2007雪中ツーリングキャンプ

今年も雪中ツーリングキャンプに行ってきました!

2007.2.24〜25

トップページへ戻る

Counter

いままでにないほどの暖冬でスキー場でもあちこち雪不足との情報があり、
開催そのものが危ぶまれましたが、みかどの事前調査にて「雪あり!」との確証から、
張り切って今年も行ってきました。
ちょうど2月24日から猛烈な寒波が来るようで、願ったり叶ったり(^^)

いが:TT250R
みかど:XR250BAJA
竜ちゃん:TT250R

出発時自宅で6時半の気温は2℃。ぴりっとした空気が気を引き締めます。
やっぱり雪中はこうでなくっちゃ!なぜか寒いほどテンションがあがってしまいます。

天気は快晴。でも西風が強く待ち合わせの中央高速談合坂SAまでは向かい風と上り坂との闘いです。
待ち合わせの9時より30分早く談合坂SAに到着。

みかどのXR250BAJA いがのTT250R



おにぎり買って朝ご飯にしようと売店に行っている間にみかども到着したようです。
遠くからでも一目で「雪中ヤロウ」だとわかるほどモコモコなシルエットです(^^;
当然自分もミシュランの「ビバンダムくん」の如くモコモコ。

「やぁやぁ。今年は寒くないねぇ。」
「やっぱ寒くなんないと盛り上がらないねぇ。」
「そういや、今年はいがちゃんの髪型がアネハっぽくないなぁ。つまらんぞ」
「ほっとけ!」

バイクを眺めながらおにぎりで朝食。暖冬のせいか、駐輪場はバイクでいっぱいです。
ほかにここで待ち合わせる仲間もいないので、ガソリン補給して早々に出発します。
小淵沢ICまで周りに雪はないものの、気温はぐんぐん下がり、
ついに街路温度表示板が0℃の表示になりました。
ほぼ完璧な防寒のせいか、それほど寒くも感じないまま中央道小淵沢ICからR20に出て
第2集合場所の道の駅上蔦木に向かいます。
待ち合わせは11時の予定でしたが30分ぐらい前に到着。

ここで落ち合うのは同じTT250Rにのる竜ちゃん。
彼は去年の雪中にも参加したのですが、転倒に次ぐ転倒で悔しい思いをしたようです。
今年はかなり装備とテクを磨いての参加。今年は僕が置いて行かれそうな感じがします。。。
バイクを置いて道の駅の休憩室で待っていると、しばらくして竜ちゃん到着。
今回はランツァライトにHIDを組み込み、リアフェンダーも青外装チックなドレスアップ仕様です。
うーん、僕のと似てる(^^)
突き詰めると同じような仕様になるのかな。
普通の人が見たらこういうバイクが市販されていると思うかも知れません。
でも、竜ちゃん仕様のほうがフロントサスが倒立だったり、
エンジンがハイコンプだったりビックタンク装備だったりと、豪華&実力派仕様!
実際の走りでは負けちゃってます(^^;

竜ちゃんのTT250R 今回の参加車集合



一通りおしゃべりをしたあと、山には入る前に買いだしにいくことにしました。
富士見だと西友があるのですが、R20からだいぶ離れちゃうので、茅野のメリーパークまで行く事にしました。
ここは15年ぐらい前僕が茅野にすんでいた頃にいつも買い物していたスーパー。
多少遠くてもここなら場所がはっきり分かるし、金沢林道や杖突峠方面ならアプローチもいいのです。
併設のホームセンターでパイプイスを買ってスーパーで夕飯と朝食と酒の買いだし。
いつも荷物をコンパクトにまとめてくるみかどですが、
買い物となるといつも一番たくさん買い込みます。
僕もそれにつられてついつい買いすぎ。。。
事前準備がバッチリの竜ちゃんは買い物も最小限。
なんかみんなの性格が出るなぁ(^^)

