Google インデックス登録方法

SEO対策研究所

Search Engine Optimization:検索エンジン最適化

BRIGHT IDEAS, NICE DESIGNS.

| HOME | Google インデックス登録方法 |
ページランク
Powered by PR-Icon

SEOのプロが使用するテキストリンクサービス http://net-koukoku.biz/
安全で確実なテキストリンクで検索エンジンの上位表示アクセスアップ!

ウェブマスター向けガイドラインより抜粋

Google インデックス登録方法


下記のガイドラインに沿ってサイトを作成すると、Google のインデックスに登録されやすくなります。 ガイドラインでは、Google のインデックスから完全に削除されるか、ペナルティが科せられる可能性のある不正なサイトについて説明しています。 ペナルティが科せられたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。


●デザイン、コンテンツ、および技術に関するガイドライン

●品質に関するガイドライン

サイトの準備ができたら

他の関連するサイトをリンクします。
下記の URL から Google に送信します。

http://www.google.co.jp/addurl/?continue=/addurl
Google ウェブマスター ツール を使用してサイトマップを送信します。

●Google では、サイトマップを使用してサイトの構造を認識し、ウェブページを検出しやすくします。
●必要なすべてのサイトにサイトが公開されたことを連絡します。
●Open Directory プロジェクト、Yahoo!、その他の業界専門サイトなど、適切なディレクトリにサイトを登録します。
●デザインおよびコンテンツに関するガイドライン
●わかりやすい階層とテキスト リンクを持つサイト構造にする。 各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。
●サイトの主要なページへのリンクを記載したサイトマップを用意する。 サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、サイトマップを複数のページに分けます。
●情報量が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述する。
●ユーザーがサイトを探すときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含める。
●重要な名前、コンテンツ、またはリンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用する。 Google のクローラでは、画像に含まれたテキストは認識されません。
●TITLE タグと ALT 属性の説明をわかりやすく正確なものにする。
無効なリンクがないかどうか確認し、HTML を修正する。
●動的なページ (URL に "?" が含まれているページなど) を使用する場合、検索エンジンのスパイダーによっては、静的なページと同じようにはクロールされない場合があることを考慮する。 パラメータを短くしたり、数を少なくすると、クローラで見つけやすくなります。
●ページのリンクの数を適切な数に抑える (100 未満)。

技術関連のガイドライン

Lynx などのテキスト ブラウザを使用してサイトを確認する。ほとんどの検索エンジン スパイダーがサイトを認識する場合、Lynx と同様の形式で認識しています。 テキスト ブラウザで、JavaScript、cookie、セッション ID、フレーム、DHTML、Flash などの特殊な機能を使用して作成されたサイトの一部が表示されない場合は、検索エンジン スパイダーがサイトをクロールするときに問題が発生する可能性があります。
●セッション ID やサイト内のパスを追跡する引数がなくても、検索ロボットがサイトをクロールできるようにする。 これらの技術は個々のユーザーの行動を追跡する場合には便利ですが、ロボットがアクセスするパターンとはまったく異なります。 これらの技術を使用すると、実際は同じページにリンクしている、異なる URL をロボットが排除できず、そのサイトのインデックスが不完全なものになる可能性があります。
●ウェブ サーバーが If-Modified-Since HTTP ヘッダーに対応していることを確認する。 この機能を使用すると、Google が前回サイトをクロールした後にコンテンツが変更されたかどうかをサーバーから Google に通知し、 帯域幅や負荷を軽減できます。
●ウェブ サーバーの robots.txt ファイルを活用する。 このファイルでは、クロールを実行するディレクトリと実行しないディレクトリを指定できます。 誤って Googlebot クローラがブロックされることのないよう、このファイルにサイトの最新の状態が反映されていることを確認してください。 サイトへのロボットのアクセスを制御する方法については、次の URL (英語) をご覧ください。 http://www.robotstxt.org/wc/faq.html Google ウェブマスター ツールの robots.txt 分析ツール を使用して、robots.txt ファイルを正しく使用しているかテストできます。
●コンテンツ管理システムを導入する場合は、検索エンジン スパイダーがサイトをクロールできるように、システムからコンテンツをエクスポートできることを確認する。
●robots.txt を使用して、検索結果ページや、検索エンジンからアクセスしたユーザーにとってあまり価値のない他の自動生成ページをクロールしないよう制御します。


▲ ページトップへ

品質に関するガイドライン

この品質に関するガイドラインでは一般的な偽装行為や不正行為について説明しましたが、ここに記載されていない不正行為についても、Google では不正とみなして対応することがあります (有名なウェブサイトのつづりを少し変えただけの名前で登録するなど)。 Google では、ご案内を行っていない不正行為についても厳しく対処します。 抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを厳守することで、ユーザーの利便性も高くなり検索結果の上位に表示されるようになります。

Google の品質に関するガイドラインに従っていないと思われるサイトがありましたら、下記の URL までご報告ください。 https://www.google.com/webmasters/tools/spamreport?hl=ja 手動による不正行為対策を最小限に止めるため、Google ではこれらの問題に対して自動化された解決方法の開発に努めています。 お送りいただいた情報は、不正行為を検出および防止するためのアルゴリズムの開発に役立たせていただきます。

