IBARAKI

 Water Polo Club

HOME

What's Water Polo ?

RESULT

MEMBER

SPECIAL

HP DIARY

BBS

LINKS

 水球競技は、イギリスで発祥したスポーツで、当時は馬を模したボートに乗ってボールを追ったところからウォーター・ポロ(Water Polo)と呼ばれています。ゴールキーパーを含めた7人の競技者によって、幅3m、高さ90cmの相手ゴールにシュートしあってゲームは進められます。いわば、水上で行うハンドボールといったところです。

 フィールドの大きさは、縦30m(女子は25m)、横20m、水深は2m以上ということで、選手は足をつくことができません。泳ぎながら手足を使って、前後左右に機敏に動き回ったり、ジャンプしたりします。

 競技時間は、正味8分を4回(ピリオドと呼ぶ)行い、第1ピリオドと第2ピリオドの間と第3ピリオドと第4ピリオドの間に2分間の休憩が入り、第2ピリオドと第3ピリオドの間には5分間の休憩が入ります。交代選手は6人まで認められており、得点後、退水の入水時、ピリオドの間及び攻撃時間中の他、入水エリアからならいつでも交代できます。

 ルールはサッカーやハンドボールに似ており、手でボールを投げて、パス、シュートを行うほか、足や頭でボールを扱うことができます。基本的には、ボールを持っていない相手の自由な行動を妨げることは反則となります。つまり、相手がボールを持っていれば、そのボールに対してタックルすることはOKです。ボールを両手で扱うことや、タックルされた時にボールを水中に沈めること、拳でボールを打つことは禁止されていますが、ゴールキーパーだけは見方の5m以内であれば、両手を使うことも拳でシュートを阻止することもできます。また、ゴールキーパーはシュートすることもできますが、ハーフラインを超えてプレーすることはできません。

 水球競技には、レフェリーが、ほぼ対角線上に2人いて、おおよその分担を決めてプレーを管理、ファールがあるとレフェリーが笛を吹いてプレーを止め、相手にフリースローが与えられてプレーを再開します。しかしゴールラインと5mラインの間では、ゴールに向かって直接シュートすることはできません。

 ファールは次の3種類に大別されます。

オーディナリー・ファール ≫  ≪ エクスクルージョン・ファール ≫  ≪ ペナルティー・ファール

  copyright © IBARAKI Water Polo Club all right reserved.