お昼になっちゃったので買い物のあとスーパーでパンを買って軽い昼食。
グズグズしてると林道にはいるのがどんどん遅くなってしまいます。

パンパンに詰め込んだ荷物に、さらに買いだした食料酒類を無理矢理詰め込みます。
でも、夜酒が無くなっちゃうと悲しいのでちょと多めに買い込みました(^^)

買い物でさらに荷物はパンパン 荷ひもに潰されるかわいそうなメロンパン



去年と同じルートだと面白くないとの意見が一致したので、今年は金沢林道からアタック!
みかどは1月に下見に行ってくれていて、かなりよさそうな感じだったそうですが・・・
林道に着いてみると、あれ?雪がない!
ずんずん進んでいくと、白い路面があったあった!
ん?でもなんかイヤな感じ・・・
雪はあるのですが、一度溶けて、寒波でまた凍って、ツルツルカチカチの氷の道になってるじゃないですか!
バイクで突入するも、前輪も後輪も滑りまくり。
かろうじて転倒者はいなかったものの、バイクを降りて立っているのも辛いぐらい。

バイクを路肩に避難
金沢林道
ツルツルアイスバーンを歩いて偵察


雪のない路肩にバイクを停めて歩いて林道の先を偵察する事にしました。
ツルツル路面はかなり先まで続いていて、勾配もそこそこありあます。
タイヤチェーンを巻いても効かなそう。
「これは諦めるしかないねぇ・・・」
このまま進んでも怖いばっかりで楽しくないし、怪我をする危険もあるので勇気ある撤退を決意。
もう午後1時を過ぎてるし、ほかの林道行っても同じような状況かなぁ・・・と肩を落とす3人。
最悪は雪のないところで普通にキャンプして帰る事になるかも。。。

路面は完全に凍ってます(>_<)
金沢林道は断念



まあ、ダメもとで去年の富士見パノラマスキー場横林道に行ってみよう!
ということになりR20を茅野から富士見まで戻ります。

もう3回目となる富士見パノラマスキー場横の林道。
いつもなら入り口から雪に覆われた林道が見えるのですが、
やっぱりここも入り口から普通の乾いたダート。。。
これはこれで楽しいですが、やっぱり雪中が目的なのでガッカリです。
と、コーナーを抜けると、その先が白い路面!

待望の雪道! 靴にもスパイク装備!
これが無いとバイク押すのが辛い


雪道をこんなに喜ぶライダーは他にいないと思うぐらい3人とも大喜び!
しかも金沢林道のようなカチカチの氷じゃなく、ザラザラのザラメ状の雪道です。
タイヤチャーンさえあればかなり行けそうな予感。いや、頑張ればノーマルでも行けるかも?
積雪は多いところで15cmぐらい。アクスルシャフトは埋まらない程度で走り応えアリです。
早速雪のない路面でチェーン装着。

僕はいつものクルマ用のゴムチェーン流用。
取付はワイヤーをフックで引っかけるだけ
97年から使ってるから、何年かブランクがあったにしても、もう10年選手です。

みかどはバイク用鉄チェーン。
昔風魔で雪中アタックしてたころは装着率ナンバーワンの人気アイテムでした。
去年の雪中以来ノーメンテだったようで、見事にサビサビ・・・(>_<)

竜ちゃんは僕のと同じようなクルマ用ゴムチェーン。
取付け方法がロープで締め付けるようになっているところが僕のチェーンとの違いです。

いが:クルマ用ゴムチェーン みかど:バイク用鉄チェーン 竜ちゃん:クルマ用ゴムチェーン


3台ともチェーンを装着したところで、早速雪道に突入!
ザクザクしてて意外と柔らかいので、アクセル開けてないとかなりの抵抗になり失速します。
でも金沢林道と同じようにツルツル路面になっている場所もあり油断できません。
腕と言うよりも、ライン取りのセンス、いや運で進めたりスタックしたり・・・
と、みかどがハズレのラインを引いてしまったようで、「すってーん!」と本日の転倒第一号になってしまいました。
ツルツルカチカチ路面で、為す術も無く滑ってしまったようです。

