ラバージグ
初心者の私ですから、「使いこなす!」までには至っていませんが、恥をさらしてまであえて、ラバージグのタイプとその使い方(特に陸っぱり)をご紹介致しますので、これを読んで釣れなくても予めご了承ください。

先輩方で、甘い!もっと必殺技があるぞ!っという方いましたら、こっそりメールください。(^^ゞ

初心者の方には、
「スプリットショット・リグ」のコーナーへどうぞ...(^_-)-☆

【タイプ】 【使用方法】 【カラー】 【その他】


ラバージグのタイプ
ラバージグとは、フックに鉛の付いたジグに、ラバースカートを巻き付けただけのシンプルな構造のリグ(仕掛け)です。ラバージグは、大別して以下の2タイプに分かれ、用途に応じて使い分けます。
  1. アーキタイプ」〜根掛かり防止用に、フックの前にガードが付いたタイプ。
    つまり、根掛かりの多いストラクチャーを攻める場合に用い、陸っぱりでメインに使用するタイプ。3/8oz以下が主。<写真手前>
  2. フットボールタイプ」〜フットボール型ヘッドを持ち、ガードが無いタイプ。
    根掛かりの少ない水深のある杭やブレイク,浚渫などを攻める場合に使用し、
    割と早い動きで使用する為、やや重めの3/8oz以上が多用される。<写真奥>
           
ラバージグの使用方法
@はじめに
トーナメントのウイニングルアーとして必ずと言って良いほど登場するのが、このラバージグではないでしょうか? と同時に、ビッグフィッシュ・ゲッターである様にも感じられませんか??
つまり、スプリットショットで子バスを取っていた私にとって、一回り大きいバスが取れそうな一種の「憧れ」が、ラバージグにはあったのです。

しかし、ジグにラバースカートを巻き付けただけのシンプルなルアーである為に、「ただ巻きで釣れる!」っと言った代物では決してありません。アングラーのロッド操作でアクションを「作り出していく」しかなく、
操作の上手い下手がそのまま釣果に結びついてしまうルアーなのです。
こう言うと、非常に難しい扱いずらいルアーの様に感じられるかもしれませんが、本の受け売りも交ぜて私が思うに、
ラバースカートの正体が「バスに見抜かれにくい!」のだと考えます。
つまり、
ラバースカートが、ザリガニや小魚の様な捕食物にも、正体不明な反射食いの対象物にも自在に変身してしまうのでしょう!(^○^)
っという事は、バスの鼻先をラバジが通過すれば、その両方からのバイトチャンスがあるのだと考えます。
実際に使用してみると直ぐに実感しますが、
ラバージグは、以外にも速攻性のあるルアーなのです。

何はともあれ、まずはバスの鼻先に、ラバージグを落としてみましょう!!

Aタックル
陸っぱりでは、3/8oz以下をメインとし、ミディアム〜ミディアムヘビーの感度の良いファーフトテーパーの6〜6.6ftのロッドを使用します。ラインは、カバーの濃さによって使い分け、私の場合12lbのフロロカーボンを標準にして使用しています。
ボートでは、3/8oz以上がメインとなるため、ミディアムヘビー〜ヘビーのロッドが、必要になってきます。(5.8ft程度のロッドを使用する場合もあります。)
リールは、ピッチングがしやすく、カバーから引きずり出しやすいハイスピードの物を使用します。手回しの良い左ハンドルを使用するのもベターです。
以上、あくまで推奨品っという事で...(^^ゞ

Bドックでの使用方法
バスは、障害物にタイトに付きます。そして意外にも足元に居るものです。
つまり、ドックの外および内側のヘチや石積みのヘチに付いています。その
「ヘチ」に沿って、そ〜っとラバージグを落としてあげます。
まさに、「落とす」だけです。余計なテクニックは必要無し!
(このテクニックは、春〜夏に特に有効です。)
使用するラバージグは、
3/8oz以下のアーキタイプを基本に、根掛かりが少なければ、フットボールを使用するのも可です。
丹念に小間隔で、バスの鼻先にラバジを置くイメージで、落としていきます。
ドック内の船と船の隙間にも有効です。ねちねち常るより、まずラバジを落としてみるのも一つの手かと思います。

手順は、ラバジをフリーフォールで落としていくと、「すートンッ」といった感じで着底し、この着底と同時にバイトが集中します。又は、落ちていく途中にラインが「スー」っと横に走ったりします。着底後バイトが無い場合、ロッドティップを「チョンチョン」っと2,3回あおってあげます。これをやってもバイトが無ければ、そこにバスが居ないものと判断し、ピックアップして、次(約50cm先)の所に落としていきます。

