住 吉 大 神 の 宮 ・ 部 類 神 ・ 子 神

    

 『住吉大社神代記』(天平3年)には住吉大神の宮「九箇処に所在り」とあり、摂津国西成郡

 (大阪)の住吉大社のほか神功皇后の伝承に関わる国内外関係地、9ヶ所に住吉大神が祀られ

 ていた、また住吉大社と親しき関係と神威をあらわす部類神として、広田神社など5社、さらに子

 として坐摩社ほか周囲神地・神領地などの末社・支社的な神々29社を列挙している。 

 
[06.11.6~  07.12.19更新]

  (住吉大神の宮 九箇処)
摂津国  住吉大社
  (四前)
 大阪市住吉区住吉、祭神-底筒男命・中筒男命・表
 筒男命・神功皇后、「玉野国、渟名椋の長岡の玉出
 の峡の墨江の御峡に座す大神」
摂津国西成郡  坐摩社
 (二前)
*いがしり
 大阪市中央区久太郎町(渡邊)の坐摩神社
 祭神-生井神・福井神・綱長井神・波比岐神・阿須波
 神 境外社坐摩神社行宮の祭神-豊磐間戸神・奇磐
 間戸神、二前はこの神か
摂津国菟原郡  (三前)  兵庫県神戸市東灘区の本住吉神社
 祭神-底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后
播磨国賀茂郡  住吉酒見社
 (三前 戸三烟)
 兵庫県加西市北条の住吉(酒見)神社
 祭神-酒見神・底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功
 皇后
長門国豊浦郡  住吉忌宮
  (一前)
 山口県下関市一の宮町の住吉神社
 祭神-住吉大神荒魂・応神天皇・武内宿袮命・神功
 皇后・建御名方命、「斎宮」とも記される
筑前国那珂郡  住吉社
  (三前)
 福岡市博多区住吉の住吉神社
 祭神-底筒男命・中筒男命・表筒男命、「住吉荒魂
 社」とも記載される
紀伊国伊都郡  丹生川上天手   力男意気続々流
住吉大神
 和歌山県伊都郡高野町上・下筒香の丹生神社
 祭神-丹生都比売命、後裔の社は、和歌山県橋本市
 の相賀八幡神社
 祭神-誉田別命・足仲彦尊・気長足姫尊といわれる、
 文忌寸材満が祭祀
大唐国一処  住吉大神社
(三前)
 任那日本府の地あるいは漢土という、「大唐御社」とも
 記す、新羅征伐の時の御船の挟抄
(かじとり)
新羅国一処  住吉荒魂
  (三前)
 新羅国、「新羅社」とも記す、新羅征伐の時の御船の
 挟抄
(かじとり)、別に「志賀社」とも記す
 ( 部 類 神 )
摂津国  広田大神  兵庫県西宮市(摂津国武庫郡)大社町の広田神社
 祭神-天照大御神の荒御魂(天疎向津媛命)を主神と
 し、住吉大神(底筒之男命・中筒之男命・上筒之男
 命)・誉田別命・比霎大神・息長帯比売命・建御名方
 富大神・高皇産靈大神を祀る、甲山の南ろくに鎮座
筑前国  橿日廟宮  福岡市東区香椎の香椎宮
 祭神-仲哀天皇・神功皇后・応神天皇・住吉大神
筑前国糟屋郡  阿曇社 (三前)  福岡市志賀島の志賀海神社
 祭神-底津綿津見神・仲津綿津見神・表津綿津見神
播磨国明石郡  垂水明神   神戸市垂水区宮本町の海(綿津美)神社
 祭神-底津綿津見神・中津綿津見神・上津綿津見神
紀伊国名草郡  丹生咩姫神  和歌山県伊都郡かつらぎ町天野の丹生都比売神社と
 される
 祭神-丹生都比売大神・丹生高野御子大神・大食都
 比売大神・市杵島比売大神、但し、神代記には名草
 郡と明記されており、もとは名草郡域にあった別の丹生
 神社か移動を考える必要あり
 ( 子 神 )
(摂津国西成郡)  座摩神
 (二前 一名、為婆照  神 いばてりのかみ)
 「猪加志利乃神」とも書く、大阪市中央区石町の坐摩
 神社行宮のあたり、神功皇后の鎮座石という巨石があ
 る
 祭神-豊磐間戸神・奇磐間戸神、二前はこの神か
(摂津国住吉郡)  中臣住道神
  (須牟地)
 大阪市東住吉区住道矢田の中臣須牟地神社
 祭神-中臣須牟地神・神須牟地神・須牟地曾禰神・
 住吉大神
(摂津国住吉郡)  住道神  大阪市住吉区長居西の神須牟地神社
 祭神-神産霊大神・手力男神・天児屋根命・天日鷲
 命・大己貴命・宇賀魂命・少名彦命・素盞鳴命・住吉
 大神
(摂津国住吉郡)  須牟地曾禰神  堺市蔵前町の須牟地曾根神社か、古くは中臣須牟地
 神社の北にあったという記録があり、移転したものか
 祭神-饒速日命・伊香我色雄命・須牟地曾根
   住道神  大阪市東住吉区湯里の住吉神社と考えられている
 祭神-中筒男命
 