転倒第一号 怪我もなくてよかった



ゆっくり走っていたせいもあって、幸い怪我もなく、何とかバイクを起こして一休み。
みかどのBAJAを後ろからちょっと押しただけで息が上がり、もう暑くてたまらない状態に。
日頃の運動不足が早くも露呈してしまいました。。。
楽しく遊ぶにはやっぱり基礎体力をつけとかないとね。
でもバイクに乗ってしまえば去年よりも走りやすい!
普通に走り過ぎてつまらない、という訳ではなく、ズリズリ滑らせて遊びながらもちゃんと前に進む楽しさ(^^)
スピードだってせいぜい時速30km以下。
転んでも痛くないと思うと、次第に大胆な事もしてみたくなったりして、
おっとっと・・・なんて場面も面白い(^^;

荷物満載だとちょっと重い? フカフカの新雪を行きます



何度かお互いに走ってる写真を撮りあいながら、いつものキャンプ地に到着。
この林道、ここぐらいしかテント張れそうにないので、今年もベースにする事にしました。
今年はみかどに一人用テントを譲ってもらったので、設営場所も小さくて済みます。
いつも使っているジャックウルフスキンのデカテント「バイクンハイク」に比べると設営もラクラク。
テント張ってシュラフ広げて食器と食材を出してキャンプ準備完了です。

キャンプ地に到着 早速テントを立てて荷物を降ろします



ちょっと一休みしたあと、いつものように身軽になったバイクで林道の枝道アタックに出かけることにしました。
雪中ツーリングはここからが本番(^^)
標高が上がっても雪質は変わらずザラメ状なのですごく走りやすい状態です。
バィンバィンと轟音をあげながら豪快に雪煙を上げ3台とも調子よく登っていきます。
初めてここに来た時は登り切れなかった坂道も難なくクリア。

身軽になって枝道へアタック 竜ちゃんのTTは倒立サス!



行き止まりなのでとりあえずベースの分岐に戻るのですが、
途中で雪の深いところに行こうと遊んでいたらフロントを取られて転倒(>_<)
うわーカッコワルイ!早くリカバリーして後続の竜ちゃんに見られないように・・・
って、もう真後ろにいたよ!
転んでもクラッチを握ったままだったので、そのまま起こしてすぐ復帰。
後ろにいた竜ちゃんは「突然コケて、あっという間に立て直していった」と唖然としてたようです。
すぐに立て直して何事もなかったようにしてたつもりだけど、一部始終をみられてたのね(^^;

ベースキャンプに戻る途中にもう一つ枝道発見!
いつもなら雪が多すぎてその存在すら分からなかった道です。
みかどと竜ちゃんがヘルメット越しに「どうする?行ってみる?」なんて表情をしていたのですが
様子を見てる2台を横目に一番後ろからズバーンと勢いよく枝道に突入。
最初から結構勾配があります。失速したら大変そうなので、意地でもアクセルは緩められません(^^)
坂を上りきり、平坦になったと思ったら今度は沢渡り。
勢いに乗って雪上走っていられるのがとにかく楽しくて、後続を気にしつつもガンガン進みます。
どうも林道と言うよりも作業道のようで、普通の林道よりも勾配が急でコーナーもヘアピンが多いルート。
急カーブの急勾配でインのラインを取ってしまい、勾配に勝てずついに失速、スタックとなりました。。。
アウト側のラインから勢い付ければ行けたかも知れないのですが、
そう簡単にラインを変えられないぐらフロントタイヤは雪に埋まって重たい状態です。
ヘアピンの出口の急勾配で停止していたら、全く同じラインを竜ちゃんが辿ってきました。
「ごめん、ここで停まっちゃったよ」
同じラインだと溝が深く掘られているので更にラインを変更するのが大変です。
しばらくすると、また同じラインをみかどが登ってきます。
しかも一番止まりたくないような傾斜した場所。。。
「ごめん、先頭が詰まって動けないんだ・・・」
ここまで勢いに乗せて一気に走ったのですが、それでもバイクの上ではジタバタ動き回っていました。
それだけで汗が噴き出します。息もハアハアゼイゼイ。
とりあえずここで一休み。

