肩こり・腰痛・関節痛からスポーツ障害まで。整体院一休−愛知県丹羽郡扶桑町


一般症状の原因


痛みの原因は身近なところに

 筋肉の硬直や骨格の歪みが出来る原因は、ほとんどが日常何気なく行っている些細な動きや姿勢によるものです。
 立ち仕事が多い人なら、どのような動きをよくしますか?デスクワークが主なら、日常の姿勢やパソコンなどの位置によっても様々な硬直・歪みの原因になり、腰痛・肩こり・手の痺れなどを引き起こします。
 また、こうした日常の負荷を感じていなくても、二足歩行の私たち人間は重力・身体の重さによって、少しずつ歪みが進行してしまいます。
 こり・痛み・痺れの感覚は、身体の歪みがひどくなった時に身体が教えてくれるシグナルでもあります。このシグナルを見過ごしにせず、早急に適切な処置をすることが健康な生活を送るためにはとても大事なことなのです。

主な諸症状と原因

症状
首を中心とした歪みで起こる症状

首・肩の痛み、肩こり・頭痛・後頭部痛、寝つきが悪い・眠れない、イライラ、耳の痛み、目の疲れ、歯の痛み・疼き、顎関節症、ふらつき、めまい、耳鳴りなど

胸椎の歪み(猫背)が原因でおこる症状

首・肩こり、頭痛、腕の痛み・痺れ、腰痛、息切れ、動悸、肩甲骨の間がこる、内臓の不調、背中の痛み、肋間神経痛、腰痛、下半身の痛みや痺れなど

腰を中心とした歪みで起こる症状

腰痛、ぎっくり腰、肩こり、背中の痛み、腿の痛み、下腹部の違和感、膝の痛み、足首の痛み、下半身の痛みや痺れ、腰椎後弯(腰を後ろに曲げ丸まった状態、デスクワーク時など)、椎間板ヘルニア、便秘、下半身の冷え、腰椎過剰前弯(腰を過剰に反らせた状態、ハイヒールを履いている時など)、立っている時の腰痛、下痢など

歪みを引き起こす悪い習慣

足を組む

骨盤を起こして背すじを伸ばした正常な状態では足は組めません。足を組めるという事は、背中と腰を丸めアゴが出たような姿勢になっているということです。この姿勢が習慣化すると、背骨や骨盤・股関節が同時に歪んで行きます。

横座り

足を組むのと同様の歪みが生じます。歪みの度合いは足を組む以上になります。

トンビ座り

正座の足を横にした様な座り方です。骨盤の形を歪め、ペタンコのお尻になります。股関節も内側に捻れたままなので、O脚になる原因でもあります。

体育座り

必ず腰が丸まった状態になるので、腰椎と骨盤に大きな歪みを作ります。

腕組み

背中が丸まり腰が突き出た姿勢になります。背中と腰に過剰な負担がかかってしまいます。

猫背

デスクワークなどで猫背姿勢が続くと、胸の前が圧迫されるため、呼吸が浅くなり、息苦しくなります。内臓も圧迫されるため、内臓の機能低下も起こしやすくなります。

高い枕

体に合わない高い枕をすると、首の関節のカーブと逆のカーブになります。頚椎ヘルニアになりやすくなります。

横寝

いつも同じ側の肩を下にしていると同じ側ばかりの力が働き、片側に強い歪みが生じます。

仰向けで眠れない

背中の柔軟性が悪くなると、仰向けで寝ると違和感を感じ、自然と横向きか、うつ伏せで寝るようになります。



主な一般症状

肩こり

 頭の位置が中心にあればあるほど身体には均等に重さがかかりますが、デスクワークがほとんどと仰る方の場合、パソコンなどを見ていたりしていて猫背になって来ると、自然に前に頭が移動し顎が出たような姿勢になります。その為、首や肩、背中の筋肉は頭が前に倒れないように、一生懸命引っ張らないといけません。この状態が続くと、筋肉は疲労し硬くなり、その硬くなった筋肉によって、神経や血管が圧迫されます。そして、肩こり感、痛みや痺れなどの不快な症状につながります。
 筋肉が硬くなることによってその下にある背骨自体も硬くなり柔軟性がなくなり、歪んでいきます。筋肉をもむと血行が促進され、一時的に解消しますが、奥にある背骨自体は歪んだまま硬くなっているので、周りだけ一時的に改善したとしてもまた戻ってしまうのです。