件の住道神達は八前なり(天平元年十一月七日、託宣に依り移徒りて、河内国丹治比郡の楯原里に坐す。故、住道里の住道神と号く)
 楯原里=大阪市平野区喜連6丁目、旧喜連村に楯
 原神社
 祭神-武甕槌大神・大国主大神・考元天皇・菅原道
 真・赤留姫命)がある
(摂津国) 赤留比売命神
(中臣須牟地神・
草津神
 [かやつのかみ])
 大阪市平野区の赤留比売神社。ここは杭全神社の境
 外摂社となっている。、ほかに大阪市中央区高津の高
 津宮(祭神仁徳天皇・仲哀天皇・応神天皇・神功皇
 后・葦姫皇后・履中天皇、摂社祭神-赤留比売命ほ
 か、もと東高津神社の場所か、上町台地上)
(摂津国住吉郡)  船玉神(今謂ふ 
 斎祀るは紀国の紀氏
 神、志麻神、静火神、  伊達神の本社なり)
 住吉大社摂社、祭神-天鳥船命・猿田彦神 
(摂津国住吉郡)  多米神  大阪市住吉区長居の神須牟地神社の東側
 祭神-天日鷲命・倉稲魂神・保食神・大己貴命
   須牟道曾禰神  
(摂津国住吉郡)  止櫛侶伎比売命 神*ととろきひめ  大阪市住吉区沢之町の止々呂支比売神社
 祭神-素盞鳴尊・稲田姫尊
(摂津国住吉郡)  天水分豊浦命神  大阪市住之江区安立に神社跡、あられ松原、今は止
 々呂支比売神社に遷座されている、祭神-天水分神
(摂津国住吉郡)  奴能太比売命神  大阪市住吉区杉本町に神社跡、今は大依羅神社に
 合祀されている、祭神-奴能太比売命神
 
(摂津国住吉郡)  津守安必登神
 (二前。海神(わたつみ のかみ)と号く)
 住吉大社内の摂社大海神社とされる
 祭神-豊玉彦命・豊玉姫命 
(摂津国東生郡)  難破生国魂神
 (二前)
 大阪市天王寺区生魂町の生国魂神社
 祭神-生島神・足島神など、上町台地西側に鎮座
(摂津国東生郡)  下照比売神  大阪市東成区東小橋の比売許曽神社
 祭神-下照比売命、西側上町台地上の産湯稲荷神
 社の場所が旧社地という
(摂津国東生郡)  味早雄神  大阪市鶴見区放出東の阿遅速雄神社
 祭神-阿遅鋤高日子根命ほか、摂津・河内両国の境
 に鎮座
  
 萱津神  不詳
   長岡神  松葉大記・墨江紀略にも登場、貴船社とされる
(摂津国住吉郡)  大歳神  延喜式の摂津国住吉郡「草津大歳神社」か
 草津大歳神社の跡は大阪市住吉区苅田にある、現在
 は近くの大依羅(おおよさみ)神社に合祀、
 祭神-大歳神
   忍海神  松葉大記所引文安三年八月当社造営日記に忍海
 社・伎人社の名が登場、所在は未詳。
   伎人神
 [くれひとのかみ]
 河内国伎人郷、現在の大阪市平野区喜連にあったも
 のか
   片縣神  不詳、堺市の方違神社ではないか?
(播磨国賀胡郡)  阿閇神  兵庫県播磨町本庄の阿閇神社、播磨灘に面す、「賀
 胡郡阿閇津浜一処」と登場する住吉大社の神領地
 祭神-底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后
(播磨国明石郡)  魚次神
 [
なすきのかみ]
 兵庫県明石市魚住町の住吉神社、播磨灘に面す、「
 明石郡魚次浜一処」と登場する住吉大社の神領地
 祭神-底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后
(摂津国西成郡)  田蓑嶋(姫)神  大阪市西淀川区佃町の田蓑神社、古くは田蓑嶋であ
 った田蓑嶋神社-住吉神社-田蓑神社へと変遷
 祭神-底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后
(和泉国大鳥郡)  開速口姫神
[あきはやくちひめのかみ]
 堺市甲斐町東の開口(あぐち)神社、祭神-塩
 土老翁神・素盞鳴神・生国魂神、開口水門姫神社と
 もいった
   錦刀嶋神  不詳、紀伊国の神かともされるが、大阪湾岸~播磨に
 かけた「荷前二処・幣帛浜等の本縁」ほかに島の名が
 登場するので、三国川の河口あたりの島で、そこに祀ら
 れた神か
   長柄神  不詳、遣唐貢調使の調物を積む船の泊として「長柄船
 瀬」として長柄が登場する、大阪市旭区~城東区あた
 り船瀬に祀られた神か 
   武雄命(神)  不詳、「山河寄さし奉る本記」に垂仁天皇が武内宿祢
 の父の武雄心命(一に武猪心命)を遣わせて二上葛城
 の山々などを住吉大神に寄せさせた、この武雄心命のこ
 とか、阿備の柏原社(和歌山市相坂の安原八幡神社
 あたりか)で斎祀るとある
 いこまかんなびの杜