城跡の地図
渋谷城
別名 金王丸城
所在地 渋谷区渋谷3-5
遺構等 砦の石
現状 金王八幡宮
築城年 平安末期
築城者 渋谷氏
歴代城主 渋谷
形式 丘城
最終訪城日 2003/7/13
【道案内】


【感想・メモ】
しぶやじょう
【歴史】
TOPページへ
渋谷駅から東(渋谷警察署の前を通る)へ約350m。渋谷駅から412号で東へ350m程行った右手(南)に、「金王八幡宮」があります。この付近一帯が城跡だったようです。
金王八幡宮
境内には、「渋谷城 砦の石」と書かれて、石が置いてありました。何もないと期待せずに行ったので、これだけでも感動モノ。しかも、渋谷の喧騒な街中からほんの少し入っただけなのに、とても都会と思えない、静かで緑もあって、のんびりできる雰囲気。社殿もいい感じだし、、、という事でとっても気に入りました。「金王八幡宮社殿及び門」の説明を読むと、渋谷城などに関する記述も書いてありました。そのすぐお隣の東福寺も城域だったようです。このお寺は、水路があり、情緒があっていい感じ。その上、梵鐘に金王八幡宮の縁起や渋谷の歴史が刻まれているようです。
平安時代末期、秩父平氏の流れを汲んだ渋谷氏が築城し、八幡社を氏神に勧請した。三方が湾曲した渋谷川に囲まれ、交通の要衝でもあった。しかし、大永4年(1524)北条氏綱に攻められ渋谷氏は滅亡し、城も灰燼に帰した。
砦の石