16日目 カンチャ・ナブリ、タイガー・テンプル観光

 7時からホテルのレストランでサンドイッチとジュースの朝食をとる。7時15分までに迎えに来るはずのカンチャ・ナブリ、タイガー・テンプルの日帰りツアーの車が30分待っても来ないので客室に戻って休んでいると10分くらいして電話があり急いでミニバスに乗って8時に出発した。


ミニバス

 2時間ほど走ると第2次世界大戦の連合軍の共同墓地に着いた。広い敷地に連合軍各国の墓が造られていた。ここには6982人葬られているという。

 
連合軍共同墓地(拡大)          墓標(拡大)

 続いてJEATH戦争博物館を訪れた。JEATHのJは日本、Eはイギリス、Aはアメリカとオーストラリア、Tはタイ、,Hはオランダを表している。入口には当時使われていたSLが置かれていた。


SL(拡大)

 館内には日本軍の捕虜になって十分な食べ物を与えられずふんどし1枚で働かされる捕虜や動けなくなって横たわる捕虜、日本軍が使っていた車などが展示されていた。ここには2年前にも来ているが展示物がかなり変わっていた。

 
捕虜(拡大)          捕虜宿泊所(拡大)
  
ジープ          サイドカー           オートバイ(拡大)

 このあと戦場に懸ける橋の舞台になったクウェー川の鉄橋を訪れた。


クウェー川鉄橋(拡大)

 鉄橋は端から端まで渡ることができた。

  
鉄橋(拡大)             鉄橋を越えた地点の線路(拡大)           線路(拡大)

 ここからクウェー川鉄道でサイヨーク・ノイ滝まで移動する予定だったが列車が2時間遅れているというのでバスで移動することになり100バーツの返金があった。サイヨーク・ノイ滝の近くのレストランに行き昼食をとる。レストランの裏側にバナナ畑があったが高さが10mくらいあってびっくりした。

  
レストラン(拡大)            店内(拡大)            バナナ畑(拡大)

 料理はスープと4種類の料理、デザートはパイナップルだった。

  
スープ          各種料理(拡大)          パイナップル

 食後バスで5分ほど走るとサイヨーク・ノイ滝に到着した。乾季なので水量が少なく迫力がなかったが滝の下にプールが造られタイ人が服を着たまま水に入っていた。

 
サイヨーク・ノイ滝(拡大)          プール(拡大)

 サイヨーク・ノイ滝は現在のクウェー川鉄道の終点になっていて観光列車が止まっていた。線路の終点には日本軍が使用したSLが置かれていた。

 
観光列車           SL(拡大)

 このあと20分ほど走ってタイガー・テンプルを訪れた。。タイガーテンプルと言っているが看板にはタイガー・キャニオンと書いてあり寺というより営利を目的とした観光施設であるように思えた。入場料は600バーツと高く柵の中にカメラを持ち込めない。記念写真を撮るにはカメラを係員に渡して別料金を払う必要がある。睡眠薬でも飲まされているのか虎のほとんどは寝ていたが、それでも虎と一緒に記念写真を撮って喜んでいる観光客が多い。1頭の虎だけは起きていて同じ場所をぐるぐる回っていた。

 
記念写真(拡大)          虎(拡大)

 16時5分に出発、途中ガソリンスタンドで給油と休憩をし20時10分カオサン・パレス・インに到着した。

  
ガソリンスタンド             カオサン通り(拡大)          カオサン・パレス・イン入口

 ホテルの近くのレストランで夕食をとる。グリーンサラダとライス、フルーツシェイクで200バーツ(740円)だった。

  
レストラン(拡大)          グリーンカレーとライス(拡大)     ミックスフルーツシェイク

 このあとマッサージ店に行きオイルマッサージを1時間してもらう。代金は300バーツ(1100円)でナコンラーチャシマのマッサージ店の半額だった。


マッサージ店

 明日の出発が早いので荷物を整理してすぐ休んだ。今日の歩数は22,033歩だった。

17日目へ       日程表へ