日本人の源流を探して         (敬称は全て省略しています) 


            第1部  最初の日本人の系譜


03.縄文人のミトコンドリアDNAを解読

宝来聰はミトコンドリアDNA(mtDNA)研究の先駆者である。宝来の著書「DNA人類進化学」をテキストとして日本人の起源に迫りたい

  
フロリダのミイラのmtDNA

 1986年、アメリカ・フロリダ州の湿原でミ

イラ化したヒトの脳組織が発掘された。この

ミイラは年代測定の結果約7,000年前のもの

と判明し、従ってこの脳組織はアメリカイン

ディアンの祖先のものとされた。

 カリフォルニア大学のスバンテ・ベーボと

アラン・ウィルソンらは、この脳組織からま
   
ず、微量のmtDNA(ミトコンドリア・デオキシリボ核酸)の抽出に成功した。
 つぎに当時最新の画期的なDNA増幅技術・PCR法を使って、mtDNAの一部を増幅し塩基配列(DNAの文字配列)の決定にも成功したのである。

 その結果は、大部分の現代人では“GGGCCC”という文字列になっている塩基配列が、このミイラは“GGACCC”となっていた。
 S・ベーボやA・ウィルソンらは、まず現代インディアンのなかにGGACCCの塩基配列を持つ人がいないかを調べたが、見出せなかった。
 ところが宝来がこれまで調べた日本人の中の5人が、ミイラと同じGGACCCという配列であることが明らかとなったのである。

 このような変異型のDNA配列を持つミイラと現代日本人の一部が一致するというようなことは、偶然では起こり得ない。
 従って、現代日本人と7,000年前に生きていた北米のインディアンが、遺伝子のレベルで

共通の基盤を持っていたことがわか

ったのである。
 
 これは、はるか昔、アメリカイン

ディアンの祖先が北アジアからベー

リング陸橋を渡って北米大陸に移住

した。したがってアメリカインディ

アンは日本人や韓国人、中国人など

と同じアジアに起源する民族集団で

あるという常識を、図らずも証明す

るという極めて興味深い結果となっ

たのである。
   

 
縄文人は東南アジア人か

 宝来聰はフロリダのミイラというような考古学的試料から、直接、塩基配列が決定できるという画期的成功に啓発され、研究を重ねていた。
 そういう折、埼玉県浦和市で5900年前・縄文時代前期の人骨(浦和1号)が発掘された。宝来はこの浦和1号からmtDNAを取り出し塩基配列を解読することを試みた。
 試行錯誤の末、宝来は、浦和1号から190塩基のmtDNAを決定することに成功した。その190塩基と同じ領域を現代人121人について比較したのが次の表である。

 

すなわち浦和1号の配列と全く同じ日本人は、現代日本人62人の中には1人もいなかった。190塩基中1ヶ所だけが違う日本人が15人、2ヶ所違う日本人が8人という結果であった。
 一方、日本人以外のアジア人29人中東南アジア人2人(マレーシア人とインドネシア人)が浦和1号の配列にピッタリ一致した。

 この結果から次の二点が判る。
1)現代日本人は、6,000年前の縄文人と比べたとき、かなり混血などの変異が進んでおり、
 現代日本人の2/3近くの人が、浦和1号とは系統の違う人(塩基数が3個以上違う39人)で
 ある。
2)約6,000年前に日本列島の中心部(関東地方)に住んでいた縄文人は、現代東南アジア人
 と共通の起源を持つ可能性がある。

 この浦和1号という縄文人は、まさに、二重構造モデルおよびその南方起源説を証明したといって過言ではないだろう。
 この研究は、日本人の二重構造モデルを支持する人達には大変な援軍となった。
 これで起源論争に終止符が打たれたと考える研究者も多かった。

 興味深いmtDNAから作られた馬蹄型系統樹

 更に宝来は、浦和1号のほかに、埼玉県戸田市で発掘された縄文前期人1人、北海道高砂遺跡出土の縄文後期人3人の古人骨データを加え、近世アイヌの人骨6体、それに世界の現代人128人のmtDNAデータを合わせ、計139人について系統樹を作り、縄文人とアイヌ、それに現代の世界の人々との関係を明らかにした。(あまりにもグラフが長大になるので折り曲げて、馬蹄型の美しい形となった。)