 また、腰痛の場合にもいえることですが、筋肉に疲労物質がたまってこわばったままの状態を放っておくと、筋肉が血管を圧迫するので血行が悪くなります。そのため、血液の流れにのせて疲労物質を取り除くことが難しくなり、疲労物質が排出されにくくなります。すると、ますます筋肉が硬直してこりがひどくなり、血液循環が悪いために冷えを伴います。
 血行不良が改善しないと、硬くこわばった筋肉が末梢神経を圧迫したり、傷つけたりしてしまいます。そのため、筋肉のこりだけではなく、末梢神経の傷による痛みや、しびれも起こってしまうのです。

 「肩こりくらい大丈夫…我慢できる…」と放っておくと、他にも思わぬところでさまざまな弊害を及ぼすのです。
 当院では、筋肉の矯正に加え、骨格の矯正をする事によって、芯から柔らかくし根本的な改善につなげていきます。

腰痛

 腰痛といっても色々種類があります。脊椎や筋肉の異常で起こる腰痛‐多くの腰痛がこのタイプです。他にも内臓疾患から起こる腰痛、精神的なものが原因で起こる腰痛などもあります。

 背骨は人間を支えてくれる大事なところです。その中でも腰の近くにある部分を腰椎と呼びます。通常、人が立っているためには背骨が体の上半身を支える必要があり、その支えている負荷の多くが腰椎にかかってきます。そのため、腰椎が傷つく確率は非常に高く、腰痛の原因として挙げられます。
 また、背骨も体を支える重要な骨ですが、この背骨も年齢を重ねるとともに歪みが生じてしまったり、日常の仕事によって歪みができてしまう事があります。この場合にも腰痛の原因となる可能性が十分にあります。

  重いものを持ち上げた時によく起こるのが筋の損傷や関節の捻挫です。ひどい場合は立てなくなることもありますが、横になって安静にしている時には痛みが治まり、ほとんどの場合1週間から10日くらいで痛みはほぼおさまります。しかし、無理をしたり負荷を重ねると、完全に機能回復さず慢性化を起こす原因になってしまいます。

 また、同じ腰への負担でも、背筋や腹筋の強い人と弱い人では違います。背筋や腹筋が弱い人は、体を支えきれずに背骨や背筋に無理な負担をかけることになるため、腰痛を引き起こしてしまうのです。
 自覚的にもはっきりした要因、負担がなくても腰痛を起こすことがあります。顔を洗うときにちょっと中腰になっただけで腰痛になったり、くしゃみをしただけなのにぎっくり腰になったりすることもあります。

 女性の場合、妊婦さんは体重が重くなっているだけでなく、前方に重心が移るので、バランスをとるために体が自然と反り気味になります。腰への負担も大きくなり、背筋にも疲労が蓄積して腰痛になってしまうことがあります。

猫背

  不自然な姿勢を長時間行うことによって、筋肉と背骨の関節自体が硬くなり、固まってしまいます。猫背が習慣になると、頭を支えている肩の筋肉が緊張から解放されないため、肩がこってきます。また、あごが上がって首の後側の筋肉が収縮させられるので、首の後側が痛くなり、やがて頭痛が起こります。
 そうなると、頑張って良い姿勢をしようと胸を張り背筋を伸ばそうとしても、長期間かけて固まってしまった身体は簡単にいうことを聞いてくれません。
 猫背でおこる症状は、様々な不調を身体に及ぼします。

O脚

 股関節や膝関節の内反(=内側に向くこと)が原因となって起こる症状で、生まれながらの変形という訳ではありません。
 人間の膝は、まっすぐに伸ばした時に少し反り返る構造になってます。この反り返りによって安定して立っていられるのです。
 内股の強い人は膝が内側に向いているために、脚を完全に伸ばすと膝の内側は外に広がって反って行きます。
 この内股姿勢によって、股関節が捻れて歪み、それに合わせて、膝の関節が歪み、骨盤が歪んできてしまいます。
 この習慣が長く続けば続くほど、関節と筋肉は歪んだ位置で安定してもとに戻らなくなります。将来的にこの歪みの状態が続くことにより、膝の内側に負担が増して変形性の膝痛や、骨盤の変形によって内臓が圧迫されて便秘や肥満・冷えなどの症状を引き起こすことになります。


ご予約・問い合わせ

整体院一休 0587-93-5390

お電話お待ちしています



営業時間・料金へ
よくあるご質問へ
お問い合わせへ
アクセスへ


当院の施術へ
基本施術へ
下半身集中コースへ
子供とスポーツへ
出張整体へ
物理療法へ
アクアリラックスへ


施術後の注意点へ
通院間隔・期間へ
主な一般症状へ
健康チェックへ


院長紹介へ
メール配信へ