[Yuki's Top Page]
[English] [Japanese]

五十嵐 悠紀 (旧姓:森) 研究業績一覧


学術論文誌

  1. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Jun Mitani. "Computational Design of Iris Folding Patterns" Computational Visual Media, 2016. DOI 10.1007/s41095-016-0062-4

  2. Man Zhang, Yuki Igarashi, Yoshihiro Kanamori, Jun Mitani. "Component-based Building Instructions for Block Assembly" Computer-Aided Design and Applications, Pages 293-300, Published online: 17 Oct. 2016. http://dx.doi.org/10.1080/16864360.2016.1240450.

  3. Yuki Igarashi, Jun Mitani, "Weavy: Interactive Card-Weaving Design and Construction," IEEE Computer Graphics and Applications, vol. 34, no. 4, pp. 22-29, July-Aug. 2014, doi:10.1109/MCG.2014.77

  4. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi and Jun Mitani. Beady: Interactive Beadwork Design and Construction. ACM Transactions on Graphics (Proceedings of SIGGRAPH 2012), Volume 31, Issue 4, Article No. 49, Los Angels, USA, August 2012. PDF

  5. Yuki Igarashi and Hiromasa Suzuki. "Cover Geometry Design using Multiple Convex Hulls." Computer-Aided Design, Volume 43, Issue 9, September 2011, pp.1154-1162. PDF

  6. Yuki Igarashi. "DECO: A Designing Editor for Rhinestone Decoration." IEEE Computer Graphics and Applications, September/October 2011 (vol. 31 no. 5), pp. 90-94, 2011. PDF

  7. Yuki Igarashi and Takeo Igarashi. "Holly: A Drawing Editor for Designing Stencils." IEEE Computer Graphics and Applications, July/August 2010 issue (vol.30, No.4), pp.8-14. PDF

  8. Yuki Igarashi and Takeo Igarashi. "Designing Plush Toys with a Computer." Communications of ACM, Volume 52, Issue 12, pp.81-88, December, 2009. PDF

  9. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Hiromasa Suzuki. "Interactive Cover Design Considering Physical Constraints." Computer Graphics Forum (Proceedings of Pacific Graphics 2009), Vol.28, No.7, pp.1965-1973, Jeju, Korea, Oct. 2009. PDF

  10. Takeo Igarashi and Yuki Igarashi. "Implementing As-Rigid-As-Possible Shape Manipulation and Surface Flattening." Journal of Graphics, GPU, & Game Tools, A.K.Peters, Volume 14, Number 1, pp.17-30, ISSN:2151-237X, June, 2009. (without talk) PDF

  11. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Hiromasa Suzuki. "Knitting a 3D Model." Computer Graphics Forum (Proceedings of Pacific Graphics 2008), Volume 27, Number 7, pp.1737-1743, ISSN 0167-7055, Tokyo, Japan, Oct. 2008. PDF Cover Image

  12. Yuki Mori, Takeo Igarashi, Ryo Haraguchi, and Kazuo Nakazawa. "A Pen-based Interface for Generating Graphical Reports of Findings in Cardiac Catheterization." Methods of Information in Medicine, 2007;46(6) pp.694-699. (ISSN 0026-1270) (without talk) PDF

  13. Yuki Mori, Takeo Igarashi. "Plushie: An Interactive Design System for Plush Toys." ACM Transactions on Graphics (Proceedings of SIGGRAPH 2007), vol.26, No.3, 45:1-8, San Diego, USA, August 2007. PDF


査読付き国際学会(Papers, not Journal Papers)

  1. Man Zhang, Yuki Igarashi, Yoshihiro Kanamori, and Jun Mitani, "Component-based Building Instructions For Block Assembly", the 13th annual International CAD Conference (CAD16), Vancouver BC, Canada, June, 27-29, 2016.

  2. Man Zhang, Yuki Igarashi, Yoshihiro Kanamori, and Jun Mitani. Designing Mini Block Artwork from Colored Mesh. In Proceedings of SmartGraphics 2015. Lecture Notes in Computer Science, vol 9317. Springer. DOI: 10.1007/978-3-319-53838-9_1

  3. Yuki Igarashi and Hiromasa Suzuki. "Designing a new toy to fit other toy shapes - A shape-matching toy design based on existing building-blocks -" . The 14th International Conference on Geometry and Graphics, Kyoto Japan, August 5-9, 2010. PDF, abstract

  4. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi. "Pillow: Interactive Flattening of a 3D Model for Plush Toy Design." Lecture Notes in Computer Science, Springer (SmartGraphics 2008), Vol. 5166/2008, pp.1-7, ISBN:978-3-540-85410-4, Rennes, France, August 2008. PDF

  5. Yuki Mori, Shigeo Takahashi, Takeo Igarashi, Yuriko Takeshima, Issei Fujishiro. "Automatic Cross-Sectioning based on Topological Volume Skeletonization," Lecture Notes in Computer Science, Vol. 3638, Springer, (SmartGraphics 2005), Munich, Germany, 22-24 August, ISBN:978-3-540-28179-5, pp.175-184, 2005. PDF

査読付き国際学会(Short papers and Posters)

  1. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Jun Mitani. "Computational Design of Iris Folding Patterns" Pacific Graphics 2016 Short Papers, 12 Oct. 2016. PDF

  2. Yuki Igarashi, Tsubasa Hiyama and Kaoru Arakawa. "An Interactive System for Original Necklace Design." ACM SIGGRAPH 2016 Posters, Anaheim, Jul. 2016. PDF

  3. Yuki Igarashi and Jun Mitani. "Patchy: An Interactive Patchwork Design System." ACM SIGGRAPH 2015 Posters, Los Angeles, Aug. 2015. PDF

  4. Yuki Igarashi and Jun Mitani. "Interactive Card Weaving Design and Construction." ACM SIGGRAPH 2013 Talks, Anaheim, Jul. 2013. PDF

  5. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi and Jun Mitani. "Interactive Hexagonal Mesh Editing for Beadwork Design". ACM SIGGRAPH Asia 2012 Posters, Singapore, Dec. 2012. PDF

