11日目 ワット・テンパク、シリントン博物館、発掘サイト、プラ・タート・ヤークー見学

 7時からホテルの近くの食堂で朝食をとる。もつスープとご飯で50バーツ(180円)だった。

 
食堂           もつスープ(拡大)

 今日はタクシーを1500バーツ(550円)でチャーターして恐竜博物館と古寺ワット・テンパク、クメール様式の仏塔プラタート・ヤークを見ることにし8時25分に出発した。30分ほど走るとワット・テンパクに到着した。本堂は古い土壁の建物で雨除けのため大きな屋根がつけられていた。


ワット・テンパク本堂(拡大)

 本堂の正面は入口の上にレリーフがあったがそれ以外は白壁だった。

  
本堂正面(拡大)             本堂入口(拡大)             レリーフ(拡大)

 本堂の側面や背面には壁一面に素朴な画が描かれていた。タイの寺院は金ぴかな建物がほとんどでこのような寺院を見たのは初めてである。

  
本堂側面(拡大)             本堂側面(拡大)             本堂背面(拡大)

 9時10分に出発、走っていると道路際でヤシの実を売っていた。25バーツというので1個買ってジュースを飲んだら甘くて大変美味しかった。

  
ヤシの実の露店(拡大)             ヤシの実            ヤシの実ジュース

 30分ほど走ると恐竜公園があり大型から小型まで恐竜の等身大模型がたくさん置いてあった。私は前々から恐竜がいたころは地球の引力が現在よりずっと小さかったのでないかと思っている。もし現在と同じ引力だったら恐竜たちは自身の体重で押しつぶされて海岸に打ち上げられた鯨のように身動きできずに死んでしまうはずである。わかりやすいように人間の10倍の身長の宇宙人が地球に来た場合を考えてみよう。漫画の世界だったら宇宙人は人間の100倍の力を持ち10倍のスピードで動くスーパーマンになるが、実際は自身の体重で押しつぶされて身動きできずに死んでしまうはずである。なぜなら筋力は筋肉の断面積に比例するから身長が10倍になれば筋肉の面積は100倍になり筋力は100倍になるが体重は1000倍になるので動けないのである。これは人間が10gの加速度の中にいるのと同じである。


恐竜公園(拡大)

 さらに5分ほど走るとシリンドホーン博物館に到着した。


シリンドホーン博物館(拡大)

 100バーツの入場料を払って中に入ると恐竜の復元骨格が多数展示してあった。

  
植物食恐竜復元骨格(拡大)         肉食恐竜復元骨格((拡大)         肉食恐竜復元骨格((拡大)
  
肉食恐竜復元骨格((拡大)        植物食恐竜復元骨格((拡大)         小型肉食恐竜復元骨格((拡大)

 恐竜の卵も置いてあった。長さが80pくらいある大きな卵だった。


恐竜の卵(拡大)

 三葉虫の化石も展示してあった。

 
三葉虫化石(拡大)         三葉虫化石(拡大)

 出土したままの恐竜の化石もたくさん展示してあった。


出土化石(拡大)

 このあと5分ほど歩いて恐竜の発掘サイトの展示館を訪れた。


発掘サイト展示館

 館内には恐竜の化石が発掘されたままの状態で展示されていた。

  
恐竜化石(拡大)             恐竜化石(拡大)             恐竜化石(拡大)

 このあと発掘サイトの裏にある丘を登った。初めのうちは広い道だったがだんだん細くなり木の葉に埋もれてわかりづらくなった。それでも歩いていくと丘の端についてその後は広い道になってほっとした。

  
山道(拡大)            山の上からの眺め(拡大)          広い道

 丘の周りを一周すると階段があった。登っていくと鉄の階段があり別のコースを登ってきた中学生たちと一緒になった。

 
石段            鉄の階段

 頂上に寺があり中学生たちは真剣に祈っていた。祭壇の後ろには恐竜の化石を発見した僧の写真が貼ってあった。

  
頂上の寺(拡大)               祭壇と僧の写真(拡大)               仏足石

 麓にも寺があり祭壇の後ろに先ほどと同じ僧の写真が貼られていた。

 
寺(拡大)           祭壇(拡大)

 寺の後ろに展示館があった。


展示館(拡大)

 中に恐竜の足跡や化石、巨大な二枚貝の化石が展示されていた。

  
恐竜足跡(拡大)           恐竜化石(拡大)           巨大二枚貝化石(拡大)

 12時35分に出発、15分ほど走ってセブンイレブンで冷凍食品のカレーうどんを買って食べる。代金は37バーツ(135円)だった。


カレーうどん(拡大)

 食後プラタート・ヤークを訪れた。クメール式の仏塔でそばに崩壊した小仏塔の跡が3つ並んでいた。

 
プラタート・ヤーク(拡大)         崩壊した小仏塔(拡大)

 14時30分ホテルに戻る。2時間横になって休んでから写真をパソコンに取り込んで整理しホテルの近くのレストランでムール貝とご飯を食べた。代金は合わせて170バーツ(630円)だった。

 
レストラン            ムール貝(拡大)

 今日の歩数は15,268歩だったが丘を歩いたり長い階段を登ったのでかなり疲れた。

12日目へ       日程表へ