本文へジャンプ
クラブ規約
長崎囲碁研究会 会則事項

(名 称)
第1条 本会の名称は、長崎囲碁研究会とする。
(事務所)
第2条 本会の事務所は、長崎市銅座町1−2 長久ビル2F 囲碁クラフ゛長崎中央 内に置く。
(目 的)
第3条 本会は、会員相互の親睦と棋力の向上及び囲碁の普及をはかることを目的とする。

(事 業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行なう。
(1) 定例研究会 (毎週木曜日) の開催
(2) 名人戦・王座戦・特別棋戦等の開催
(3)他のアマチュア囲碁団体との親善対抗戦の開催
(4)その他会に必要な事項

(会 員)
第5条 本会は、会員、名誉会員、及び賛助会員をもって構成する。

2 本会への入会については、別に定める基準によるものとする。
(会 費)
第6条 本会の会費は、次のとおりとする。
(1) 入会金   10、000円
   ただし、児童、生徒は半額とし、賛助会員及び招待による入会者の入会金は徴収しない。
(2) 入会金は、退会する場合に返却しない。
(3) 会 費    1ヶ月   3,000円
   ただし、児童、生徒及び休会員は半額とし、賛助会員は徴収しない。
(4) 賛助会員は、本会へ応分の賛助を行なう。

(役 員)
第7条 本会に、次の役員をおく。
(1) 名誉会長     1名 (会を象徴する。)
(2) 会   長     1名 (会を代表する。)
(3) 副会長       2名以内(会長を補佐し、会長に事故あるときは代理する。)
(4) 幹事長      1名 (会の運営を統括する。)
(5) 副幹事長     2名以内(幹事長を補佐し、幹事長に事故あるときは代理する。)
(6) 幹  事      3名 (会の運営に従事する。)
(7) 監査役      2名 (会の監査を行なう。)
(顧問及び相談役)
第8条 本会に顧問及び相談役を置くことができる。

(委員会)
第9条 本会に次の委員会を設ける。
(1)入退会審査委員会
(2)研究委員会
(役員会等)
第10条 本会の円滑な運営を図るため、次の役員会等を構成する。
(1) 幹事会 (幹事長、副幹事長及び幹事)
(2) 常任会議 (会長、副会長、幹事長、副幹事長、入退会審査委員長及び研究委員長)
(3) 役員会 (会長、副会長、幹事会、監査役、相談役及び委員会委員)

(役員の選出及び任期)
第11条 役員の選出及び任期は、次のとおりとする。
(1) 名誉会長
   総会選出、任期なし。
(2) 会長、副会長、幹事長、副幹事長、監査役、相談役及び委員会の委員会総会選出、任期2年
(3) 幹 事
   会員の互選、任期なし。
(4) 顧 問
   会長委嘱、任期なし。
2 役員の選出にあたっては、再任を妨げず、補充による就任は、前任者の残任期間とする。

(総 会)
第12条 本会は、毎月5月までに総会を開催する。
2  総会は、会長が招集する。 なお、会長が必要と認める場合は、随時に臨時総会を招集することができる。
3  総会の議長は、会長とする。

(会 計)
第13条 本会の運営にあたり、次のとおり罰則を設ける。
(1) 定例研究会に事前連絡なく欠席した場合は、1回につき、500円の罰金を徴する。
(2) 定例研究会の本戦出席率50%以下の場合は、1回の棋戦期間につき、1,000円の罰金を徴する。
(3) 定例研究会におけるオープン戦について、1回の棋戦期間の責任対局数を3局以上とし、2局以下の場合は
   500円の罰金を徴する。
(4) 本会の会員として、不遜であり、役員会が不適格と認めた場合は、本会から除名することができる。

(附 則)
第15条 本会則の改廃は、総会において出席者の過半数の同意を必要とする。
第16条 本会則は、昭和39年11月5日より施行する。