  6. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi and Jun Mitani. "Beady: Interactive Beadwork Design and Construction" . ACM SIGGRAPH Asia 2011 Technical Sketch, Hong Kong, Dec. 2011. PDF

  7. Yuki Igarashi. "DECO: A Designing Editor for Line Stone Decoration" . ACM SIGGRAPH 2010 Poster, L.A., July 2010. PDF

  8. Yuki Igarashi and Hiromasa Suzuki. "Designing a new toy to fit other toy pieces - A shape-matching toy design based on existing building-blocks -" . ACM SIGGRAPH 2010 Poster, L.A., July 2010. PDF

  9. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi. "Holly: A Drawing Editor for Stencil Design." International Symposium on Non-Photorealistic Animation and Rendering (NPAR) 2009 Poster, New Orleans, Louisiana, USA, Aug. 2009. PDF

  10. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Hiromasa Suzuki. "Automatically Adding Seam Allowance to Cloth Pattern." SIGGRAPH 2008 Late-Breaking Program, Los Angeles, USA, August 2008. (ACM Student Research Competition Semi Finalist) PDF Poster

  11. Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Hiromasa Suzuki. "Knitty: 3D Modeling of Knitted Animals with a Production Assistant Interface." Eurographics 2008 Annex to the Conference Proceedings (ISSN 1017-4656), pp.187-190, April 2008. PDF

  12. Yuki Mori, Takeo Igarashi, Ryo Haraguchi, and Kazuo Nakazawa. "A Pen-based Interface for Generating Graphical Reports of Findings in Cardiac Catheterization." Eurographics 2007 Short Papers and Medical Prize Awards proceedings, Prague, Czech Republic, ISSN:1017-4656, pp.121-123, September 2007. (the Eurographics 2007 Medical Prize Award (2nd Place) 受賞) PDF

  13. Yuki Mori, Takeo Igarashi. "Pillow: Interactive Pattern Design for Stuffed Animals." DVD publication at SIGGRAPH 2006 Sketches & Applications, Boston, USA, August 2006. PDF

  14. Yuki Mori, Shigeo Takahashi, Takeo Igarashi, Yuriko Takeshima and Issei Fujishiro.: "Automatic Cross-Sectioning Using 3D Field Topology Analysis." DVD publication at SIGGRAPH 2005 Posters, L.A., August, 2005. (ACM Student Research Competition Grand Finalist受賞) PDF Poster


国内ジャーナル

  1. 五十嵐悠紀,檜山翼,荒川薫.「ネックレスデザインのためのインタラクティブシステム」画像電子学会誌 第45巻 第3号 通巻237号 (2016年7月号), pp.350-358. link

  2. 五十嵐悠紀,三谷純: 「カード織りのためのテキスタイルデザインおよび制作支援」,芸術科学会論文誌 Vol.13, No.2, pp.97-106, 2014.

  3. 五十嵐 悠紀,鈴木 宏正: 「創造的家庭科学習教材を目指した初心者向け立体手芸設計支援システム」, 日本図学会学会誌『図学研究』,第46巻1号(通巻135号),(平成24年3月),pp.11-18,2012.

  4. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫: 「Holly:ステンシルデザインのためのドローエディタ」, 情報処理学会論文誌,Vol.53, No.3 (2012年3月), pp.1119-1127, 2012. PDF

  5. 五十嵐 悠紀,鈴木 宏正: 「複数の凸包を用いたカバー形状生成」, 精密工学会誌,77巻11号(2011年11月5日発行), pp.1033-1038, 2011. PDF

  6. 五十嵐 悠紀, 五十嵐 健夫,鈴木 宏正: 「あみぐるみのための3次元モデリングと製作支援インタフェース」, 日本ソフトウェア科学会論文誌 『コンピュータソフトウェア』Vol.26, No.1(2009年2月号), pp. 51-58, 2009. PDF 日本ソフトウェア科学会第15回論文賞受賞

  7. 森 悠紀,五十嵐 健夫,原口 亮,大川 常吉,吉田 達雄,稲田 紘,中沢 一雄: 「心臓カテーテル検査におけるグラフィカルで効率的な所見入力を可能にした 電子カルテ・インタフェースの開発」, 医療情報学, 2006: 26(3), pp.169-175. PDF

  8. 森 悠紀,高橋 成雄,五十嵐 健夫,竹島 由里子,藤代 一成: 「ボリュームデータの位相構造に基づく自動断面生成」, 画像電子学会 ビジュアリゼーション特集号, Vol.35, No.4, pp.252-260, ISSN:0285-9831, 2006. PDF


書籍

  1. IT研究者のひらめき本棚 ビブリオ・トーク:私のオススメ,情報処理学会会誌編集委員会 (編集),近代科学社,2017/9/26発売.ISBN 978-4764905481.

  2. AI世代のデジタル教育 6歳までにきたえておきたい能力55, 五十嵐悠紀.河出書房新社,2017年6月23日発売.ISBN 978-4309253671.

  3. "ソーシャルメディア論 -つながりを再設計する-",藤代 裕之, 他.青弓社,2015年10月22日発売. ISBN978-4-7872-3391-2

  4. 山本 醍田, 鈴木 健太郎, 小口 貴弘, コ吉 雄介, 白鳥 貴亮, 向井 智彦, 五十嵐 悠紀, 岡部 誠, 森本 有紀, 上瀧 剛, 坂東 洋介. "Computer Graphics Gems JP 2015 -コンピュータグラフィックス技術の最前線-" , 株式会社 ボーンデジタル, 2015年9月12日出版(Chapter8 スケッチインタフェース 担当)ISBN:978-4-86246-292-3.[Amazon へのリンク]

  5. 金森 由博、井尻 敬、堀田 一弘、五十嵐 悠紀、コ吉 雄介、安田 廉、山本 醍田、向井 智彦、梅谷 信行. "Computer Graphics Gems JP 2013/2014 -コンピュータグラフィックス技術の最前線-", 株式会社 ボーンデジタル, 2013年12月下旬出版予定(Chapter4 ファブリケーション 担当)ISBN:978-4-86246-219-0.[Amazon へのリンク]
    PDF版 2013年8月出版
    (表紙担当)

