クロスオーバーの目指すとこと
アンケートをまとめてみました

項  目 内        容
継続、発展するために ・お互いの仲間がノンクリスチャンの仲間などを誘ってくればよりよくなると思う。
口コミで広がっていくことが望ましい。
練習の日時や場所をしっかり伝えていく事、経験者がルールなどを初心者の人にも しっかり教えられる練習方法を考えて欲しい。
基本は楽しく!これは絶対!!
祈りにはじまり、祈って終わるということを習慣づけられるといいと思う。途中参  加の人、早く帰る人も、祈祷課題とか感想を表してもらえるといいね。
ある程度練習の流れを決めておいたほうがよい。毎回「どうしよう・・・」となる。
やりたいこと ・野球とかバドミントンをやってみたいなと思っている。青年をもっと増やしてスポ  ーツをやっていきたいなと思います。(バスケだけじゃなくいろいろなスポーツを)
来やすいように年に何回か食事とかできたらよいです。
賛美を一曲とか入れては?
時間、場所 中・高生の人たちが参加できるように祈りながら、祝日とか・昼間とか中高生の人  たちができるように時間を作ったらよいと思う。
練習日は土曜の午後が良いです。金曜の夜は時間が夜遅くになってしまい、帰宅時間なども遅くなってしまうでしょう。家族の方々への証なども考えると土曜午後5時ごろには終了の時間が良いと思います。中・高生の参加のためにも土曜午後をお勧めします。

時間や日にちはなるべく土曜の1:007:00ぐらいの間がいいと思う。
場所的には羽生は良かった。
できれば地元のほうがいいが、必要に応じていろいろな場所で活動する。
アピールの仕方

牧師先生の許可をもらい各教会にチラシを渡す。
今回で4回目の参加になりますが、バスケットを通して青年の人たちや、他の人たちと交流を持つことができるので楽しいです。ただ、ノンクリスチャンの人がいないのでもっとノンクリスチャン向けの宣伝をしてもいいと思う。

目標

交流試合や公式戦への参加
みんなで楽しく活動できるようにする。
私は高校・中学で一緒にバスケをやっていたノンクリスチャンの友達をこの場所に呼びたいと思っています。
・教会の中ではなかなか集会などに友達を誘ったことがないですが、バスケなら誘えるかも・・・と一筋の伝道の光です。
・うまくなったり、強くなったりも大事だけど、それ以上に大切な一人一人と思いやり、神様の愛している人間を愛する。
・他のバスケチームには出来ない、チームを作る。

以上のことを踏まえ2006年7月現在は

1.練習開始と終了後には祈る

2.練習は 体操→パス→ドリブルシュート→ジャンプシュート→休憩5分→1対1や3対3など→休憩→5対5
のように進めています。(基本的には・・・ときどき変わります)

3.時間は月に1度から2度、土曜の午後1時〜5時を優先

4.場所は羽生を中心

5.みんなが楽しめる

ということを考えて行っています。


目標は
うまくなったり、強くなったりも大事だけど、それ以上に大切な一人一人と思いやり、神様の愛している人間を愛する。他のバスケチームには出来ない、チームを作る。
これが良いのではないかと思います。
(^。^)/

現時点ではこのような考えで進めて行こうと思います。みんなの考えがもっとまとまり、固まってきたら大きな指針を作ろうと思います。
アンケートの結果こちら