トップページ

頭巾山
2005.4.16 標高871m
福井県.名田庄野鹿谷登山口〜山頂〜ピストン



登山道途中から見える・まるで紅葉みたいな山景色♪




林道登山口

此処から沢を渡って

頭巾山祠.山頂



青空に映えるタムシバ
久しぶりに頭巾山へ行く事にする
前に美山町と綾部側から登っているので
今回は若狭側から登る事にする
資料によると歩行時間は3つのコースの内
最短で行けそうなのでゆっくり家を出て
R162をひたすら走る、
名田庄方面へ左折すると後は
一本道で滝への案内看板に従い
迷う事は無い、滝は帰りに行く事にしよう
林道がダート道に成って来る
暫く走ると野鹿谷を渡る橋がある
この辺りで邪魔に成らないように駐車する
橋を渡って暫く歩くと、ううん!
何かがいる!最初は猪かと思ったら、
どうも日本カモシカみたいだ、
こんな真近で見るのは初めて
彼もこちらを見て動こうとしない!
チャンスと思って写真を撮る
が中々動く様子が無い、暫く睨み合いである 笑 
近付いても中々動こうとしない!?
脇を通るのも恐いので少しだけ近付いてみると
やっと沢へ降りてくれた♪5分位掛かったかなっ!
林道には色とりどりにお花が咲いて、
木々には新芽が顔を出している、
登山口の看板を探しながら
林道を奥へ歩いていると
ハッキリした看板を見つけ沢を渡って
杉林の中の綴れ折れの緩やかな登山道を歩く、
時々木々の間からタムシバと
新緑の山々が登りの辛さを癒してくれる♪
石楠花はまだ咲いてない、
良く見ると新芽と蕾が動物に食べられている
木が多い!尾根に取り付くと、

山頂は目の前
少しずつイワウチワがチラホラ咲いている♪まだ蕾が多く来週位が見ごろでしょう、
大きな木の根っこの急登をロープを使って登ると山頂が目の前に見えてくる、
白く可愛いバイカオウレンや石楠花が沢山蕾を付けている
が、1輪も咲いていない、写真は帰りに撮る事にして山頂へと歩く、
山頂には単独の男性が居られて綾部からのコースでこられたらしい、
昨年の台風で崩落した林道工事で随分歩いたと話され下山される、
2人だけの山頂、360度とはいかないが、展望の良い山です、
青空だが春がすみで若狭湾方面の景色は見る事が出来ない昼食、景色を楽しんで
1時間以上遊んでしまった、下山はお花の写真を撮りながらものんびり下山、
登山口ではミヤマカタバミやイカリソウ、スミレ、ヤマルリソウ、キケマン等々、
が咲いていて中々前に進まない、春の林道歩きも気持ち良い


日本カモシカのお昼寝

こちらに気付いて!

まだこちらが気になる様子
カーブを廻って、ふと前を見ると今朝と同じ場所に、日本カモシカが
後ろ向きで今度はお昼寝をしている、又も近付いても中々動こうとしない、
2m位近付いてやっと気付いたのかゆっくりこっちを見ているが
立ち上がる様子も無く私達はどうしたものかと思っていると、
やっと沢へ降りたがそれ以上逃げる気配がない、
そこへ単独の男性が来られて朝からの事を話すとケガか具合が悪いのではないかと
言われ名田庄村役場へ知らせた方が良いのではないかと言われ
連絡して欲しいみたいに言われたが、今日は土曜でお休みだし、
私達は京都なのでどうしようかと思いながら帰宅、
ネットで役場など調べたがどうにも成らないので、
小浜山の会様へお願いしたら、尽力、頂いた見たいで、
名田庄の方々が様子を見に行って下さってカモシカは山へ帰ったみたいだ。
今日は貴重な日本カモシカにも逢え以外と沢山のお花も見れて、記憶に残る山歩きが出来た♪


イワウチワが群生している、撮影に夢中♪

大木の根っこをよじ登る

木漏れ日の登山道

沢を渡って直ぐの登山道




山頂からの眺め

野鹿の滝




♪今日見かけたお花さん♪


ミヤマカタバミ

イワウチワ



バイカオウレン

ヤマルリソウ

タチツボスミレ

ミヤマカタバミ

イワウチワ

何スミレでしょうか?

アセビ

キブシ

ミツバツツジ



ミヤマカタバミ

イワウチワ

イカリソウ

キケマン




朝に高雄で見た山ツツジ・肉眼ではとっても奇麗でした♪


今日はカモシカに逢ったり、お花と遊んで、の〜びり.コースタイム.
8時家出発〜9時50分林道P〜10時05分スタート〜10時14分登山口〜11時46分頂上(休憩)〜12時55下山〜2時10分P着



2005山行記録過去の山行記録

2005.いきっこ&ぐっぴの山歩き