2018年 6月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
いっけし ふくうら
2018年 7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
南宇和郡 愛南町 福浦
2018年7月16日(月)
大玉スイカの成長。
 5月1日に植えた大玉スイカ5個、6月中圀3本枯れてしまい、2本植え替えるも育ちが悪く、7月中頃より受粉を始めるも受粉できず、10日以後カボチャの花が咲き、ミツバチが受粉を手伝ってくれている、お盆には間に合わないかな?。
2018年7月15日(日)
キュウリ苗を買いに行く。
 孫たちはプールに行くと聞き、やすらぎの里にキュウリ苗を買いに行く、カボチャが元気に育っているも、広がっている面積の割には、4個しか身がついていない、もう少し実がついてくれると良いが。
 息子たち仲間は宇和島地区、野村地区の片付けの手伝いに行っている。

戻る

2018年7月14日(土)
船越地区の祇園祭 奉納相撲。
 7月14日は船越地区の祇園祭に合わせ、船越小学校の児童と、船越保育園との合同相撲大会が行はれ、保育園の部に参加した1歳2か月の孫息子と3歳7か月の孫娘が相撲を取ることに、不安そうに待っていた孫娘は、押し出された格好で負けてやり、少しかわいそうな気もしたが、さすがお姉ちゃんとほめてやる。

戻る

2018年7月13日(金)
スモモワイン澱引きをする。
 発酵瓶に入れ1日3回、果汁と澱を混ぜ合わせてきた、2回目のスモモワインが上部に浮いていた澱が、果汁の中に浸かったので澱引きをする、1ガロン瓶に入れ替え、S字水栓を取付け、水で封印をし1日1回下に溜る澱と果汁を静かに混ぜ合わせる、S字水栓に入れた水が水平になれば完成、今日は継美の誕生会を孫達とする。

戻る

2018年7月12日(木)
菜園の草引きをする。
 朝から快晴の中3.0m×4.6mの間の草引きをするも、1.5時間でしんどくなり家に帰る、午後から曇り空になり引き続き草引きをする、2時間かけてほぼ取り除け、自然薯の外側にかぶせる、これで記念所も雅wくぁきぬくなるだろう、余った草は後日サトイモの足元に置く予定。

戻る

2018年7月11日(水)
サトイモの土寄せ。
 サトイモの脇目が出てきだしたので、脇目を摘み取り土寄せをする、大雨以降温度が一気に上がったので、体が慣れてなくすぐ汗をかくも、無理をしないよう少しずつ進めていきたい、雨除けハウスに水かけに行くと、メロンが枝から離れており5個も持ち帰る、車の中はメロンの良い香りがしている、昨日の贈り物は沖に流れ出たかな。

戻る

2018年7月10日(火)
ありがたくない贈り物
 昨日は気が付かなかったのだが、先日の大雨の贈り物が今日届いたので紹介、中下防波堤外側・福浦漁業組合前・山下海産横・福浦モータース前・福浦小学校前と特に目立って固まっている所をピックアップ、こんな贈り物はいりません、取り除くのが大変。

戻る

2018年7月9日(月)
メロンの成長。
 4月27日に植えた2種類のメロンの内、プリンスメロン10個は葉が枯れてきており、大きさ的には十分だが茎から外れるのを待っている、一方レッドストーン(3枚目)は大きくなっているのは2個で、少し膨れてきているのが3個有る計5個に、今年初めて挑戦した品種なので期待している。

戻る

2018年7月8日(日)
空が明るくなる。
 14日から続いていたどんより天気は、今日16時に空が明るくなり、大雨に関する警報等や、避難勧告等も解除する福浦地区内を車で見回るも、崩落した個所等は見られない、自然薯は37個すべて上の網に届く、又ムカゴも見えてきた、今後はイノシシ対策が重要。

戻る

 
2018年7月7日(土)
福浦地区に避難勧告が
 昨日夜から降った雨により、菜園の左右の川から勢いよく水が流れておる、右側の川からの水は今年はっじめて、左側の小川は今年3回目になる、福浦地区のすべての川から水が流れており、福浦地区には避難勧告がでている、3時現在福浦湾内での土砂の流出は見えないが、夜には雨が降る予報なので注意が必要。