  6. "Artery Bypass" Edited by Wilbert S. Aronow, ISBN 978-953-51-1025-5, Hard cover, 535 pages, Publisher: InTech, Published: March 13, 2013. (Chapter 20:"Graphical Finding Reports on Cardiac Catheterization", Authors: Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Ryo Haraguchi and Kazuo Nakazawa.) PDF

  7. 三谷 純,五十嵐 悠紀,岩崎 慶,徳吉 雄介,吉澤 信,高山 健志,岡部 誠,向井 智彦,山本 醍田,梅谷 信行,安東 遼一,原田 隆宏. "Computer Graphics Gems JP 2012 -コンピュータグラフィックス技術の最前線-", 株式会社 ボーンデジタル, 2012年8月 出版(Chapter2 平面展開 担当)ISBN:978-4-86246-185-8. [Amazonへのリンク]


国内発表 査読あり

  1. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫,原口 亮,中沢 一雄: 「冠動脈シェーマに基づいた心臓カテーテル検査所見入力のための電子カルテ・インタフェース」, 第20回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2012), 青森県, 2012年12月6-8日.PDF

  2. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫,三谷 純:「インタラクティブなビーズデザインと制作支援」, 第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2011), pp.48-53,京都天橋立, 2011年12月1-3日. PDF

  3. 五十嵐 悠紀:「インタラクティブなラインストーンデザイン」, 第18回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2010), pp.59-64, 福島県, 2010年12月1-3日.PDF

  4. 五十嵐 悠紀,鈴木 宏正:「複数の凸包を用いたカバー形状生成」, Design シンポジウム 2010, 東京,2010年11月25-26日. PDF

  5. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫:「ステンシルデザインのためのドローエディタ」, Design シンポジウム 2010, 東京,2010年11月25-26日. PDF

  6. 五十嵐 悠紀,鈴木 宏正:「複数の凸包を用いたカバー形状生成」, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2010 予稿集 , 神奈川県,2010年6月26-27日. PDF

  7. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫:「ステンシルデザインのためのドローエディタ」, 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2009), pp.57-62, 静岡, 2009年12月 (ISSN:1341-870X No.63).論文発表賞受賞 PDF

  8. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫,鈴木 宏正:「機能性を考慮したインタラクティブなカバーデザイン」, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2009 予稿集 , 北海道,2009年6月. PDF

  9. 五十嵐 悠紀, 五十嵐 健夫,鈴木 宏正: 「3次元モデルからのあみぐるみ生成」, 第5回デジタルコンテンツシンポジウム,千葉,2009年6月. PDF

  10. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫,鈴木 宏正:「3次元モデルからのあみぐるみ生成」, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2008 予稿集 , 東京,2008年6月. PDF

  11. 五十嵐 悠紀, 五十嵐 健夫,鈴木 宏正: 「あみぐるみのための3次元モデリングと製作支援インタフェース」, 第4回デジタルコンテンツシンポジウム,千葉,2008年6月. PDF

  12. 森 悠紀,五十嵐 健夫,鈴木 宏正:「あみぐるみのための3次元モデリングと製作支援インタフェース」, 第15回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2007), pp. 1-6, 長崎, 2007年12月 (ISSN:1341-870X No.53). PDF

  13. 森 悠紀, 五十嵐 健夫: 「ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな 型紙デザイン」, 第3回デジタルコンテンツシンポジウム,東京, 2007年6月. (船井賞受賞) PDF

  14. 森 悠紀,五十嵐 健夫: 「インタラクティブな型紙デザインシステムの空気膜造形への適用」, インタラクション2007,東京,2007年3月. PDF

  15. 森 悠紀,五十嵐 健夫: 「Pillow: ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな 型紙デザイン」, 第14回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワー クショップ (WISS2006), pp. 31-34, 岩手, 2006年12月. PDF

  16. 森 悠紀,五十嵐 健夫,原口 亮,大川 常吉,吉田 達雄,稲田 紘,中沢 一雄: 「冠動脈シェーマに基づいた心臓カテーテル検査所見入力のための 電子カルテ・インタフェースの開発とその改善」, 第26回医療情報学連合大会(第7回日本医療情報学会学術大会), 医療情報学, 26(suppl.), pp.990-992, 札幌,2006年11月. PDF

  17. 中沢 一雄,原口 亮,藤堂 貴弘,大森 健太,堀尾 秀之,永田 啓,杉本 喜久, 高田 雅弘,大和田 茂,森 悠紀,五十嵐 健夫: 「電子カルテのためのベクトルシェーマの試作と有効性の検討」, 第26回医療情報学連合大会(第7回日本医療情報学会学術大会), 医療情報学, 26(suppl.), pp.997-998, 札幌,2006年11月. PDF

  18. 森 悠紀,五十嵐 健夫,原口 亮,大川 常吉,吉田 達雄,稲田 紘,中沢 一雄: 「心臓カテーテル検査におけるグラフィカルで効率的な所見入力を可能にした 電子カルテ・インタフェースの開発」, 第10回日本医療情報学会春季学術大会,神戸,2006年6月. PDF

  19. 森 悠紀,五十嵐 健夫,原口 亮,大川 常吉,吉田 達雄,稲田 紘,中沢 一雄: 「コロナリーシェーマに基づいて心臓カテーテル検査の効果的所見記載を可能にする 直観的インタフェースの開発」, 第45回日本生体医工学会大会, 福岡,2006年5月. PDF Poster

  20. 森 悠紀,五十嵐 健夫,吉田 達雄,大川 常吉,原口 亮,中沢 一雄: 「心臓カテーテル検査における所見記載および治療計画のための直感的なインタフェースの開発」, 電子情報通信学会研究会MBE研究会,電子情報通信学会技術研究報告 IEICE Technical Report, Vol.105, No.456, MBE2005-94,pp.9-12, 名古屋,2005年12月. PDF

  21. 森 悠紀,高橋 成雄,五十嵐 健夫,竹島 由里子,藤代 一成: 「位相構造に基づく自動断面生成」, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2005 予稿集 , pp.45-50, 長野,2005年6月. PDF


国内発表 査読なし

  1. 田中宏武,五十嵐悠紀.「VRを用いた立体図形問題の理解支援システム」情報処理学会インタラクション2018,東京都,2018年3月.(発表予定)

