楽天カードは、とても得した気分になれるカードです。

楽天カードは、とても得した気分になれるカードです

私がメインで使っているクレジットカード即日発行は楽天カードです。

このカードを知る前は違うカードを使っていましたが、そのカードはポイント還元率が0.5%しかありませんでした。

その点、楽天カードは1%のポイント還元率です。

単純に以前のカードよりも倍のポイントになりますし、もちろん年会費は無料なので乗り換えてメリットばかりです。

申込についてもとても簡単で、ネットから入力するだけでOKでした。

こんなに簡単に作れるとは思ってなかったので驚いたくらいです。

さらに私が申し込んだ時はキャンペーンで楽天ポイントが5,000ポイントくらい貰えました。

それで欲しかった物も貰えましたし、とてもラッキーでした。

キャンペーンは随時行われているようですし、楽天カードを持っていない方はカードを作るだけでもメリットがあると思います。

楽天カードを利用して貯まったポイントは楽天市場や楽天ブックスなどで使えるのでグループ店で買い物しない方にとってはあまりメリットは無いかも知れません。

こちら



私の場合はかなり頻繁にお世話になるので、毎度少しずつ値引きして貰えて得した気分になります。

他のカードの場合、商品券に換えてもらったりも出来ると思いますが、私にとっては商品券よりも使い勝手は良いです。

ポイント還元率1%以下のカードを使っていて、楽天で買い物をすることがたまにでもある方なら、この楽天カードを作っておいて損はありません。

と、言うかキャンペーンで貰えるポイントなどを考えたらめったに楽天を使わない方でも充分メリットがあると思います。

公共料金なども、このカードから引き落としするようにしているので年間通すと結構なポイントが貯まります。

いつの間にか貯まったポイントで買い物をすると何か凄く得した気分になれますよ。

こちら



インビテーションって何?

クレジットカード即日発行の中には通常の申込では発行してもらえないカードがあります。例えば、プラチナカードなどが該当しますが、それは「インビテーション」を受けて初めて発行してもらえるからです。インビテーションというのは言わばクレジットカード即日発行会社からの「招待状」のようなものであり、現在のカードからさらに上級のステータスのカードに切り替えませんか、という案内の記載された書類のことです。インビテーションは通常、封書で送られてきます。文面は「ステータスのあるあなた様にふさわしい」というような書き出しで始まり、カードの切り替えを推薦されます。送られてきた申込書を返送すると、数週間でグレードアップしたカードが届きます。インビテーションが送られる基準はクレジット会社によって異なっていますが、例えば、プラチナカードの場合は一般的にゴールドカードの会員として2年以上の実績があり、かつ、年間100万円以上の金額を利用すると、インビテーションが来るようになります。

こちら

ただ、国際ブランドの中には会員の資産状況を条件に加味するものもあります。

ステータスを感じる三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードを取得して3年目になります。

同カードのゴールドカードを取得後、約10年ほど利用してからインビテーションがきて申し込みました。

ゴールドカードの1カ月300万円の限度枠が、年に数回はギリギリになることもあり、思い切って切り替えました。

年に4回ほど、海外へ1カ月近くの出張があります。

航空機、宿泊代などの費用は全てカード清算をするので、500万円に増額されたプラチナカードは便利です。

プラチナカードのフェースは、ブラックを選び、高級感あづれるデザインで気に入ってます。

出張先はアメリカが中心で、ヨーロッパとロシアにも行きます。

特にアメリカはカード社会でアメックス、ダイナースなどのステータスのあるカードの人気が高いです。

しかし、私のプラチナカードも海外でそこそこの認知度が出てきました。

こちら



アメリカ・ニューヨークでは、旅行代理店を通じて予約したホテルで、さまざまなサービスを受けました。

まず、一人での宿泊のため、普通のツインを予約したはずなのですが、デポジット代わりにカードを提示すると、広さが1.5倍のツインルームに変更してくれました。

ホテル内でのバーで使える30ドル相当のチケットもついてきました。

上記のサービスは全て無料で、ホテルが指定するプラチナカード以上を保持する人に対してのサービスみたいです。

驚いたのは、この一流ホテルに日本の三井住友カードが入っていることでした。

確かに年会費は5万円以上かかりますが、海外出張が多い方には、得する方が多いと思います。

日本では全く感じませんが、欧米では所有カードでランク付けされる社会ですから、仕方ないともいえます。

三井住友カードのプラチナは、海外でも立派な武器になってくれる頼もしいカードです。


こちら こちら


  次のページへ>>