戻る

2018年7月6日(金)
スモモワイン澱引きをする。
 愛南町では今日も大雨警報が続いているも、旧西海地区では9時ごろまで雨は降るも、一日中ドンヨリと厚い雲が立ち込めている、先日澱引きをして1日1回下部に溜った澱と、果汁を静かに混ぜ合せ、S字水栓の水位が平行になったので、2回目の澱引きをする、そして2回目のスモモワインを仕込むことにする。

戻る

2018年7月5日(木)
愛南町に大雨警報出るも。
 9時ごろまでやや強く降り、買い物に行く時間にはどんよりとしたくもりになる、曇りになった頃に大雨警報が出るも、夕方まで弱い雨が時々降る程度、買い物に行く前に雨がやんでいたので菜園に行き収穫を、ピーマン・シシトウ・甘長トウガラシ・ナス・キュウリ・大玉トマト・ミニトマト等を収穫、一気にカボチャが太りだす。

戻る

2018年7月4日(水)
1日中ドンヨリ。
 昨日眼鏡を作りに行った宿毛では、雨風ともペタなぎなのに、帰ってきた地元はやや強い風が吹いていたのに大変な違い、入り江の向きにより大変な違いがあるものだと改めて思った、サトイモの葉が少しちぎれていた程度で、ナスとピーマン類はひもを取り外し、サツマイモも少し元気になる。

戻る

2018年7月3日(火)
ナス・ピーマン類紐でくくる。
 朝起きると、九州の西を北上している台風の影響か、やや強い雨と風が吹いている、ナスとピーマン類が心配になる、8時過ぎには雨が小降りになったので、菜園に行きナスとピーマン類が、風にあおられないよう真柱にひもで巻き付け、4時前なのだが風は強い状態。サツマイモ(安納芋)初めに植えた分は元気になる。

戻る

2018年7月2日(月)
自然薯の成長。
 朝6時30分地区出身の中田県議の傍聴に行くため家を出る、予定どうり9時30分県議会に、書類を作り議事堂へ、感慨深く傍聴する11時前終わり挨拶をして伊予病院に、50年来の仲間を見舞いに行く元気そう、1時間ほどで帰りの道に、4時前家に着き菜園に気になっていたトマト類は何とか元気、自然薯の写真を撮り5時ごろ孫たちが遊びに来て帰ると爆睡、疲れた1日。

戻る

2018年7月1日(日)
ピーマン類の成長
 5月1日に植えたピーマン類6月16日から少しずつ収穫をはじめ、毎日少しずつ収穫をしている、シシトウ4本・甘長トウガラシ4本・普通のピーマン4本・大きいピーマン4本を植えており、自分たちだけでは余るので、息子や弟たちにもおすそ分けしている、カボチャの蔓が入り込んできた。

戻る

2018年6月30日(土)
スモモワイン澱引きをする。
 昨日に続き今朝4時より6時まで強い雨が降り菜園の横の、小川からは音を立てて水が流れている、梅雨に入り2回目なので井戸水の心配はないだろう、菜園に行くとカボチャのメス花が2か所咲いていたが、受粉はしたのだが水にぬれているのでうまくできたかな、スモモの澱引きをする、今年はもう1瓶作れそう。

戻る

2018年6月29日(金)
トマトの成長。
 大玉トマト(6本)ミニトマト(赤色アイコ系)・(黄色アイコ系)・赤色マンマル)全てが色付き始めており、ミニトマトは収穫を始めておる、大玉トマトは4段目に花が咲き、ミニトマトは6~7段目に花が咲いている、全体として少し成長は悪いような気がするので、今後注意が必要かも。

戻る

2018年6月28日(木)
大玉スイカの成長。
 5月1日に植えた2種類の大玉スイカ、今年はモグラが根元に穴をあけられ、見つけては踏みつけていたのだが、黒い皮のスイカが1個しか育たず植え替えたのだが育ちは良くない、結局今のところ赤玉が1株と黄色が2株残る、昨日から受粉を始め4個になるもどうかな?。

