ほぼ無痛のはず。それが痛い?どういう事?
分からないまま、検査当日。
検査台に乗せられ、シーツを下半身に掛けられ、いざ、検査開始。入る瞬間の不快感はありましたが、まったくの無痛。検査は続きます。
そして、「ココから痛いかもよ」と言うと同時に激痛が、衝撃の激痛が体内を駆け巡りました。思わず「イタ〜〜〜」っと言ってしまった。マジで痛い。いや、本気です。
事の顛末は、「感染性胃腸炎」の経験談に書いています。お時間があれば、後々の参考までに。

にがりダイエットは危険

一時期に流行りました。にがりダイエット。飲むだけで痩せることが出来る。素晴らしい。
にがりとは、豆腐を固める時に入れる液体の事。
海水から塩を作る時に、釜で煮詰める作業の工程でできる不純物の事。ねばねばとした感触があります。にがり自体には、豊富なミネラルを含んでいて栄養満点です。
ただ、あくまでも不純物。栄養が豊富だからと言え、濃すぎる栄養はよくないようです。
特に問題なのがマグネシウム。にがり水を飲むと痩せることができます。これは、事実。ただ、痩せ方が問題。マグネシウムの下剤の効果によって体重の減少が起こります。さらに副作用として、腹痛やめまい、おう吐、低血圧など。さらに重い症状になると、腸閉塞、筋力低下を起こすようです。
飲んで痩せるなんて魔法のようなものはありません。適度な運動とバランスの良い食事が大事です。

腸閉塞の症状や治療、原因と手術 >

ホタルイカやサバを食べて腸閉塞になる可能性も

リンク集