トップページ

天生湿原

2007.7・28  標高1290m(天生峠)
岐阜・河合町・天生峠〜天生湿原〜西廻り!?周回<25>







        

昨日の穂高の興奮も覚めない飛騨2日目
目が覚めると外は雨、うん〜新平湯温泉から少し行った所の福地山へ孫達と登る予定にしていたのに!
出足をくじかれ、孫達は早く行こうとせかすが、少し時間をずらして近くで楽ちん登山が出来る山探しをする。
雨も上がり時間も遅いので、白山スーパー林道から三方岩岳に行こうと決め1台の車で出かける
河合から天生峠経由で白川郷に向かう途中上の孫が体調が悪かったのか生まれて初めて車酔いをしたようで、
たまたま天生湿原(籾糠山)の少し手前だったのでここを散策しようと言う事に成った。

ネットでおなじみの赤い三角屋根の駐車場に車を置いて
時間も遅いので管理の方は居ないだろうと上がって行くと、
年配のおじさんが、しっかりと入山料と称して一人@500頂きます。
ヤッパリ関所はただでは通してもらえませんでしたぁ(@_@)
「合計@2000」払ってスタートです
さっき迄真っ青の顔をしてゲロンパしていた孫は元気なもの、
走って先へ行っては遅いと戻って来たりと元気元気!
途中で蝉がとまっているのを見つけて 
←の写真 じい様と孫は奮闘している (笑
私とぐっぴは折角の籾糠山なので山頂へ行きたい気持ちを抑えて
湿原に咲く花探しをするが、葉境時期で花数は少なく
湿原迄の登山道側2ヶ所で初めて見る
タマガワホトトギスが咲いていた











湿原迄来ると
モウセンゴケやシライトソウが数輪開花し蕾を沢山付けている。
この3種類の花と足下の少々の花で入山料も納得としよう(泣)アハ
湿原には花期に成るとニッコウキスゲが
一面に奇麗に咲くらしいが遅かったようで既に終わっていて残り香が少しだけ咲いていた。
時期も時間も遅いので下山される2組5人の方に出合っただけで静かな湿原の木道を、
孫達は元気にはしゃいで走り回っている
確か、この地点で1400mらしく木々の下歩きが多く汗などかかなくとっても涼しく気持ち良い♪
軽くおやつや、おにぎり等を食べながら、のんびり休憩後、
湿原を一回りして下山。


ニッコウキスゲ・さみし〜い

モウセンゴケ




シライトソウ

タマガワホトトギス





ツルリンドウ

ヒヨドリバナ

ウツボグサ




マイズルソウの花後

ツバメオモトの花後






トップページ