日本人の源流を探して         
   05.細石刃文化の流入と展開        
        
 
 
  気候変動と人の移動 

 石刃技法・ナイフ形石器文化の出現から細石器文化の流入に至る時代、環境考古学の
安田喜憲 は花粉分析という地味な研究の積み重ねから、気候変動と植生の変化、それに伴う獣たちやハンターたちの移動を鮮やかに描く。
 安田によれば3万3000年前ごろを境に汎世界的に気候の激変があり、気候が寒冷化、乾燥化したという。その結果、海面の低下が起こり、日本海では30000年前から27000年前を境に対馬海流が流入しなくなった。すなわち日本列島が大陸と陸続きに近い状況になった。(当然、樺太や北海道は大陸と陸続きになった。)
 ちょうどそのとき動物相にも大きな変化が現れた。北方の草原に生息していた大型哺乳動物(オーロックス、バイソン、あるいはヘラジカ、馬など)が日本列島に南下してきた。マンモスが北海道まで南下してきていたことが確認されている。
 時を同じくして33000年前ごろ石刃技法が突然出現し、前の章でみたように30000年前には中国北部から日本列島に流入している。どうしたことか、このときは北海道には流入していない。これはおそらく朝鮮半島を通じて石刃技法やナイフ形石器文化が流入し津軽海峡で北海道への伝播を阻まれた為であろうと思われる。(マンモスは逆に北海道まで来たが同じく津軽海峡に阻まれ東北地方には来ていない)
 20000年前〜13000年前、ヴェルム氷期でも最も極寒の時代、ナイフ形石器文化がこの日本列島で栄え、各地に多数の遺跡を残した。

  細石刃文化の流入

 そして安田によれば、12500年前、モンスーン(季節風)が大変動する。その結果急速な温暖化が始まる。福井県の三方湖のそばに鳥浜貝塚という有名な遺跡があるが、そこの花粉分析の結果、12000年前にはすでにブナの花粉が20〜30%という高い比率で出現したという。
 このことは氷河時代の乾燥した気候のもとで草原が発達し、草原に適したナウマン象やオオツノジカなどの大型の哺乳動物が繁栄していた時代が去り、雪が多い湿潤な気候の下、それに適したブナやナラ類の落葉広葉樹林がゲリラのように拡大してきたことを意味する。

 大型の哺乳動物が急激に減ってくる、すなわち当時の人たちにとって食料を確保することが困難になってきた、丁度そのとき日本列島の文化にも大きな画期が訪れた。
加藤晋平が指摘するように、バイカル湖を中心としたところから荒屋型彫器という特徴的な細石刃を持った文化が日本列島にどっと押し寄せてきた。
 いわゆる細石器文化の時代が到来した。細石器はいわば“石器のハイテク”ともいえる物であり、小さなカミソリ状の石刃は大変鋭利で、これを骨や木に溝を彫り細石刃を嵌め込んで槍先として使った。
  (細石刃の作り方と尖頭器として植刃した状態) 
その槍先は使う度に刃が欠けたと思われるが、同じサイズの細石刃を補充して繰り返し使ったと思われる。当時の人々はこの新開発の鋭利な得物でもって、数が減ってきた大型哺乳類を仕留め食料を確保したに違いない。

  細石刃文化の東西分布

 このハイテク石器、クサビ形細石刃石器群(荒屋型彫器を含む)は2〜30000年前にバイカル湖周辺で発生し、中国東北部、朝鮮半島あたりを南限として北方アジア、アラスカまで広がっていた。したがって、安田の言う12500年前とか前章の編年で言えば13000年前に、日本列島へは沿海州、樺太を経由して約10000年遅れで流入してきたことになる。まず北海道に達した後、東北地方全域から新潟県・長野県あたりまで南下し、ナイフ形石器にとってかわった。しかもこの細石刃文化の影響は大変強かったらしく、東北日本ではそれまでのナイフ形石器文化の伝統が消滅してしまうほどであった。

ほぼ同じころ関東地方より西、主として西日本の各地には半円錐形細石刃石器群が分布していた。この細石刃文化の成立に関してはナイフ形石器文化から日本独自に発展したという説や中国大陸の華北形細石刃石器群の影響を受けたという説がある。
 はじめは半円錐形系統に属していた九州の細石刃文化は、後半期になると福井(洞穴)型細石核と呼ばれるクサビ形細石刃石器群にかわる。これは東日本のそれと違って荒屋型彫器を含まない。これも華北型系統の細石刃が朝鮮半島をへて九州に伝わったものと言われている。


  
旧石器文化からみた最初の日本人

 以上、2章にわたり旧石器文化をみてきた。そして気付くことは、石刃技法の到来からナイフ形石器文化、半円錐型細石器文化、福井型細石核というように中国北部或いは華北の文化と絶えず連続して繋がりを持ってきたということである。それに分け入るように、安田喜憲の表現を借りれば、“バイカル湖を中心としたところからクサビ形細石刃石器群が日本列島へダッとやってくる”のである。  
   すなわち、日本列島に残された旧石器人の生活の息吹、文化からみると、中国北部からの連続的流入に加え、 バイカル湖からの大集団の渡来というように北部アジアから最初の日本人はやって来たようである。
 華南文化センターの西樵山細石刃石器群に伴う彫器の一種が、北九州で認められるという指摘もある。そういう南からの影響も一部にはあったであろうことは想像に難くない。
しかし、この時代、人は北方からという見方は変わらない。