ソウル・ヨガ      イダヒロ HP
















Yahoo!ジオシティーズ
→古いHP    →ブログ(ソウル・ヨガ)    →ページ名    →ページ名    →ページ名

  

 


 

フェミニズム系のはなしが多いです。

それを〈スピリチュアル・シングル主義〉という視点から

展開しています。

 

でもそれと重なるところがあるものの、人権系、スピリチュアリティ系、

働き方・労働系のはなしなどもあります。

 

映画評も。

 

(以前、簡略HPで、見にくかったので、今後、徐々にこちらを充実していきます。

 ブログもよろしく)

 

  Counter                    プロフィール

                                    著書一覧 

                                       ブログ(ソウル・ヨガ)

  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞  

ベーシック・インカムの議論で浮わつくべきでない(2010年8月)

 

ベーシック・インカムについて――生活保護制度の拡充型のベーシック・インカムへ(2010年1月)

 

レベッカ・ブラウン『体の贈り物』(2009年8月)

 

「修復的正義」RJ (2009年8月)

 

デートDV予防教育のあり方について―ーアサーティブという名で「怒る自由」を奪うな(2009年8月)

 

派遣法最前線――付随業務などの概念によるまやかし(2009年8月)

 

詩とCM――谷川俊太郎の詩「愛するひとのために」をめぐって(2009年7月)

 

山田太一『早春スケッチブック』(2009年7月)

 

単なる多数決ではなく、一人一人の不幸の質も考える(2009年6月)

 

さそり座の女とおバカキャラ(2009年6月)

 

車谷長吉の人生観(2009年6月)

 

生活保護取得の実践的ポイント(2009年6月)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

憲法とジェンダー、WLB、ベーシック・インカム(2009年4月)

 

フリードマンなど新自由主義の経済学者のばからしさ(2009年4月)

 

フランスのホームレス問題を扱った『ベルサイユの子』(2009年4月)

 

「彼のケータイ盗み見たら・・・」という相談を考える(2009年3月)

 

まともな宗教とはどんなものか?(2009年3月)

 

藤原紀香・陣内智則の離婚について(2009年3月)

 

                                          

書評:川口章『ジェンダー経済格差』の積極性と限界性(2009年)

 

書評:橘木俊詔『女女格差』――ジェンダーの視点のない、現状確認の本(2009年)

 

スクワットは、おもしろい!(2008年)

 

1日3時間働く国という寓話―ーキルギシアからの手紙、ワーク・ライフ・バランスの革命的な意味(2008年)

 

反貧困運動の展望(2008年)

 

結婚考――すばらしい関係は簡単には手に入らない(不貞問題とからめて)(2008年)

 

コント=スポンヴィルの議論と〈スピ・シン主義〉(2008年)

 

被害者が自覚していないデートDV問題、共依存的なもの(2008年)

 

派遣法「改正」案は廃案にしろ!―−批判と対案(2008年)

 

「派遣法改正」に対して私たちが持っておくべき視点(2008年)

 

「改正パート法」の評価と課題――小泉・安倍政権の置き土産(2008年)

 

私は大学組織・学者世界に「就社」したかったのではない―――私はどこで何を模索しているのか(2008年)

 

性教協 韓国スタディツアー :ナヌムの家 訪問記(2008年)

 

尼崎非常勤労働者の、スト闘争の顛末(2008年)

 

 「31歳。フリーター。希望は戦争」という主張について:共感するものの、敵を見誤っている(2007年) 

 

 

 

クオータ制は逆差別か?――「女性と政治」をシングル単位観点から論じる(2007年)

 

 仕事の絵本  スローな生き方へ 2007年

 

 ジェンダー概念について:「『ジェンダー概念の整理』の進展と課題」 大阪経済大学『人間科学研究』12007年1月)

 

ジェンダー(フリー)、バックラッシュ関係年表

 

伏見憲明『欲望問題』批評――フェミについての私のスタンス(07年3月)  

 

小倉千加子さんの評価(2007年) 

 

映画「あなたになら言える秘密のこと」(07年2月19日)

『朝日新聞』相談室での、セクハラ的回答:浅草キッドの玉袋さんの回答の問題点(07年8月)

 

性犯罪者の監視の是非(2007年8月)

 

「私は貝になりたい」と戦争責任(2007年8月)

 

テレビ版『はだしのゲン』をみて(2007年8月)

 