コーナーの途中でスタック TTを押す竜ちゃん



「あ、せっかくスポーツドリンク買ってきたのにテントに置いて来ちゃった。。。」
先頭の僕が抜け出さないと始まらないので、スタック地点からバイクを押しエンジンを吹かしながら雪の坂道を上ります。
空転して雪を掘りすぎるとタイヤは半分ぐらい潜るほどの吹きだまり。
バイクを前後に揺すりながらちょっとずつ進み何とか平坦な場所まで脱出できました。
気温は0℃だというのに、体から湯気が出るほどに暑くてたまりません。
停まってるより走ってた方が涼しいのでまたまた勢いに乗せて先に進みます。
しばらくしてまた同じようなヘアピンでスタック。

スタック地獄のみかど ちょっと登ってまたスタック(>_<)



ちょっと押せばすぐ脱出出来そうですが、これ以上汗かきたくないのでまたまた休憩。
しばらくみかどと竜ちゃんが登ってくるのを待ってたら
「バキーン!ガシャーン!ジャリジャリジャリジャリ・・・・」と大きな金属音が下の方から聞こえてきました。
「こりゃ、やったな・・・」
登ってきた雪の林道を歩いて戻ると、案の定みかどのタイヤチェーンが外れてリアフェンダーを叩いていました。
どうもさっきのスタック地帯から脱出するときにタイヤチェーンが緩んで空回りした勢いで外れてしまったようです。
幸いにしてチェーンは外れてフェンダーをたたいただけ。
外れたタイヤチェーンがナンバープレートの取付部分を巻き込んだらしく
ナンバーステーがグラグラになってましたが、走行には支障なさそうです。
外れたチェーンも金具が若干変形したものの、すぐに直せそう。

みかどのタイヤチェーンが外れちゃった



でもこれ以上のアタックでまた外れたら大変とのことでみかどはここでベースキャンプに戻る事にしました。
僕はもう先にバイク進めちゃったし、竜ちゃんともう少し進む事にします。だって楽しいんだもん(^^)

僕のバイクを置き去りにした地点まで歩いて戻り、その間に竜ちゃんはバイクで追い越していきます。
身のこなしの軽い竜ちゃんはスイスイ雪の上を滑りながら快調に登っていきます。
去年あんなに転けて大変そうだったのに、今年はものすごい上達ぶり。
僕もバイクに戻りバイクを押しつつスタック地点を脱出、先を行く竜ちゃんを追いかけます。
文章だけ読むとすごいスピードで雪中バトルしてるように思うかも知れませんが
実際には時速20kmぐらいの世界です(^^;

沢渡りの竜ちゃんジタバタしながら登ります



何度もスタックして息が上がって、「もうやめようかなぁ」なんて思っても、
竜ちゃんがバリバリ進んでるのを見てると、「くそー、負けられん!」なんて意地になってしまいます。
来年はもうちょっと体力付けて、息が上がらないようにしたいものです。あと水分も忘れないようにしないと。

ジタバタもがきながら汗だくのいが 雪道堀まくりです(^^)



雪は日当たりのよいところにはほとんど積もっていない状態で、枝道も後半になるとフラットダート。
気持ちよく走って終点に到着。いやーここまでよく頑張りました。
2台並んだTT250Rもよく頑張りました。
そういやこのTT、ほんとによく似てる(^^)

ランツァ顔のTT250Rたち 来た道を下ります


この先はマウンテンバイクのダウンヒルコースのようです。
雪も深いし、頑張って進んでも出る先は富士見パノラマスキー場のゲレンデ。
林の先にはスキー場のゴンドラが見えました。
竜ちゃんと夢中になって遊んでたら結構いい時間。
みかどと別れてからすでに30分以上経っているのでベースキャンプに引き返します。

