日本人の源流を探して         
   02.いろいろな方面からの支持と反論        
         
        
 
 「南方起源説・二重構造モデル」を提唱する埴原和郎の説は、いろんな学問分野の学説を網羅し、あるいはいろんな学者から支持されている。埴原和郎自身が自説を証明・補完するとして取り上げている諸説を概観しよう。

  日本犬のルーツ 

 家畜遺伝学の田名部雄一 が日本犬のDNA配列を調べたところ、北海道犬(アイヌ犬)と沖縄の琉球犬がよく似ているばかりでなく、共に東南アジアのイヌと同系であることがわかった。
 また本州の大部分に分布する秋田犬、甲斐犬、柴犬などは、北東アジア系のイヌと共通の遺伝子を持つ。
 そのルーツと分布地域は日本人集団とほとんど同じパターンを示す。
 ヒトと共同生活をするイヌという動物がヒト集団の性質と共通したパターンを示すのは当然である。
 埴原はこのように紹介している。

 田名部説はそんなに明確に埴原説を支持しているのだろうか。検証してみたい。
まず 1.犬血球ヘモグロビン(Hb)型遺伝子頻度の犬種差
 まず右図・Hb型遺伝子の分布図を見て感じることは、世界の犬はほとんどHbB型すなわち南方型で、HbA型(北方型)の犬はエスキモー犬と朝鮮の犬-珍島犬と済州島犬-に限られているということである。
 そして、その朝鮮の犬がHbA型遺伝子を西日本の犬に持ち込んでいるいることがかなり明確に読み取れる。これは弥生時代、古墳時代を通じて朝鮮半島からの人の渡来、それについて来た犬の影響が現在も残っていることを推測させる。
 しかし、だからといってアイヌ犬や琉球犬が南方系とはいえない。
   

なにしろこのHb型遺伝子はほとんどがHbB型(南方型)でHbA型(北方型)は例外的存在でしかないからである。もっと犬種数を増やし説得力を高める必要があろう。
 別の研究もある。たとえば、北海道のオホーツク沿岸の犬(オホーツク文化期・7〜9世紀)の骨を調べた西本豊弘 によれば、オホーツク犬は顔つきが縄文犬・続縄文犬とかなり違っており、アイヌ犬に近いという。したがってアイヌ犬は樺太方面から持ち込まれたものではないかとしている。すなわちアイヌ犬は北方系だとしている、こういう見解もあるのである。

   2.40犬種の遺伝的位置関係(15遺伝子について)

15種類の遺伝子から40犬種の遺伝的位置関係を求めているが、これを見てもグリーンランド原産のエスキモー犬と朝鮮系の犬とが世界の中で例外的な犬種であることが知れる。
 そして日本にいた原生種が南方系と判断出来る根拠は、この図からも何ら得られない。
 中国系のペキニーズとかチンは中国宮廷で生まれた犬種であり、むしろ北方系に分類される犬ではないかと思われるから、日本犬種の近くに分布を示しているからといって、日本犬種が南方型という証拠には勿論ならない。
 この図の中にシベリアやバイカル湖付近あるいは蒙古の犬、樺太の犬などの遺伝的位置が示されないと日本の犬が南方系と即断することは出来ない。
 田名部説と埴原説は互いを参照し補完するうちに、循環論的誤謬を犯しているのではないかと思われる。
 なお、この「日本犬のルーツ」について研究ノート003 に更に詳しく纏めたので、参照いただきたい。

  日本の野生ハツカネズミ

 遺伝学の森脇和郎が日本産の野生ハツカネズミのミトコンドリアDNA配列を調べた結果では、本州の大部分に分布するネズミは北東アジア系だが、北海道・本州北部・南西諸島のネズミは東南アジア系ということが分かった。

 
   しかも東南アジア系のネズミは特に島嶼部に 
 
 分布する系統に近いといわれるので、氷河時代
 
 にはスンダランドに住んでいた集団という可能性
 
 が高い。
 
 ネズミは言うまでもなく人に寄生して行動してい
 
 る動物であるから、まさに二重構造モデルを立証
 
 しているといえる。
 
 と埴原は引用している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しかし森脇和郎自身は、南方型と北方型、両方のDNAの変異が非常に少ないことから、その渡来年代はせいぜい先に来たハツカネズミが弥生時代、後から来たハツカネズミを古墳時代以降に来たとして、埴原が二重構造モデルの一つの根拠とすることを事実上拒否している。(「日本産野生マウスの起原」「創造の世界」47号参照)
 なお、この「日本の野生ハツカネズミ」について、研究ノート004. に詳細を纏めたので参照いただきたい。


 ATLウィルス・キャリア

 ウィルス学の日沼頼夫らの研究によると、ATLウィルスの保有者はアイヌ系や南部九州、奄美、沖縄地方の人々に比較的多く、その他の地方は少ない。
 日沼は日本人をATL保有者群と非保有者群とに分け、前者が縄文系、後者が渡来系の
集団に相当するのではないかと考えている。
 と埴原は紹介している。これも二重構造モデルを裏付けるというわけである。

 ATLウィルスというのは、1980年日沼頼夫によって発見された成人T細胞白血病の病原となるウィルスである。その感染者であるが、発病に到っていない人たちをキャリアという。そのキャリアの日本付近の分布が次の図である。
     これを見ると、まず大陸にはキャリアはいない。日本でも北海道のアイヌと琉球人や九州地方、日本列島の島嶼や沿岸部で分布が濃厚である。
 また世界的に見ると、ここには示していないが、太平洋地域ではバヌアツやパプア・ニューギニアに分布し、オーストラリアのアボリジニーの中にもキャリアがいる。ほかには南米アンデスのインディオにもキャリアの存在が確認されている。
ATLウィルスのこのような分布から日沼によれば、旧石器時代以来、北方ユーラシアの古モンゴロイドの間に広く感染し、縄文時代以前の日本列島にもこれらキャリアの人々が住みついていた。その後稲作文化の伝来とともにATLウィルスが既に消滅した地域の中国や朝鮮半島から新モンゴロイドの人たちが大勢移住してきた。
 そのため日本列島中心部ではキャリアの割合が薄められ、ついには殆んどいなくなった。その結果、列島の南と北の端と列島の僻地にキャリア集団が残ることになった、というのである。

 日沼の見解は二重構造モデルにダブっているように聞こえるが、縄文時代以前の日本列島住人が北方ユーラシアの古モンゴロイドであるとはっきり表明している。
 その面では、埴原が主張する“日本人のルーツは南方の原アジア人”とは明らかに喰い違いをみせている。

 以上、01. 02.が 埴原和郎が「日本人の骨とルーツ」(角川書店)で説明した「二重構造モデル」の概要と援用した他分野の学説(反論も併記した)である。