1中は2中が怖いからナイフで武装する?(2007年8月)

 

森岡「生命学」と私の〈スピ・シン主義〉(2007年8月)

 

尾崎豊かと「生命学」(2007年8月)

 

 

 

 

映画「善き人のためのソナタ」(2007年)

 

「慰安婦」問題で、安倍首相がごまかしの弁明(2007年)

 

「慰安婦」問題で、外務省官僚がひどい対応(2007年)

 

田辺聖子 シングル単位的な小説:『言い寄る』3部作(2007年)

 

生き方の違う女二人、認め合ってエンパワメント :『一期一会』より(2007年)

 

あるある大事典問題とはなにか(2007年) 

 

政治的実践を広くとらえるのが〈スピ・シン主義〉(2007年) 

 

結婚制度と民法改正:772条問題での3つの立場(2007年) 

 

あさのあつこ『バッテリー』はシングル単位感覚の作品だ(2007年) 

 

ドキュメンタリー映画『選挙』は日本社会のダメさを見せつけてくれる(2007年) 

 

DVはちゃぶ台をひっくり返す程度の問題とおもっている人が、警官の死を嘆く(2007年) 

 

家族単位か個人単位かが、バックラッシュとの対立点:長谷川氏の主張批判(2007年) 

 

 

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

幸福な生き方・充実した生き方(エリートでない者の生き方論)2004年

 

内田樹氏の「フェミ批判」を批判する(2006年)

 

政府のジェンダー定義を批判する(2006年)

 

ワーキングプア問題への私のスタンス(2006年)

 

専門家という名の傲慢・・・ちゃんと生きる、を考える(2006年)

 

スピシン宣言・1999年版

 

拙著「スピシン宣言」紹介

                                                   

NHK日本軍「慰安婦」番組改ざん問題(2005年)

 

 

私の反戦論・反ナショナリズム論(2003年)

 

  ラブピースクラブ連載エッセイ(2000年)

 

「性同一性障害特例法」に関する意見(2004年)

 

  

 

〈ぎりぎり〉の実践へ――自分の振り返りと現在とこれから(2003年)

 

スピシン主義観点から社会運動を考える(2003年)

 

 

 

 バックラッシュへの反批判:ジェンダーフリー・シングル単位攻撃の批判的検討(2004年)

 

 結婚制度について:望月氏批判から(2003年)

 

スピシン主義って何?(2005年 ACTインタビュー)

 

私の本の紹介など

 

ケアについてスピリチュアルケアの観点から

        (江原的なスピリチュアルとの違いを含む、2006年)

 

スピリチュアルに生きる人々 その1(2004年)

 

        スピリチュアルに生きる人々 その2

 

                  スピリチュアルに生きる人々 その3

 

 

                        スピシン的な個人の生き方 その1(2003年)

 

                             スピシン的な個人の生き方 その2

 

                                    スピシン的な個人の生き方 その3

 

 

高校単位・未履修問題(教育論) 2006年

 

 

豊中市・すてっぷ館長雇止めバックラッシュ裁判

                      への意見書(2006年)

 

石原知事のババァ発言裁判への意見書(2006年)

 

顔の傷の補償に男女があっていいか:裁判意見書(2005年)

 

 

スピリチュアルケアをめぐる議論を見渡す(2004年)

 

 自殺防止活動とスピリチュアルケア 2004年

 

非宗教者からの宗教応援 2005年 

 

 

 

インタビュー 目に見えないものと出会っていく(2005年)

 

 

 

いろいろなエッセイ

 

映画について あれこれ

 

シングル単位社会とは

 

スピシン主義の思想的位置

 

細木数子氏を使い続けるテレビ 2006年

 

山下悦子氏批判・・これではバックラッシュ本である(2006年)

 

「平等」概念を理解していない(曲解する)のがバックラッシャー(2006年)

 

林真理子さんの二枚舌(2006年)

 

政治的な選択、およびスピリチュアル感覚(2006年)

 

自給自足の「あーす農場」(兵庫県和田山)にいって考えたこと(2006年)

 

 

 

 

「人形の家」と現代日本(2006年)

 

 

 

イスラエル ガザ撤退拒否派から、ピース、スピリチュアルに生きるということを考える(2006年)

 

蔦森樹編『メンズリブ』本の書評(1999年)

 

シングル単位視点の恋愛と家族(2003年)

 

「職場の人権」での報告・スピシン主義的な社会運動(2003年)