ベースに戻るとみかどは心配していたようでちょっとご機嫌斜め。
僕の携帯に電話したようですが、、、ごめん全然気付かなかった。。。

日没までまだちょっとあるので、本線の残りを3台で登ってみる事にしました。
みかどは僕らを待つ間にすでに一往復してきたようです。
斜度も緩く、雪もザラメで均一に積もってるのでさっきの枝道に比べたらスピードを乗せられます。
とは言っても時速30kmぐらいですけど(^^;
リアをズリズリ滑らせながら林道出口に到着。
いつものようにバイクを並べて記念撮影。

舗装路にでた 3台で記念撮影



日が暮れそうなので来た道を戻りベースキャンプへ。
いやー楽しかった。よく走ったよ〜
日が暮れる前に焚き火の準備。
ふと目を上げると、林道の先に見える八ヶ岳(たぶん赤岳)が夕日に染まって真っ赤です!
竜ちゃんと見晴らしのいいところまで行って写真を撮ってきました。
でもみるみる日が暮れてきていい写真は撮れずじまい。
今日は写真撮りに来たんじゃなくてバイクで遊びに来たんだからいっか。

夕陽に染まる八ヶ岳



日が暮れたら、まずはメシです!
今夜のメインメニューは
「雪中でチーズフォンデュ!」
めちゃくちゃ楽しそうです。今まではおでんやキムチチゲでしたが
さらに新しい世界が開拓できそう(^^)

とは言ってもチーズフォンデュだけじゃお腹いっぱいにならないと思うので
僕はいつものようにご飯を炊き麻婆春雨を掛けてお腹サポートに回ります。
パルメゼンチーズを白ワインと一緒に熱して溶かしつつ片栗粉を少々混ぜてとろみ付け。
具はホタテや鶏肉を下味付けて炒めておいたもの。
調理はほとんどみかどシェフにお任せです(^^)
具も出来てチーズもいい感じに溶けてきたら
「いっただきまーっす!」
「ちょっとワイン多くない?」
「いいのいいの。十分おいしい!」
まさか雪の上でチーズフォンデュ出来るなんて思いませんでした。
いやーうまかった。

鶏肉を炒めてチーズフォンデュの具に バケットも用意しました



お腹の隙間は僕の作った麻婆春雨ご飯と竜ちゃんのおつまみで。
たくさん雪の上でバイクを押したり引いたりしてたのでお腹ぺこぺこ
あっという間に夕食を平らげました。
うーん。いつものように食べ過ぎじゃあ。。。
でも食べ過ぎるぐらいじゃないと寒さには勝てない、かな?

寒さ対策で僕が持ってきた焚き火台とみかどが持ってきた木炭で暖を取ります。
しかし小さな火ではそんなに暖かくなりません。

焚き火台で炭をおこします


「いがちゃん、行こうか!」
「おう!暖まってこようか」
みかどに促されて、初のチャレンジ「雪中ナイトラン」です!
一番緩い傾斜のコースなので転倒したり崖落ちする心配もないのですがそれでも慎重に、
万一のためにLEDライトを持っていきます。
竜ちゃんは寒いからお留守番。

雪中ナイトラン!



ヘッドライトに照らされる雪道は本当に明るく、
雪も夜の冷込みで硬く締まっており昼間よりも走りやすくなってます!
いつものように調子に乗りすぎてちょっと転けそうになったところも、
後続のみかどにはばれなかったようで、よかった(^^)
1〜2km行ったところで舗装路に出ておしまい。
ちょっと写真を撮ったりしてキャンプ地に戻ります。

冷え込んで雪がしまって走りやすい


普段とは違う事をしているだけで妙にテンションが上がります。
下りは積極的にバイクを滑らせてみたり、轍のない柔らかい雪の上を走ってみたり、
とにかく楽しいたのしい。

テントの前に戻った頃には体ポッカポカです。寒い夜にはナイトランだね!

