日本基督教団 鶴見教会 プロフィール
プロテスタント
歴史
 鶴見教会の歴史

1925年(大正14年)日本美普教会の決議により 日本美普教会鶴見講義所の伝道が開始された。大塚泉弥牧師高齢のため、神学生大橋昌丸が当たった。

1929年〜1938年 神学生松永徳次郎、水野正巳牧師(専任)今田強牧師(専任)伊藤与雄牧師(兼任)小泉要太郎牧師(兼任)

1939年(昭和14年)伊藤与雄牧師(兼任)

1942年(昭和17年)日本基督教団 横浜臨港教会

1958年(昭和33年)日本基督教団 鶴見伝道所として再出発 牧師 露木昌一(専任) 宣教師 G.Kチャップマン

1959年(昭和34年)日本基督教団鶴見教会

1978年(昭和53年)露木牧師辞任

以後無牧となり 以下の協力牧師により牧会されている。

1979年〜1982年 伊藤忠利牧師

1982年〜1990年 大橋昌丸牧師 

1991年〜1998年 篠原貞雄牧師、篠原せつ牧師

1999年〜現在:吉田明美牧師 気仙三一牧師 伊藤地塩牧師 郷右近尚志牧師
 
 


トップページへもどる


直線上に配置