パチンコの大負け時の心理
パチンコの大負け時の心理
だれしも打つ以上は大負けするときがあるだろう。そんなときついつい熱くなってしまっているかもしれない。 投資がかさんでくると焦りが産まれる。焦りは冷静な判断力を損なわせる。 なかなか当たらないときは危険である。とりあえず当たっときたいという気持ちが大きくなり 当たらない限りは止められなくなる。そういうときに限ってまったく当たらないだろうから このスパイラルは進んでゆくのである。それを防ぐには最初から予算は決めておいて カードなどももって行かないしかない。あるいは負けている段階で身を引くエネルギーが要される。 ちなみに負けている段階で身を引くという行為はパチンカーならわかるとは思うが とてつもないエネルギーを要する。もしかして当たるかもしれないという気持ちを振り切る必要性があるからだ。

負けたときでも打っていると当たるかもしれない当たると心理的負荷が軽減する。それが単発でもだ。 単発で得た1500発でいくらか遊べるかもしれないし、そのもち球でまた当たるかもしれないという 心理が産まれる。 強い付加がかかるのはまさに止めたときである。そこには負けた現実と投資した負債のみである。 それを素直に受け入れなければならない。もうパチンコは終わっているため、負けという事実は 避けようがないのである。それを受け入れる心の強さが要されるのだ。 これが負け方だと思う。いかに楽しんでいる段階で身を引くかが大切である。 もし少ない投資で負けることが出来れば次回への軍資金にもなるし割安である。 ここで熱くなって次回の軍資金にまで手を出すとより大きな投資をしなければならなくなる。

予定どおりの投資で負けることが出来れば勝ちだと思う。自分自身に勝ったのだ。 あなたも自分に勝つパチンコを目指して欲しい。

パチンコオカルト、パチキャライラスト等 :TOP