さっきは寒くて飲めなかったビールも今ならうまいはず!
「かんぱーい!」
うめー!
でも、あれ?ちょっと凍ってしまったようです。
残りのビールもちょっと人肌で暖めつつ飲み干します。
そういえば、10年前に雪中やった頃はもっともっと寒かったようで
ビールは缶から出てこないし、ワインと日本酒はシャーベット
バーボンと焼酎ぐらいしか液体のまま飲む事が出来なかった覚えがあります。
やっぱり温暖化のせいか、ここではビールがちょっと凍る程度。
ワインは平気なようです。

火を大きくして暖まります 気温はマイナス8℃ぐらい


焚き火台の炭火で暖まりつつ、脈絡のない話で盛り上がり、
腹がよじれるほど大笑いをして夜が更けます。
火も落ちて眠くなった頃
みかどといつものように「これから雪道を走ってここに来るかも知れないアイツ」の話をしてからお開き。
うん。今回も来てたね、きっと。

今回の寝床はみかどに譲ってもらった一人用テント。
自分の身長でテントに入れるのか?と心配しましたが、まあなんとか寝られそうです。
おやすみなさい。。。

夜は結構呑んだのですが、夜中トイレに起きる事もなくグッスリ寝られました。
寝袋の上に掛けたゴアテックスのシュラフカバーのお陰でダウンシュラフも結露せずホカホカです。
気温はマイナス10℃ぐらいまで下がったと思いますが、
テントが小さいためか室内はそれほど寒くならなかったようです。
テントの外でゴソゴソ音がして、バイクのエンジンがかかりました。多分みかどです。
時間を見たらもう8時半。あちゃ。また寝坊です。
「いがちゃんは朝弱いからナァ」なんて言われるかと思い、慌てて着替えてテントから出ると
みかどもついさっき起きたとのこと。
程なく竜ちゃんも起きてきて全員集合です。
凍死しなくてよかった、なんていうのが野暮なぐらい、みんな雪中慣れしてきましたね。

おはよー! テント撤収


朝飯は夕飯のおかずで食べきれなかったものから。
みかどはベーコン、竜ちゃんはお手製鶏スモーク、僕はチーズフォンデュで使いそびれたウインナー。
お腹が空いたから、というよりも帰りの荷物を消化している感じ(^^)

焚き火の始末をして、ゴミ拾いテント撤収したらあっという間に11時。
気温も上がってきて雪は少し溶けてきました。

いつものように荷物の多い僕は撤収ビリケツ。
みかどと竜ちゃんに待ってもらって、下山開始です。
昨日買い物した分は飲み食いして減ったはずなのに、なんかに持つ多くなってない?
謎の積載過多のまま下りの雪林道に突入していきます。

下りのみかど 荷物が増えてるのはなぜ?


雪質がいいのとだいぶ慣れてきたお陰で、ちょっと遊びながら進みます。
わざと雪の多いラインを通ってみたり(^^)
下りなのでスタックする心配が無いのがいいですね。
途中みかどに追いついたのですが、ラインが交差することもなさそうなのでそのまま先に行かせてもらいます。
コーナーではちょっとずつリアを滑らせつながら、なんて調子に乗ってしまうほど楽しい(^^)
長い下りの直線に入ったら、あ、あ、あスピードちょっと出すぎ。。。
やば。。。
慎重にリアブレーキで車速を落として・・・だめだ、どんどん加速しちゃう!
と思ってるうちに、バイクはテカテカ光るアイスバーンの上へ。
「リアが滑った!」っと思ったらそのままスッテーン!

