○○がクリアできません。○段がとれません


たまにある質問なのですが、

「○○ができません、どうすればいいでしょうか?」

という問いに対しては私はこう言っています。

 

出来ないことに関してもっと詳しく見てください。

例えば「○段ができません」だとしましょう。

段位を獲得するためには特定の4曲のBPを減らすことが必要ですね。

4曲の中で1つの曲ができないのか、それとも全体的にできないのか。

「全体的に」の場合はまだ地力も全体的に足りていないということですね。

実力に見合った曲を継続的に練習することで1歩前に進めるはずです。

自分の運指を見直しつつ経験を重ねましょう。

「1つの曲が」の場合はその曲のどの部分ができないのか考えましょう。

「その曲が全体的に階段譜面で叩けない」

の場合は階段の運指を見直して練習。

階段と例えましたが、同時押しなどでも同じようなことですね。

指が間に合わないなども同じです。

譜面がさっぱりわからない場合はひとまず段位はおいときましょう。

 

段位ではなくても「○○(曲名)ができません」なども同じです。

その曲のどこが出来ないのか、小節単位、譜面単位に分解していけば、

目的達成のために何が必要なのかわかるはずです。

あとは、出来ない部分は今の運指でいいのか考えてひたすら練習です。

 

「○○ができない」には主に

運指・指の体力・指の速度 ・譜面認識力

という原因がありますが「運指」以外の3つは反復練習が対策になります。

運指に関しても、新しい運指を練習するなり現状維持で磨きをかけるなり、

どちらにせよ反復練習になります。

 

 

同じような質問でこのようなものもあります。

「○段なんですが良い練習曲は、ありますか?」

まず、あなたは何を練習したいのですか?

それがわからないと的確な練習曲なんてわかりません。

地力上げでしたら、実力に見合った曲を継続的に練習するのが良いと前述しました。

自分で考えるだけでは不安ですし、質問することは悪くありません。

ですが、このような質問をするときには、練習目的や実力ぐらいはなるべく細かく伝えましょう。

そうでないと答える側も困ってしまうと思います。

あと、CSの有無も伝えたほうがいいですね。

 

戻る