 この系統樹から宝来は、次の諸点を指摘する。
1)a点で分岐する、黄色の太線で示した最後のクラスター(群)に、縄文人4人と近世アイ
 ヌ2人、それに15人の現代日本人とマレーシア、インドネシアの現代東南アジア人が含ま
 れている。これは、縄文人と近世アイヌの一部が近縁であること、そして彼らは、現代日
 本人の一部と東南アジア人の一部と系統的に近い関係にあることを示している。
2)すべての縄文人と近世アイヌの系統は、b点で分岐する、より大きなクラスターに含ま
 れる。これは縄文人や近世アイヌが、系統樹の右サイド、根元に近いほうの現代日本人と
 は、系統的にかなり異なることを示している。(現代日本人の集団が、二つの大きく異な
 るグループに分かれることは、
研究ノート02. でも検討した。 参照していただきた
 い。)

  筆者は、以上の他にさらに次の諸点が読み取れると考える。
3)右サイドの赤帯1の範囲から、出アフリカを果たした(ないしは、アフリカから追い出さ
 れた)ヒトのグループの中の一部は、比較的早い段階で、日本人や中国人など北方アジア
 人と南方アジア人、ヨーロッパ人の系統に分かれた。
  特に右サイドの日本人の系統の中には、極めて古い、アフリカのホモ・サピエンスと分
 岐した直後の、初期のヒトの形質を持った日本人がいることが分かる。
4)赤帯2のグループからは、日本人の源流にかかわる集団の一部から、アメリカ先住民の祖
 先がアメリカ大陸に向けて旅立っていたことがわかる。(先に取り上げたフロリダのミイラ
 のmtDNAが日本人に見出された結果と符合する)
5)ヨーロッパ人が本格的に分岐した、赤帯3の大きなグループの中に、日本人や中国人、パ
 プアニューギニア人が含まれている。蒙古系と白人種が遺伝的に近い関係にあるという、
 Gm遺伝子やそのほかの遺伝子分析の結果を、このmtDNAの解析の結果も支持してい
 る。


  東アジアに広範に分布する縄文人の系統

 宝来のmtDNAに関する先駆的研究は、人類学の分野に新風を送り、画期的な成果をあげてきた。しかし、浦和1号については、はじめて古代人骨を直接調べた画期的成果とはいえ、わずか一体だけで日本人の南方起源を判断するのは早計であった。それは宝来自身、十分認識していたし、その後も精力的な調査が行われた。
 次表はその後、宝来が調べた埼玉県戸田市で発掘された縄文前期人1人、北海道高砂遺跡出土の縄文後期人の古人骨データや、篠田謙一らによって調べられた、茨城県取手市中妻遺跡の、集中人骨埋葬土壙の101体の一部を加えた表である。
  
 まず、調べられた古人骨は、北海道出土以外は、関東地方の、それも下図のように極めて狭い範囲で出土したものである。したがって、この場合、資料の出土地域が違うから系統も違う、というような理由は当らないことになる。

 
 今回は、浦和1号を含めて、比較する現代人の範囲を拡大して調べられた。そうすると浦和1号と同じmtDNA配列を持つ現代人は、東南アジアのインドネシア人とマレーシア人だけではないことが分かった。
 更に南方からフィリピン人と台湾の原住民が加わった上、中国の漢族も加わったのである。
 すなわち、浦和1号と同じmtDNAをもつ集団は、東南アジアだけでなく東アジア全域に広がったことになる。
 
 しかも上表から明らかなように、浦和1号は、縄文人のmtDNAの中ではむしろ例外的な存在であることが分かった。
 すなわち、浦和1号以外の縄文人は、当然のことと言うべきか、現代本土日本人やアイヌ人、沖縄人と、同配列のmtDNAを共有していた。 
 
 また上表の
縄文人骨の中には、浦和1号を

除いて、東南アジア起源のものはいなかっ

た。

 それどころか、ここに掲げる中妻遺跡人骨

29体のmtDNAと一致する、北方アジアの

ブリアートとかモンゴルの集団があったこと

が分かったのである。

 すなわち、浦和1号とさほど離れていない 
   
狭い地域内の中妻遺跡人の中に、北方アジアを故郷に持つ人も含まれていたのである。
 このようなデータの積み重ねによって、古人骨からのmtDNAの抽出・分析が日本人南方起源説の救世主ではなく、むしろ北方起源説を証明するかも知れないことが明らかとなった。