派手にコケました(>_<)


氷の上でコケました。しかもスピードが出てたのでバイクと一緒にそのまま滑る滑る。
ハンドルを握ったまま成す術も無く氷の上を滑っていきます。これが結構怖い(>_<)
10m以上滑ったところでやっと停車。クラッチ握ってせいでエンジンはかかったままです。
ガソリンタンクが下を向いた状態で滑ったので、ガソリンが徐々にもれるかもしれません。
「引火したらまずい!」
慌ててエンジンを止めようとしてもメインキーはちょうど雪面の方向。
とりあえずキルスイッチでエンジンを止めてバイクから脱出。
特に怪我もなく、バイクの燃料も漏れてない様子。
いやー見事に転びました。ちょっと冷静になったところで、面白いからたくさん写真を撮ってしまいました(^^)
他人の転倒シーンだと写真を撮るのもちょっと気が引けてしまいますが(といっても撮っちゃいますけど)
自分のならもう、好きなだけ写真を撮れます。
坂の上の方ではみかどが追いついてきて、ラインをふさいでる僕のバイクを眺めていました。
バイクの引き起こしに手間取るかと思ったら、下が氷のお陰でバイクが軽々と回ります。
ステップを支点に起こしやすい方向までバイクを回して、ふんっ!っと持ち上げたらハイ出来上がり。
意外とカンタンに復旧できました。
あ、でもこれで今回の転倒回数みんな2回ずつで同点になってしまいました。
僕だけ転倒1回だったのに。クヤシイ!

コケたあとは慎重に・・・


そのあとは慎重にバイクを進めて、程なく雪のないダートに出ます。
チェーンを外すために富士見パノラマスキー場の駐車場へ。
スキー客の視線を集めつつチェーン外し作業に取り掛かります。
結構リアタイヤを空回りさせてアタックしたのでチェーンが食い込み、なかなか外れません。
でもちょっとコツをつかめば10分も経たないうちに完了。
最初の頃はみんなであーでもないこーでもないと苦労してチェーンを外してたのに、慣れたものです。

竜ちゃんのゴムチェーンはロープ巻き チェーン外しも早くなりました


スキー場に来たのだから恒例の記念写真を撮って、いつものように塩沢温泉に向かいます。

スキー場で記念撮影 スキーに来ていたおねえさんと



寒いことは寒いのですが、まわりに雪のない国道で日が照っているせいか、昨日よりもずっと暖かく感じます。
温泉の露天風呂でのんびり体を暖めながらバイク談義。
あんまりのんびりしてると帰り道眠くなってしまうので、お昼ご飯を食べに出発。
特に目当てのお店があるわけでもなく、以前みかどが行ったことがあるという韮崎のラーメン屋さんに立寄り
そこで竜ちゃんとは解散。ほんとうに楽しい2日間でした。竜ちゃんまた来年もやろうね!

ラーメン屋さんでお昼 黒麺!味は普通のラーメンと同じ麺


このあとはみかどと恒例の「巨峰ソフト」が待ってます。
R20から甲府昭和で中央道に乗り談合坂SAへ。
相変わらずぼくのバイクは負荷がかかると高速で失速してしまう病で、向かい風や上り坂ではトロトロ80km運転。
トンネルに入ると今までの失速がウソのようにスピードが上がり、またトンネルを出ると向かい風でトロトロ。
談合坂SAに着くとみかどから「いがちゃんをトンネル番長と命名しよう!」だって。
うーん、直線番長よりもヘナチョコだなぁ。。。(^^;
ここでお約束、「愛と友情の巨峰ソフト」を二人で仲良く食べます。
いやーそれにしても、行きに比べて高速道路に入った途端寒いこと寒いこと。
あれ?そういえば、オーバーグローブするの忘れてた!
あ、ネックウォーマーもしてない!
そりゃ寒いわけです。

愛と友情の巨峰ソフト(^^)


ガタガタ震えながらも「やっぱ雪中やったあとの巨峰ソフトはウマイねぇ」などとつよがってみます。
寒くてたまらないけど、去年のように暖かい缶コーヒーに逃げたりしません(>_<)
これ食べると「今年も冬が終わるなぁ」と感じるわけです。

数年前から復活した雪中キャンプ。来年もまた雪の中でバイク遊びしたいですね!
興味を持った方、来年は一緒に行って見ませんか?


トップページへ戻る