  2. 内海一希,五十嵐悠紀.「ネオンサインデザインのための支援システム」情報処理学会インタラクション2018,東京都,2018年3月.(発表予定)

  3. 池田 優希,五十嵐 悠紀.「ポーチの型紙製作支援システム」第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2017) デモ発表, 2017年12月6-8日. PDF

  4. 野嵜 悠花,五十嵐 悠紀,阿原 一志.「パッチワーク風キルト作成支援システム」第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2017) デモ発表, 2017年12月6-8日. PDF

  5. 坂本 あゆみ,五十嵐 悠紀.「Kinectを利用した着物の着付け支援システム」第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2017) デモ発表, 2017年12月6-8日. PDF

  6. 松村 遥奈,五十嵐 悠紀.「Bomy: ボンボン手芸を対象としたデザインおよび制作支援」第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2017) デモ発表, 2017年12月6-8日. PDF

  7. 土屋 知朗,五十嵐 悠紀.「感性言語を考慮した3次元シーンの生成システム」第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2017) デモ発表, 2017年12月6-8日. PDF

  8. 濱中由衣,平林翔,小松孝徳,橋本典久,五十嵐悠紀.「オノマトペのビジュアル化についての提案と試作」情報処理学会インタラクション2017,東京都中野区,2017年3月.

  9. 橋本怜実,五十嵐悠紀.「アクアビーズのためのデザインシステム」情報処理学会インタラクション2017,東京都中野区,2017年3月.

  10. 大塚康平*,岡本正晴*,五十嵐悠紀.「プロジェクションによるストレッチ支援システム」,情報処理学会インタラクション2017,東京都中野区,2017年3月.(*joint first authors)

  11. 松村遥奈,五十嵐悠紀.「Mascoty : 低年齢の子どもでも簡単にできる3D モデリングシステムの提案」,情報処理学会インタラクション2017,東京都中野区,2017年3月.

  12. 大和香穂*,小山智絵*,五十嵐悠紀.「MOOD ILLUMI:場の空気に合わせて変化するイルミネーションデザイン自動制御システム」,第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2016),滋賀県長浜市,2016年12月.(*joint first authors)

  13. 長嶋 麻里奈 , 中村 亜香梨 , 五十嵐 悠紀. 「DiaFall: ダイヤモンドダスト現象を体験するインタラクティブシステム」第78回全国大会講演論文集,2016(1),593-594 (2016-03-10) ,慶應大学矢上キャンパス.

  14. 五十嵐悠紀,檜山翼,荒川薫.「対話型進化計算を利用したネックレスデザインシステム」第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2015) デモ発表, 大分,pp.153-154, 2015年12月2-4日. PDF

  15. 五十嵐 悠紀,鈴木 宏正:「実物体と組み合わせる別物体をデザインする手法」, 第59回ヒューマンインタフェース研究会「インタラクションのデザイン(特集:デザインとアート)および一般」,ヒューマンインタフェース学会研究報告集(電子版)Vol.12, No.1, pp.79-82, 浜松,2010年3月4-5日.PDF

  16. 森 悠紀, 五十嵐 健夫: 「ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな型紙デザイン」, 平成19年度繊維学会年次大会総合発表,62巻1号(年次大会), pp.237-238 (ポスター発表 pp.314), 東京・タワーホール船堀, 2007年6月20-22日.

  17. 森 悠紀,五十嵐 健夫: 「ぬいぐるみゅーじっく:画像認識技術による日用品の個別認識を利用した 音楽操作インタフェース」, インタラクション2006,ポスター発表,東京,2006年3月. PDF Poster

  18. 森 悠紀,五十嵐 健夫: 「画像特徴抽出を用いた編み図作成システム」, インタラクション2006,ポスター発表,東京,2006年3月. PDF Poster

  19. 森 悠紀,高橋 成雄,五十嵐 健夫,竹島 由里子,藤代 一成: 「ボリューム骨格木に基づく自動断面生成」,第67回情報処理学会全国大会, 4Y-1,東京,2005年3月. PDF


招待講演・講義など

  1. 港区立男女平等参画センター リーブラ 働くまえに知っておきたい大学生向けジェンダー講座「常識にとらわれない働き方の新しいカタチ〜工学ママの働き方改革〜」2017年8月28日.

  2. 女子中高生夏の学校2016〜科学・技術・人との出会い〜 キャリア講演「コンピュータを用いた手芸設計支援」,2016年8月6日.国立女性教育会館(ヌエック).[URL]

  3. 平成27年度 お茶の水女子大学賞授賞講演会,第1回 黒田チカ賞「金賞」「コンピュータを用いたインタラクティブ3次元形状モデリングに関する研究」,お茶の水女子大学,2016年1月20日.

  4. 女性研究者による講演会「研究と育児と〜あきらめずに楽しむために未来図を描いてみよう〜」,電気通信大学,2015年10月13日.

  5. 日本ソフトウェア科学会第32回大会 FTD2015-JSSSTxIPA未踏 「コンピュータを用いた手芸設計支援」,早稲田大学,2015年9月9日.

  6. 夢ナビ LIVE2015 Tokyo「コンピュータを用いた手芸設計支援」, 東京ビッグサイト, 2015年7月11日.
    「コンピュータで作る理想のぬいぐるみとは」

  7. TechnoEdge & Girls Tech Fes , 『情報系研究者という仕事 〜モノづくりで生活を楽しく〜』,東京大学工学部,2015年3月29日.

  8. FIT 2014 『B-5:会誌「情報処理」編集委員会女子部 〜番外編!〜』,2014年9月3日,筑波大学,(茨城県つくば市).

  9. 鴎友学園女子中学高等学校 第79回創立記念式典 卒業生のお話 『情報系研究者という仕事 〜鴎友を卒業してからこれまで〜』 2014年5月24日.東京・世田谷区

  10. 研究集会「トポロジーとコンピュータ 2013」 招待講演,「Computational Handicraft」 2013年11月29日(金)-12月1日(日).明治大学 中野キャンパス.