  究極の系統樹による証明

 それにしても筆者にはmtDNAに出会ったときから、気懸かりな事があった。それは、分析のためのデータに、“Dループ”であるとか190塩基などの文言が飛び交い、その意義とか、あるいはメリット・デメリットなどが殆ど説明されずに使われていることだった。
 そもそも、このmtDNAは、約16,500文字(塩基)で作られた非常に“こじんまりしたDNA”である。そして、その内のDループというのは、設計図(遺伝子)ではなく、単なる意味のない文字の羅列部分である。約1,000文字といわれる。(研究ノート02-1参照)
 何故このDループを使うかというと、設計図が書かれていないために書かれている部分より、はるかに変異する時間速度が速く、変異度が高いからという。すなわち、比較する場合に近縁であっても差異が解り易いからだという。
 しかもDループ全部を使うのではなくて、例えば上の馬蹄型系統図では、古人骨から偶然に抽出できた190文字に合わせて、全員の文字配列を調べ、作成してある。
 筆者の疑問は、これだけでmtDNA全体と違わない結果が得られるのだろうかという、はなはだ単純な疑問である。ここには統計的に意味のあるランダムな抽出などの手法は、一切使われていない。極めて恣意的なのである。

 しかしこういう疑問に応えてくれるデータが、呈示され始めている。
 中妻遺跡の多数の人骨を研究した篠田謙一は、著書「日本人になった祖先たち(初版20
07.02)」の中で、その一例を示してくれた。
 次の図は、世界中の集団から選び出した53名のmtDNAの“全文字(全塩基)配列”、を用いて、世界の集団の系統関係を図化した画期的な系統樹である。2000年に呈示された。(作成者について特に説明はないが、表から見ればイングマンという人らしい。)
     
 篠田の説明を聞こう。
1)解析の対象とした人数は53名と少ないが、それまでのDループや塩基配列の一部分の解
 析に頼っていた研究と違い、mtDNA全体を扱った画期的なものである。正確に言う
 と、この研究ではDループ領域は逆に解析の対象から外されている。この塩基の置換速度
 の速い部分を除外することによって、数万年という単位でのヒトの移動をある程度正確に
 描き出すものになっている。
2)mtDNAの解析から見ると、世界の人類集団は4つのクラスター(=グループor群)
 に分かれる。そして茶色のL0、L1、L2の三つのクラスターはアフリカに住む人だけで構
 成されている。もう一つは赤で大きく囲まれたクラスターで、アフリカ人以外のすべての
 人々は、この4つ目のクラスターに含まれている。
3)この分析の最も重要な点は、いくつものアフリカ人の系統が、世界の他の人より深い分
 岐を持っているということ、すなわち沢山の突然変異を持っていて、アフリカ人同士の変
 異の程度は、その他の世界の人々と比べ2倍もあるということである。
  このことは現代人の「アフリカ起源説」を強く示唆する。
  この説は過去の部分的な解析でも指摘されたことであるが、このmtDNA全配列の解
 析でも、同様の結果が出たことで、より強固な証拠が得られたことになった。
4)アフリカから旅立った人々、すなわち出アフリカを果たした人たちは、赤の大きなクラ
 スターの中の人たちである。その中のアフリカ集団(クラスターL3)の祖先たちの一部
 が、アフリカを旅立った人たちである。そして、その中からクラスターMのアジア人グル
 ープとNのヨーロッパ人とアジア人のグループが分岐した。(この53程度の個体を解析し
 ただけでは、MとNの分岐の順番は正確にはわからない。)

 筆者は以上の図と説明を読んで、まず、これまでのmtDNAの一部による解析の有用性が、全塩基配列による解析で確認されたと考える。
 そして、mtDNAの解析が第2段階に入ったことを感じる。それは、mtDNAのデータベースが日本でも、また世界的にも十分に揃ってきたことによる。
 篠田謙一は同書のp.59で次のように述べている。
---DNAの系統図は個人の持つ 
DNA配列の違いに注目して、互いに近いものからつなげていって作り上げます。・・・しかしながら、mtDNAの場合には個体間の変異が多すぎて、個人を対象にしていたのではまとまりがつきません。そこで先に述べた塩基置換の比較的起こりにくい、遺伝子をコードしている部分の突然変異を分類の基準にしたハプログループという概念を用いて話を進めることにします。この部分だと通常は数万年に一回程度の割合で突然変異が起こりますので、同一のハプログループは、数万年さかのぼると、先祖を共有する人たちの集団ということになります。---

 すなわち、宝来聡らが意識的に、個体間の変異の多いDループを使っていたのに対し、篠田は、むしろ変異の多さによる分析の纏まりのなさを避ける方向に進んでいるのである。
 この篠田謙一の著書「日本人になった祖先たち」は非常に内容の充実した本であり、この項だけではとても収まりきれない。いずれ項を改めて取り組みたい。

(筆者注)以上のように予告していましたが、2009年7月、次のページに纏めましたので、参照ください。 
  第4部08-1節. 「ミトコンドリアDNAから見た日本人の祖先」

  研究ノート11.「mtDNA亜型からみた系統関係と拡散経路」
     

         
         
         


 

1