トップページ


三十三間山
2005.3.19 標高842m
福井三方町.倉見登山口〜頂上〜ピストン



三十三間山登山口

今年になってから青空の下の山行は1月2日の野坂以来で、中々天気の巡り合わせが悪い
明日は、久しぶりの青空が見れそうだし前まえから行きたかった
雪の三十三間山へ行く事にした、
山友にメールを入れるが彼女は同じ福井でも三方迄余りに遠いので
ダメモトだと思っていたら、同行出来ると連絡が入り、
やったぁ〜〜♪じゃぁ登山口で・・・・ルンルン


林道

最後の水場の木橋

頂上のプレート

最近若狭方面を向いて良く走っている!以外と近いんだよねぇ。
家を7時過ぎにスタートする、朝が早いと国道もすいていて予定より早く倉見登山口に着く、
駐車場は奇麗に整備されて豪華な石碑が創られている、
軽トラが1台止まっている、暫くすると、ジャジャ〜ンりんちゃん到着、
久しぶりの再会、笑顔でおはよ〜♪
小柄で何とも愛くるしいのに一人で行動出来るパワーが
何処に有るのかと羨ましく思う!!


最高のお天気♪

身支度をして雪もすっかり無く成ってる林道をりんちゃん、だんな、私と3人でスタートする
途中で小さい蜂の巣がぶら下がったみたいな白い(開花したら黄色)
お花が枯れ木みたな木に一杯咲いている!!
まだ20分位しか歩いてないのに早くも撮影会・・・
林道終点水場迄来ると斜面に少し雪が残っているが登山道にはまったくない
沢を渡るとツズラ折れの急登が続く私は後ろからしんど〜〜いと、
わめきながらどんどん高度をかせいで登る、今日は体調がイマイチで
後ろからボヤキながら立ち止まると、登山道脇に鹿が横たわっている
まだ奇麗な身体をしている、昨夜か今朝にでも亡く成ったんだろ〜
今年は雪が多くて餌にありつけなかったんだろうか!
林道でもそんな姿を見た。夫婦松迄来ると雪が現れる此処で少し休憩、
りんちゃんにおやつを頂いて三方五湖の展望を楽しみ息を吹き返す 笑 
此処からは雪の直登で足を取られるので、それぞれアイゼンを付けて登る
だんだん雪も深く成りブナ林の枯れ木の隙間から山々が少しずつ見えてくる、


稜線手前・きつ〜〜い

やっと稜線へ♪

尾根に飛び出すと何も遮るものも無い360度のパノラマ、
今は私達3人だけの青空と大雪原♪
途中で出会ったりんちゃんの山知り合いの方の
トレースと動物の足跡だけだ!あそこは・・・方面とか楽しみながら
今迄の辛さを忘れてのんびり頂上を目指す
帰りの○○○ー○は此処が良いね〜などと楽しみながら頂上到着です。


頂上迄後少し・展望に酔う

りんちゃんからの頂きもの

頂上からの遠望を楽しむが3人ともあの山は、こっちは何処だろう・・・危うい!!笑 
太陽の日差しがまぶしい、風を遮れる所を選んで座り
右手には三方五湖左前方には琵琶湖を見ながら昼食を摂る、
毎度お馴染みのカップラーメンとオニギリ食後にぜんざいを炊いて食べて
そろそろ下山のお楽しみ尻セード♪ルンルン
だんながトップを切って滑り出す、りんちゃん私と続く
ワァ〜ワァ〜ギャァ〜と大の大人が誰に遠慮する事も無く
大雪原を童心に変えって、ひとしきり楽しむ♪
振り返り景色を惜しみながら下山する。
雪も随分緩んでズボズボ膝迄、はまって歩き憎い。
夫婦松、水場と順調に下山して林道を歩いていると
川の側に鹿が居るのを見つけてカメラを向けたが
素早く逃げられて撮れてなかった 残念!!
無事下山して登山口でりんちゃんとお別れして自宅へ直行!
今日は、夫婦2人では味わえない楽しい山歩きが出来て
りんちゃんに感謝です本当にありがと〜〜〜う♪
又、ご一緒して下さいねっ


頂上到着.展望を楽しむ

頂上で記念撮影♪



トップでだんながGO!!!

りんちゃんも GO!!!

いきっこもGO!!!





頂上を目の前に・・

三方五湖と日本海



マンサク

ミツマタ

登りには気が付かなかったマンサクのお花とミツマタが数本咲いていた。


尾根に出ると目の前に飛び込んで来た山々



今日のコースタイム.
7時16分家出発〜8時50分登山口P〜9時30分スタート〜10時07分林道終点水場〜10時47分夫婦松〜12時21分頂上〜(昼食休憩)〜1時19分下山〜2時33分林道終点水場〜3時07分P着



2005山行記録過去の山行記録
トップページ