城跡の地図
仲氏館
別名
所在地 尾鷲市林町字殿元
遺構等
現状 常聲寺東
築城年 戦国時代
築城者 仲新之丞
歴代城主
形式
最終訪城日 2007/1/20
【道案内】


【感想・メモ】
なかしやかた
【歴史】
TOPページへ
JR紀勢本線「尾鷲駅」から南東へ約800m。国道42号「尾鷲高校前」信号を東へ入ります。300m程東進してJRを高架で渡り、更に900m程東進します。すると突き当たるので左折し、1本目の路地を右折します。すぐ右手に「常聲寺」がありますが、このお寺の東側が館跡です。お寺の周辺は道が狭く、駐車場もないため、少し離れた所に車は停めて歩いていくほうが良いと思います。
常聲寺の東側が館跡です。このお寺は鐘楼が櫓っぽいのでちょっと楽しめました。
中世に尾鷲を治めていた土豪仲新之丞が居住した。文禄年間(1592-95)、仲氏は菩提寺として常聲寺を館の西隣に建立した。