手の温度と爪の長さ


片手プレイにおいて、手の温度と爪の長さは重要なものです。

冷たいと全然指が動きませんし、爪が長いと押しづらいうえに引っかかって怪我をする可能性もあります。

 

寒い時期は、暖かい飲み物やポップンで手を十分に暖めてからやりましょう。

足が冷えると体の温度を保つために手足の血管が収縮するので、

家庭用の場合は室内で靴下を履くのもいいと思います。

 

爪は、鍵盤に当たらないぐらいがいいでしょう、

特に中3などは爪が長いとやりづらいと思いますし、

親指は爪が当たるので長さが違うと感覚が変わり支障がでます。

 

戻る