  11. 文科省共催 SMART研究会「応用現代幾何学」招待講演,「デジタルデザイン技術を活用した手芸と工作」 2013年9月3日〜5日. 東北大学 青葉山キャンパス 情報科学研究科棟 2階大講義室

  12. 筑波大学 大学院授業「CGインタフェース特論」講義, 「コンピュータを用いた手芸設計支援」 2013年5月24日.

  13. (株)ドーモ 社内セミナー 「ユーザインタフェースデザイン」, 2013年2月26日.

  14. ユーザーを虜にするUI/UXとは!?−実務と学術の両面的視点から徹底解析!!−,講演者, レバレジーズ本社(渋谷ヒカリエ17階),2013年1月28日.リンク

  15. ABPro x TRANS ARTS TOKYO x ニコニコ学会β実験室, ゲストトーク「ぬいぐるみデザインシステムPlushieができるまで」, 旧東京電機大学校舎11号館「ニコニコ学会β 野生の研究者 実験室」, 2012年9月17日.リンク 報告記事

  16. 国立大学法人 東京海洋大学 博士人材キャリア開発プログラム H24年度第3回キャリアワークショップ, パネルディスカッション「博士の自己ブランディング」パネリスト,東京海洋大学 品川キャンパス,2012年9月25日. リンク

  17. 日本ソフトウェア科学会第29回大会 特別講演 「Beady:インタラクティブなビーズデザインと制作支援」 法政大学小金井キャンパス, 2012年8月22日(水).

  18. 「Beady:インタラクティブなビーズデザインと制作支援」 ,Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2012 (画像電子学会・情報処理学会・映像情報メディア学会主催), 招待講演,東京,2012年6月24日.

  19. 科学的教育グループSEG 卒業生サイエンスセミナー 研究紹介&公開インタビュー 「独自の発想で先端技術を身近なものに」〜CGで可能性を広げる研究者〜. 2012年1月22日.

  20. 日本ソフトウェア科学会第28回大会 特別講演 「あみぐるみのための3次元モデリングと製作支援インタフェース」 ( 五十嵐 悠紀, 五十嵐 健夫, 鈴木 宏正.日本ソフトウェア科学会第15回論文賞受賞論文, 出典:コンピュータソフトウェア, Vol. 26, No. 1, pp. 51-58, 2009), 沖縄産業支援センター・沖縄県市町村自治会館 (沖縄県那覇市), 2011年9月27日(火)〜29日(木)

  21. 精密懇話会 講演「コンピュータを用いた手芸設計支援」, 東京大学, 2011年9月6日.

  22. 第9回人工物工学セミナー 講演「初心者のための手芸設計支援」, 東京大学柏キャンパス, 2010年11月16日.

  23. 講演会「コンピュータを用いた手芸設計支援」, お茶の水女子大学, 2010年11月2日.

  24. 「機能性を考慮したインタラクティブなカバーデザイン」, 日本繊維製品消費科学会2010年度年次大会,依頼講演, 東京(実践女子大学),2010年6月26,27日.

  25. 愛知県産業技術研究所尾張繊維技術センター研究会講師, 「コンピュータを用いた手芸設計支援に関する研究」, 2010年1月28日.

  26. 数理の翼ワークショップ2009, 「ぬいぐるみで学ぶ情報科学」, NPO法人 数理の翼,日本科学未来館,2009年9月5日.

  27. 「3次元モデルからのあみぐるみ生成」, 日本繊維製品消費科学会2009年度年次大会,依頼講演, 京都(京都女子大学),2009年6月13日.

  28. 筑波大学 大学院授業「CGインタフェース特論」講義, 「インタラクティブコンピュータグラフィックス」 2009年4月21日.

  29. 「あみぐるみのための3次元モデリングと製作支援インタフェース」, 日本繊維製品消費科学会2008年度年次大会,依頼講演,名古屋,2008年6月.

  30. "A Pen-based Interface for Generating Graphical Reports of Findings in Cardiac Catheterization." Eurographics 2007, the Eurographics 2007 Medical Prize Award Invited Talk, Sep. 2007.

  31. ヒューマンインタフェースシンポジウム2007, パネルディスカッション, 「女性研究者をまるはだか〜研究・恋愛・結婚・家庭」,東京(工学院大学),2007年9月5日.

  32. 「Plushie:ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな型紙デザイン」 ,画像電子学会, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2007, 招待講演,大阪,2007年6月24日.

  33. 「ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな型紙デザイン」 ,日本繊維製品消費科学会2007年度年次大会,依頼講演,東京,2007年6月16日.

  34. 「ぬいぐるみモデラーの開発」 IPA 未踏ソフトウェア創造事業の概要・公募説明会,特別講演, お茶の水女子大学,2007年6月7日.

  35. 「ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな型紙デザイン」, 日本科学未来館サイエンス・クロスロード,2007年2月19日.

  36. 「ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな型紙デザイン」, Esper2006 秋の陣, 2006年11月25日, 神戸.[URL]

ワークショップ・展示(常設展示・特別展示、含む)

  1. つくばエキスポセンター 特別展「文具展〜身近な道具にかくれた技術〜」
    2014年3月21日(金)〜6月8日(日) 「Holly ステンシルデザインシステム」常設展示

  2. つくばエキスポセンター 特別展「文具展〜身近な道具にかくれた技術〜」関連イベント

    『ステンシルでオリジナルカードを作ろう!』ワークショップ講師, 2014年3月29日(土) 10:00-12:30, 13:30-16:00 各回10名定員.

  3. 大日本印刷株式会社 デジタルえほんミュージアム イベント講師 「カード織りでオリジナルストラップを作ろう!」 URL 2013年8月3日.

  4. 日本科学未来館 友の会イベント講師, 新開発ソフトの体験教室「ラインストーンでオリジナル小物入れをデザインしよう」, 2010年10月24日.

  5. 日本科学未来館 友の会イベント講師, 新開発ソフトの体験教室「ステンシルでオリジナルエコバッグをデザイン」, 2009年10月25日.

  6. ARS Electronica Campus 2008: -Hybrid Ego- The University of Tokyo 『Plushie:An Interactive Design System for Plush Toys 』, kunstunversität(University of Art and Industrial Design Linz, Hauptplatz 8, 4010 Linz, Austria), 2008年9月4-10日.