品質に関するガイドライン - 基本方針

リンク プログラムに参加しない。 特にウェブ スパマーや不正なウェブサイトへのリンクは行わないでください。これらのリンクにより、サイトのランクが下がることがあります。
●プログラムの送信や掲載順位の確認に不正なコンピュータ プログラムを使用しない。このようなプログラムはリソースを消費し、Google の利用規約に違反します。 Google は、自動化またはプログラム化されたクエリを Google に送信する
WebPosition Gold™ のような製品の使用は推奨していません。

品質に関するガイドライン - 具体的なガイドライン

隠しテキストや隠しリンクを使用しない。
クローキングや不正なリダイレクトを行わない。
自動化されたクエリを Google に送信しない。
コンテンツに関係のないキーワードをページに記載しない。
●複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツをを公開しない。
ウイルス、トロイの木馬、その他マルウェアをインストールするページを作成しない。
検索エンジン用の誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテンツがほとんどないアフィリエイト プログラムを使用しない。
●アフィリエイト プログラムに参加している場合は、サイトを訪れるユーザーにとって価値がある内容であるか確認する。 独自性や関連性があるコンテンツを提供して、ユーザーがサイトを訪問するようにする。

サイトが上記のガイドラインに従っていない場合は、ガイドラインに沿ってサイトを修正し、再審査リクエストを送信してください。


▲ ページトップへ

Google の機能をウェブ上のどこからでもご利用いただけます。

untitled.bmp PageRank™ 表示
ツールバーの PageRank™ は Google によるそのサイトの重要度についての判断をお知らせします。コンテンツを読む前にウェブサイトの価値をご確認いただけます。無料ですので是非使ってみてね~!!

toolbarv4.gif

googleツールバー機能詳細はこちらから
googleツールバーダウンロードはこちらから

▲ ページトップへ

powered_by_google_135x35.gif

Google と相性の良いサイトを作成するためのヒント

行っていただきたいこと

ユーザーが探している情報を提供する
サイト内、特にホームで質の高いコンテンツを提供することが、 最も重要です。 サイトを訪れるユーザーにとって有用な情報が含まれていれば、サイトの人気が上昇して他のサイトからリンクされるようになります。 情報に富んだサイトを作成するには、それぞれのページでトピックをわかりやすく正確に記述します。 ページを検索するときにユーザーがどのような言葉を入力するかを考慮して、その言葉をサイトで適切に使用します。

他のサイトからリンクが貼られるようにする
他のサイトからリンクが貼られていると、クローラがサイトを見つけやすくなり、Google の検索結果で表示される可能性が高くなります。 Google では、検索結果の表示において、ページの重要度を示す独自の指標 PageRank と高度なテキスト マッチ技術を組み合わせて使用し、それぞれの検索に重要かつ関連性のあるページを表示しています。 PageRank 評価の一環として、ページ A からページ B へのリンクをページ A からページ B への票として解釈し、1 つのページが獲得した票数を計算します。「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価され、それを受け取ったページを重要なサイトとして判断します。

Google のアルゴリズムでは、自然リンクと人工リンクが区別されます。 サイトへの自然リンクは、ウェブの動的な性質の一環として、他のサイトがユーザーにとって便利で価値があると判断した場合に増えていきます。 人工リンクは、検索エンジンに対してサイトの人気を高める目的で配置されます。 リンク プログラムや誘導ページのような、これらのタイプのリンクについては、ウェブマスターの向けのガイドラインをご覧ください。

サイトのインデックス登録やランキングで有効なのは、自然リンクのみです。

サイトを簡単にアクセスできるようにする
サイトを論理的なリンク構成で作成します。 各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。

Lynx などのテキスト ブラウザでサイトを確認します。 Lynx で表示できるサイトであれば、ほとんどのスパイダーで検出できます。 JavaScript、cookie、セッション ID、フレーム、DHTML、Macromedia Flash などの機能が使われていると、テキスト ブラウザではサイト全体が表示されません。この場合、スパイダーによるクロールが困難になる可能性があります。

動的なページがある場合は出来るだけ静的なバージョンも作成してください。 Google のインデックスには動的なページも登録されますが、動的なページは Google インデックスのほんの一部です。 URL に疑問符を含むページなど、動的に生成されるページによってクローラの問題が発生していると考えられる場合は、これらのページの静的なコピーも作成することをお勧めします。 静的なコピーを作成した場合、robots.txt ファイルに動的なページを忘れずに追加してください。追加されていないと、重複したページとして扱われることがあります。

避けていただきたいこと

ページにキーワードを一覧で表示したり、クローキングを行ったり、「クローラ用」のページを用意しないでください。 ユーザー向けでないページ、リンク、テキストがサイトに含まれる場合、Google ではそれらを不正と判断し、サイトを登録しないことがあります。

ウェブサイト運営者様には - AdSense で収益向上



サイトのコンテンツを活用して広告収入を得ることが可能です。サイト訪問者に、内容に関連性の高い商品やサービスの情報を提供することで、サイトに収益をもたらします。

AdSense 詳細はこちら
AdSense ヘルプ センター