野鳥を観察してみましょう。

野鳥観察(やちょうかんさつ)もしくはバードウォッチングとは、野鳥を観察する趣味である。


同好の士の間では鳥見(とりみ)と呼称することも多い。この趣味の発祥地はイギリスを中心としたヨーロッパであり、現在では英語圏のアメリカ合衆国にもこの趣味を楽しむ人が多い。

広い意味では、庭先に餌場や水場、砂場を作り、野鳥を集めて楽しむことも含まれる。しかし、一般には、観察者側から野鳥にできるだけ働きかけをしないことが重要視され、野鳥の生息環境に人間側が足を運び、自然状態の鳥を対象にすることが多い。

鳥の鳴き声を聞き、姿を探し当て、その行動を観察し、記録するなどの行動のことを指す。探鳥とも呼ばれる。森林、河川や湖沼、湿原、海岸(干潟など)と、鳥類が多い様々な環境に人間が出向いて行われる。それぞれに観察できる鳥の種類は異なる。

また、季節によっても違う種類の鳥が観察できるため、通年楽しめる趣味である。自然の中に身をおくため森林浴などの側面もあり、また適度な距離を歩くトレッキング、ハイキングなどを兼ねることも可能。幅広い年齢層が楽しめる趣味である。

一般に哺乳類などの野生動物は用心深かったり、夜行性であったりするため、人間社会の近くに生息していながら、その観察を行うのは非常に難しい。これに対して、鳥類の特徴は、昼行性の種類が圧倒的に多いこと、翼を持つ鳥類はいつでも飛んで逃げられることから、人間の姿が遠くに見えてもすぐには逃げずに、じっくり観察が可能である場合が多いことが挙げられる。

したがって、野生の動物に親しむには、鳥類はうってつけの動物である。また、哺乳類に比べ、様々な環境において観察可能な種類数が圧倒的に多いこと、鳴き声、美しい姿かたちなどでそれらの種類の判別が遠くからの観察でも比較的容易な場合が多いことから、コレクションの要素をも含む趣味として成立してきた。(Wikipedia:野鳥観察より引用)




▼お役立ちサイト▼
クレジットカード 審査 / オーガニックコスメ / 白髪染め / 寿司の世界!




野鳥観察サイト バードウォッチングをしよう!