  7. 日本科学未来館 友の会イベント講師 「3次元型紙デザイナーによるぬいぐるみ制作ワークショップPartII」, 2008年2月24日.

  8. 日本科学未来館 友の会イベント講師 「コンピュータを用いたあみぐるみ制作ワークショップ」, 2007年9月22日.

  9. 日本科学未来館 ランドセル・ミーティング関連イベント講師 「パンダ増産プロジェクトvol.2 〜コンピュータでパンダのぬいぐるみを作ろう」, 2007年5月13日.

  10. 日本科学未来館 友の会イベント講師 「3次元型紙デザイナーによるぬいぐるみ制作ワークショップ」, 2007年1月7日.

  11. 日本科学未来館 3階サイエンスライブラリー 「クリエイティブ・ラボ〜最先端の科学技術が作る遊びと学びを体験しよう!〜 第1回『コンピュータでぬいぐるみを作る!』」 2006年8月25,26日.

連載記事

  1. Japan Business Press コラム 五十嵐 悠紀

  2. Yahoo!ニュース個人 『工学博士ママ 五十嵐悠紀の気ままな随想録♪』

  3. 『天才プログラマー五十嵐悠紀のほのぼの研究生活』
    [週刊]エンジニアの明日を先読む“キャリアニュース”マガジン『エンジニアtype』 ,定期連載『先読みリーダーズ』―分野別・トップランナーが語る技術者の明日―, 連載記事,2011年4月〜現在連載中.

その他 (解説記事等)

  1. 五十嵐悠紀,ヘンな論文-情報処理学会編- 情報処理, 57(9), 912-914 (2016-08-15).

  2. 五十嵐悠紀,会誌編集委員会女子部〜番外編!〜インタラクション2016 Women's Luncheon 開催報告 情報処理, 57(8), 798-799 (2016-07-15).

  3. 五十嵐悠紀,ビブリオ・トーク -私のオススメ-:LEAN IN(リーン・イン) 女性,仕事,リーダーへの意欲,情報処理,57(6), 560-561, 2016.

  4. 五十嵐悠紀,連載漫画「IT日和」特集:編集にあたって 情報処理, 57(5), 420-427 (2016-04-15).

  5. 五十嵐悠紀,会誌編集委員会女子部:育児中の女性支援だけではないワークライフバランスとは,情報処理,57(2), 198-198, 2016.
  6. 五十嵐悠紀,女子部が行く!−学会探訪記−:第5回 調査研究運営委員会,情報処理, 57(1), 66-68 (2015-12-15).

  7. 五十嵐悠紀,学会イベント支援:4. テレプレゼンスロボットによる遠隔学会参加の体験報告,情報処理,56(5), 478-481, 2015.
  8. すくすくアプリ ((c)NTTレゾナント・NHKエデュケーショナル) , ママパパカフェ「幼児とデジタル技術C 子どもも楽しめるデジタル技術体験の場 (最終回)」2014年12月5日掲載.
  9. すくすくアプリ ((c)NTTレゾナント・NHKエデュケーショナル) , ママパパカフェ「幼児とデジタル技術B デジタル教育ってなんだろう?」 2014年11月28日掲載.
  10. すくすくアプリ ((c)NTTレゾナント・NHKエデュケーショナル) , ママパパカフェ「幼児とデジタル技術A 子育て中に使えるアプリいろいろ」 2014年11月21日掲載.
  11. すくすくアプリ ((c)NTTレゾナント・NHKエデュケーショナル) , ママパパカフェ「幼児とデジタル技術@ 幼少期のデジタルデバイスとの付き合い方 〜我が家編〜」 2014年11月14日掲載.

  12. 五十嵐悠紀,会誌編集委員会女子部 連載 「「保活」の結果」, 情報処理,56(6), 604-604, (2015-05-15) .
  13. 五十嵐悠紀,「学会イベント支援:4.テレプレゼンスロボットによる遠隔学会参加の体験報告」,情報処理,56(5), 478-481 (2015-04-15).
  14. 五十嵐悠紀,特集4月号新入生企画『私の大学時代 -新世界に踏み出す皆さんへ』「数学とプログラミング好きな学部時代」,情報処理,56(4), 363-379, (2015-03-15).
  15. 五十嵐悠紀,会議レポート「会誌編集委員会女子部〜番外編!〜報告」,情報処理,55(12),1412-1414 (2014-11-15).
  16. 五十嵐悠紀,会誌編集委員会女子部 連載 「女性研究者のための交流会」, 情報処理,56(1), 108-109, (2015-01-15) .
  17. 五十嵐悠紀,会誌編集委員会女子部 連載 Number4「ヨガを始めました〜今までに経験のないことを始めてみよう〜」, 情報処理,55(10),1156-1156 (2014-09-15) .
  18. 五十嵐悠紀,会誌編集委員会女子部 連載 Number1「編集委員とPTA」,情報処理,55(7), 750-750 (2014-06-15).

  19. 五十嵐 悠紀「ディジタルデザイン技術を活用した工作と手芸」, 情報処理,54(2),109-113 (2013-01-15).
    (記事のみを抜き出した別刷(冊子)をAmazonで発売中.情報処理2013年2月号別刷「《特集》「ディジタルファブリケーション」 )

  20. Woman type 子どものスマホ利用率は43%! スマホネイティブ世代の知育を考える 2013年11月14日エンジニアtypeより転載.

  21. 第1回ニコニコ学会β シンポジウム 5th session 「研究してみたマッドネス」審査員.

  22. 五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫. 「手芸を楽しむ生活と情報技術 -初心者による手芸デザイン支援-」, 繊維製品消費科学,学会誌企画「近未来の生活と消費科学」,招待記事. Vol.51, No.6, pp.486-490, 2010. (2010年6月号.) PDF

  23. 五十嵐 悠紀,鈴木 宏正:「実物体と組み合わせる別物体をデザインする手法」, インタラクション2010 "Fresh From The Oven Session" ,2010年3月1-2日.

  24. Yuki Mori, Takeo Igarashi. Plushie. ARS Electronica 2008 The University of Tokyo Exhibition "Hybrid Ego", Linz, Austria, Sep., 2008.