Cアシ際での使用方法
秋の増水時または夏のシェードとして有効なのが、「アシ(葦)」です。
使用するラバージグは、やはり
3/8ozのアーキタイプがメインで、カバーの濃さに応じて、重さを調整します。
アシ攻略=
釣果は、ピッチングの精度に比例するっと言っても過言ではないでしょう!
広いアシ原の中で、強い日陰になったワンド状のアシの根本でだけ釣れるっといったパターンが存在するくらいですから、そのアシの根本にラバジを送り込めなければ、釣れないっということになってしまいます。
目的のポイントへ正確に、そして静かにラバジを送り込んであげれば、後の手順はBのドックでの使用方法の場合と同じです。
そして、もう一つのポイントは、粘らず次々にラバジを送り込んでいく、
まさに「撃つ!」ことです。

D杭での使用方法
ここで紹介する杭は、ブレイク沿いや沖に点在する比較的水深のある場所に位置する杭や鉄柱の事であり、使用するラバージグは、水深やバスの位置,活性の高さ,カバーの濃さ等によって、1/4ozのアーキタイプ〜1/2ozのフットボールタイプまで、
様々なタイプを使い分けます。
霞の場合、通常1/2ozのフットボールタイプをメインに使用し、杭より50cm〜1m先に落として、着底後杭の真下をタイトに通過する様に、ラバジを撃っていきます。
杭では、この
「タイトに!」が重要なポイントでして、釣果を左右します。
手順としてはBのドックでの使用方法の場合とほぼ同じですが、フリーフォールが有効な時やカーブフォールが有効な時,ボトムバンプが有効な時,シェイクが有効な時,ステイが有効な時....季節や状況によって様々です。
但し、冒頭にも述べた様に、ラバジは速攻性のあるリグですから、粘らずバスが付いている杭を目指してどんどん撃っていく事が最も重要な事だと考えます。(^○^)

E浚渫での使用方法
浚渫の攻めは、非常に未熟ですが、一応...
大山の浚渫に代表される様な、底質が堅い深場がメインとなり、霞・北浦でのボートフィシングにおいて、外す事が出来ないポイントです。北浦には、陸っぱりでもどうにか届く場所もあります。ここでは、ゴツゴツと感じる所を探して、「コンッ」や「ググッ」っといった当たりを感じたら、「アワセ」を行います。とくかに、
常にボトムを感じ取ってよりハードなボトムを探しながら、釣って行くのが、コツです。

 

ラバージグの色&トレーラーの色
結論から言えば、ラバーの色もトレーラーの色も、最終的には、自分の好みによります。

一般的には、黒ベースにパープルやウォーターメロン,茶なんかを、プラスします。
私のお気に入りも、
黒+パープルです。
ちなみに写真のラバージグは、どちらも自作であり、組み合わせる色やラバーの量、長さetc全て私の最高の好みで仕上げられています。(^^ゞ

トレーラーには、ちょっと気を使います。メインは、4インチグラブですが、ボディーを深く刺す場合やチョン掛けする場合など様々です。その他、ケイテックのカスタムトレーターやWテールグラブ。BIGバス対応用には、6インチWテールグラブやジャンボグラブ,パドルやリザードなど、実に様々なトレーラーを使用します。しかし、どのトレーラーを選択すべきかは、状況に応じて判断する!っとしか言えません。是非、色々試してみてください。
そしてトレーラーの色も「これっ」といった特定色が効く訳ではなく、
ラバーの色と一体感を持たせるのが一般的です。

 

その他
どのリグに関してもそうですが、ラバージグが万能ルアーな訳では決してありません。
あくまで、ある状況下で、効果的に効くルアーの一つでしかありません。
従って、スピナーベイトの方が、適切な状況下の場合も十分にありますし、ワームでのテキサスリグの方がずっと良い場合もあります。

しかし、私が1年を通じてラバージグを使ってみた結果、動かし方等をちょっと変えれば、春でも夏でも、そしてデッドスローに引けば、真冬でさえも、十分に威力を発揮してくれるルアーである事が判りました。
ある意味、アングラーの意志によって如何様にも化けさせられるルアーなのかもしれません。まだまだ未知の使い方がある気がします。

もっと効果的な使い方を発見しましたら、是非、私にも教えてください!!(^○^)

 

*質問等は、イガケンまで、メール下さい♪


ホーム戻る