■ゲーム説明

Dancing☆OnigiriはFLASHを利用したDDR風のリズムゲームです。

DDRとは違って矢印の他に顔文字がある5つとか7つのステップゾーンを使う方式をとっています。

顔文字はオニギリといい、これがDancing☆Onigiriの名前の由来となっています。

ステップゾーンの数はそのまま使うキーの数になるので5kye、7kyeとか5鍵、7鍵といいます。

最近ではもっとたくさんのキーを使うものもあるけれど、とにかくオニギリがあることが特徴です。

 

 ■操作方法

下から流れてくる矢印が、画面上部にあるステップゾーンと重なったときに対応するキーを押してください。

5keyは←↓↑→の矢印はそれぞれの方向キーに、そしてオニギリはスペースキーに対応しています。

7keyは左からS,D,F,スペース,J,K,Lです。

帯を引いた矢印はフリーズアローといい、対になった矢印がステップゾーンに来るまで対応するキーを押し続けてください。

キーを押すタイミングによってライフゲージが増減します。ライフが0になるとゲームオーバーです。

 

■トラブルシューティング

Q. ダンおにが表示されない

Adobe Flash Playerをインストールしてください。

ブラウザのアドオンでFLASHを非表示にしているのかもしれません。

ブラウザの一時ファイルを消してもう一度ページを開くと見れるかもしれません。

 

Q. オニギリが反応しない

半角入力になっていないとスペースキーが反応しません。

 

Q. なんかズレてる

製作者のミスまたはプレイヤーの環境により、矢印がステップゾーンに来るタイミングがズレることがあります。

全体的に均一にズレていると感じるときはオプションの「Correction」を弄りましょう。

矢印が音より早くステップゾーンに来る場合は数字を上げ、音より遅い場合は数字を下げましょう。

音より早くなったり遅くなったりするときは大体譜面を作った人が未熟なせいです。

ところで音速は大気中で約344m/sらしいです。1秒60フレーム(f)とすると約5.73m/f。

ダンおには60fpsですから、5.74mスピーカーから離れてプレイすると1フレームの遅延になるんでしょうか。

だからというわけではないですが一応ヘッドホン推奨です。細かい音に譜面を振っているかもしれないですし。近所迷惑にもなりませんし。

 

Q. カクカクする

ダンおにの画面を右クリック→設定→ディスプレイのタブで「ハードウェアアクセラレーションを有効化」のチェックを外すと直るかもしれません。

FirefoxとFlashPlayer11.3は相性が悪いらしいので、そのせいかもしれません。

PCの性能が落ちてきているのかもしれません。買い替え時でしょう。

 

Q. ダンおに作ってみたい

他のサイトでとても丁寧に説明されているところがあるので探してみましょう。

ここでも軽くまとめてみようかと思っていますが、面倒くさすぎるのでいつになるかわかりません。

そもそも最近のツール状況は知らないので古い方法しか書けませんし誰得。

とりあえずここの製作環境の上三項目が揃えば作れます。