  25. 中沢 一雄,原口 亮,森 悠紀,五十嵐 健夫. 「スケッチ入力を活かした電子カルテのためのインタフェースの提案」 ヒューマンインタフェース学会誌 特集記事, Vol.9, No.2, pp.133-140, 2007年. PDF

  26. 中沢 一雄,原口 亮,森 悠紀,五十嵐 健夫. 「手書き入力インタフェースの現状と課題 ―医療情報入力支援の現況―」 DIGITAL MEDICINE, pp.24-27, 2007年2月. PDF

研究費助成


受賞

  1. 情報処理学会 マイクロソフト情報学研究賞「手芸のための対話的な形状デザイン手法」,授賞式2017年3月16日.

  2. 第23回 連合駿台会学術奨励賞「クラフトを対象としたインタラクティブデザインに関する研究」,授賞式2017年1月18日.

  3. 2015年度 情報処理学会 学会活動貢献賞「学会誌における編集業務への貢献」,情報処理学会,2016年6月3日.

  4. 平成27年度 お茶の水女子大学賞 第1回 黒田チカ賞 受賞.業績「コンピュータを用いたインタラクティブ3次元形状モデリングに関する研究」, お茶の水女子大学,2016年1月20日.

  5. 池袋ジュンク堂「このコンピュータ書がすごい!2013年度版」ポップ大賞,2013年1月12日.

  6. 日本ソフトウェア科学会 第15回論文賞. (論文題目「あみぐるみのための3次元モデリングと製作支援インタフェース」五十嵐 悠紀,五十嵐 健夫,鈴木 宏正),2011年6月9日.

  7. 第10回(2010年度) 船井研究奨励賞,「3次元モデリングと力学シミュレーションを融合したインタラクティブデザイン」 財団法人船井情報科学振興財団,2010年5月28日.

  8. 第24回(2010年度) 独創性を拓く 先端技術大賞. 学生部門 最優秀賞 文部科学大臣賞,2010年7月28日.
    受賞論文「コンピュータを用いた手芸設計支援に関する研究」PDF

  9. 平成21年度 東京大学工学系研究科長賞, 「コンピュータを用いた手芸設計支援に関する研究」,2010年3月24日.

  10. 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2009) 論文発表賞, 「ステンシルデザインのためのドローエディタ」, 2009年12月4日.

  11. 2008 ACM Student Research Competition Semi Finalist. "Automatically Adding Seam Allowance to Cloth Pattern." Los Angeles, 2008年8月.

  12. Digital Art Awards 2007 インタラクティブ部門特別賞, 「Plushie: インタラクティブなぬいぐるみデザインシステム」, 2007年11月.

  13. the Eurographics 2007 Medical Prize Award (2nd Place), "A Pen-based Interface for Generating Graphical Reports of Findings in Cardiac Catheterization." 2007年9月7日.
    - photo

  14. 医療情報学会若手研究奨励賞,医療情報学会, 「心臓カテーテル検査におけるグラフィカルで効率的な所見入力を可能にした電子カルテ・インタフェースの開発」,2007年6月15日.

  15. 第3回デジタルコンテンツシンポジウム船井賞,映像情報メディア学会, 「ぬいぐるみ作成のためのインタラクティブな型紙デザイン」,2007年6月.

  16. 天才プログラマー/スーパークリエータ認定, 情報処理振興事業協会(IPA) 未踏ソフト創造事業, 「 ぬいぐるみモデラーの開発」, 2006年10月24日.

  17. 2005 ACM SRC Grand Finalist , Undergraduate Category First Place, "Automatic Cross-Sectioning Based on Volume Skeleton Trees", San Francisco, 2006年5月20日. PDF
    - ACM Awards Banquet story
    - Student Research Competition story
    - my original photo

  18. 2005 ACM Student Research Competition Grand Finalist (Undergraduate Category First Place), "Automatic Cross-Sectioning Based on Volume Skeleton Trees", Sponsored by Microsoft Research, Los Angeles, 2005年8月2日.
    - photo


報道・インタビュー記事

  1. docomo「ママテナ」 子にスマホやタブレットを渡す年齢、ボーダーラインは○歳! 〜子どものデジタル教育、どうする?〜 (2018/01/17)
  2. docomo「ママテナ」 子どもがアプリで遊ぶ際に守らせたい最低限のルール 〜子どものデジタル教育、どうする?〜 (2018/01/17)
  3. docomo「ママテナ」 どう選ぶ? 子の才能を伸ばす知育アプリの選び方 〜子どものデジタル教育、どうする?〜 (2018/01/17)

  4. 「プレジデントFamily」2018年01月号 p.82-87 にインタビュー記事掲載. [Amazon]

  5. ノビルコ 習い事ナビ 後編「天才プログラマー」認定された女性研究者が、子ども時代にやっていた習い事は? (2017/12/14)
  6. ノビルコ 習い事ナビ 前編 「アプリ」も遊びの選択肢のひとつ。子どもとスマホの賢いつき合い方 (2017/12/07)
  7. 子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」『想像力や問題解決能力が養える! 子供向けプログラミングアプリ』(2017/11/07)

  8. Conobie 『「デジタル教育よりも大事なのは家庭教育!」天才プログラマーがママ・パパの疑問に答えます!』(2017/09/11)
  9. Conobie『子どもに良いアプリ・おもちゃの選び方のコツは?工学博士が徹底解説!』(2017/09/08)
  10. Conobie『6歳までに身につけたい!天才プログラマーが推奨するAI時代の必須スキル!』(2017/09/04)

  11. マイナビニュース 『スマホはダメじゃなくて"教育"になる! 工学博士ママが教えるAI世代の家庭教育』 (2017/08/31)

  12. Yahoo!ニューストピックス掲載「IT研究者としてPTA「IT化」の功罪を考えてみた」 2016.06.08.

  13. 夢ナビ 「コンピュータで作る理想のぬいぐるみとは?」2015年5月.
  14. TBSテレビ「別冊アサ秘ジャーナル」2015年4月26日25:29〜
  15. Yahoo!ニュース トップ記事(IT) 3Dディスプレイ 普及の鍵は 2014年8月21日14時16分
  16. 週刊現代 特集『早稲田・慶應・明治3大学対抗「女子力」で勝負だ!』, 巻頭特集カラーグラビアページ,2014年3月15日発売号(第56巻,第9号).

  17. 雑誌『広告』(特集:モノヅクリはモノガタリ), 「Beads: Pixels in the Real World / ビーズのクマさん ビーズのねずみさん」p.16 掲載,第55巻2号 (通巻395号), 2014年3月3日発行(季刊)

  18. Yahoo!ニュース トップ記事(IT) ウェア端末 普及に必要な要素 2014年1月10日15時53分

  19. Yahoo!ニュース トップ記事(国内)子育てに不可欠な「冗長化」2013年12月18日(水)18時57分掲載.

  20. Yahoo!ニュース子ども利用率は43%−「スマホで知育」のベターな距離感を考える, 2013年11月8日(金)12時7分配信.

  21. 映像情報メディア学会誌 vol.67, no.11, pp.955-961 (2013).「SIGGRAPH2013見聞記」にてStudioで展示したカード織りを紹介していただく.

  22. BLOGOS, ネットに「黒歴史」残さないために「バカ基準」を,2013年10月17日.

  23. Yahoo!ニュース, 「イクメン」がもっと増えるために必要なこと, 2013年10月12日.

  24. Yahoo!ニュース, イクメン研究者が目指す「育休の一般化」,2013年10月2日.

  25. Yahoo!ニュース, イグノーベル賞受賞研究も輩出した“異色の学会”『WISS』とは? ,2013年9月5日.

  26. WEBRONZA ネット上の「黒歴史」、消すための方法は――連続討議「ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計」から(4), 2013年8月24日.
  27. WEBRONZA 電凸を無許可でニコ生中継しても許されるのか――連続討議「ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計」から(3), 2013年8月14日掲載.
  28. ラジオ放送:「くらもといたるのいたらナイト」2013年度 第4回放送, 五十嵐 健夫(東大),五十嵐 悠紀(筑波大) (ハッシュタグ:#itaranight),2013年(京都:7/25、高松7/29).

  29. WEBRONZA, Googleグラスが社会に普及すると何が起きるのか?――連続討議「ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計」から(2)2013年7月5日掲載.

  30. WEBRONZA, ライフログが全面公開された「キンミライ」 ――連続討議「ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計」から(1) 2013年6月21日掲載.

  31. Yahoo!ニュース ヘッドライン,『近い将来実現!?ドラえもんのひみつ道具5選 (エンジニアtype)』,2013年6月5日.

  32. 【ホームページ評価コム レビュアー】五十嵐悠紀(@yuki_igrs)さんにインタビューしました. 2013年5月25日掲載.

  33. MONOist(モノイスト). 「これもFabの形「ぬいぐるみCAD」:デジタルが進化させる、かわいい手芸の世界」, 2013年2月25日掲載.

  34. 国立大学法人 東京海洋大学 博士人材キャリア開発プログラム. 博士力「CGでもの作りを支援したい!」2012年9月10日掲載.

  35. 朝日新聞出版 AERA. なぜ女性からザッカーバーグは生まれないのか -女性はコンピュータと相性が悪い?- 2012年9月10日号 pp.35-37掲載.

  36. Yahoo!ニュース トピックス,『技術者が陥るデザインのワナ』,2012年9月6日.

  37. 理系女子開発プロジェクト リケチェン! 2010年12月7日. 「研究を続けるキラキラママ☆五十嵐先生」 【予習編】URL【本編】URL.

  38. 産経新聞 2010年6月17日(木). 「文科大臣賞に五十嵐さん 先端技術大賞、受賞者決まる」経済面(10面)

  39. フジサンケイビジネスアイ 2010年6月17日(木). 「文部科学大臣賞に五十嵐悠紀さん」

  40. 日経新聞 2010年5月31日(月). 「パソコンで作画 型紙を連動作製」 科学技術面(11面)

  41. Full Digital Innovation 2008年11月号 「Event Focus: Pacific Graphics 2008」pp.74-75.

  42. @IT自分戦略研究所.天才プログラマに聞く10の質問 「麗しの天才科学者、五十嵐悠紀の「科学って素敵!」」, 2008年8月20日.

  43. 株式会社NTTデータ. ITなるほど委員会,ITの達人インタビュー第1回 「誰でもかんたんに、ぬいぐるみの型紙をデザインできるプログラムを開発。 ITは“あったらいいな”をかなえる夢のツール」,2008年8月.

  44. 日経デザイン No.245(2007年11月号)p.104

  45. 「『ぬいぐるみモデラー』の開発 〜自分だけのぬいぐるみ作成をコンピュータで支援〜」
    東京大学工学部広報誌 Ttime! volume 19, 2007年6月 PDF

  46. NHK高校講座 情報A」 NHK教育テレビ, 2月22日, 2007.

  47. INTERNET Watch 「次のビル・ゲイツを」IPAがソフトウェア分野の天才12人を認定,2006年10月24日.

  48. ITpro 「パソコンでぬいぐるみ作り」(2006/10/24) 記事はこちら

  49. Yahoo!ニュース 主なトピックス,「パソコンでぬいぐるみ作り」などIPAが12人の「スーパークリエータ」を認定,2006年10月24日.

  50. 日経BP online 「パソコンでぬいぐるみ作り」「紙のキーボード」――IPAが12人の「スーパークリエータ」を認定,2006年10月24日.

  51. 東京大学新聞(2006.10.24号) 記事はこちら

  52. テレビ東京 ワールドビジネスサテライト トレンドたまご 「ぬいぐるみを簡単にmovie(2006/10/18)

  53. Yahoo!ニュース 主なトピックス,「ぬいぐるみモデラーの開発」など,IPAが2005年下期の未踏ソフト採択プロジェクトを決定,2005年12月20日.

  54. 「ぬいぐるみモデラーの開発」など,IPAが2005年下期の未踏ソフト採択プロジェクトを決定(ITPro 2005/12/20)

学位論文


学会活動

※2008年より旧姓「森」から新姓「五十嵐」へ変更しました.


[Yuki's Top Page]