戻る

2018年6月27日(水)
サツマイモ植える。
 朝から曇り空、サツマイモのつるを25日に取り、サツマイモ(安納芋)を植えるのだが、育ちが悪かったり、イノシシに入られたりと、まともに育っていないのでNO-1菜園に40本植える(NO-2菜園より日当たりが良いので)、あと13本程度植えるスペースがあるので、蔓が育ってほしい。

戻る

2018年6月25日(月)
自然薯の成長。
 4月23日から植え始めた自然薯、37個のうちすでに34個まで植えの網まで届き、最低の高さは腰までが1本、他2個は自分の首の高さまで伸びておる、早いのは花がつき始めており、1か所から敦賀2本出てるのもあるなど育ちは良いよう。
 明日は法人会の愛南支部会に参加するのブログは休みます。

戻る

2018年6月24日(日)
カボチャの成長。
 5月1日に植えたナンキン4個、当初は成長が悪くやきもきしていたが、最近一気に展開してすでに、小さなメス花が見えるようになり、今後の成長に期待をしている。今朝の収穫物キュウリ・シシトウ・甘長トウガラシ・長ナス・スモモ等・ピーマン.。

戻る

2018年6月23日(土)
小玉スイカの成長。
 夜中過ぎからやや強い雨が降り出し、昼間3時間ほど止んだが、4時過ぎからまた降り出す、4月28日に植えた小玉スイカ(赤色)4株、(黄色)2個は赤玉が5個・黄玉2個袋をかけており、太りだしている球が6個ほどあり、メス花があれば毎日受粉をしている所。

戻る

2018年6月22日(金)
メロンの成長。
 4月27日に植えた2種類のメロン今のところ順調に育っており、プリンスメロンの少し太っている物に、落下防止の網袋を取り付ける、レッドスイーツはほんの少しふとぅては来ているが、目立った大きさには、もう少し時間が必要なので期待して受粉を続へたい。

戻る

2018年6月21日(木)
アンズワイン澱引きする。
 11日に発酵が終わり1日1回恬に回し、果汁と下部に溜った澱を混ぜ合わせ、S字水栓の水位が水平になったので新しい1ガロン瓶に澱引きをする、今日から1か月間冷凍庫の中の温度を、5℃程度に保ち静かにおいておく、3枚目はスモモを焼酎漬けにした。
 4時30分より宇和島法人会、正副会長会に(青年部・女性部含む)出るため家を出る予定。

戻る

2018年6月20日(水)
キュウリの成長。
 朝からやや強い雨が断続的に降り、菜園の左右の水路は水が出始める、雨除けハウスの中に始めて植えたキュウリが、毎日受粉をしているも少し葉が枯れ始める、菜園を始めて脇目からもキュウリが収穫でき、いつまでもつものか少し心配になる。

戻る

2018年6月19日(火)
ミニトマト色付き始める。
 6本の大玉トマトは現在4段目に花が咲き、下から順番に少しずつ太っておる、一方3種類のミニトマトは2本仕立てに、主枝の6段目に花が咲き、4段目が顔をのぞかせている、一番下の段から色がつきだす収穫までもう少しかな。

戻る

 福浦地区は旧西海地区で一番早く人煙を見た地域と言れ、お薬師様、権現山、数多くの屋敷神様が祭られ、その古さを物語っています。
 また古い村誌の記録によれば、養老年間(717~723)に、一本松正木の者来り住みし子孫18戸・・・・・・少し飛躍はありはしないかと思うも、福浦地区の歴史書類、記録等は、たび重なる火災により地区が消滅状態に遭い、昔を知る手掛かりはない状況です。
 現在の旧西海地区は温暖な海を利用し各湾内での、養殖漁業が活発であり、海のお花畑といわれる西海海中公園や、数多くの変化に富んだ磯や碆があり、魚釣り、磯釣りのメッカとして有名で
す。

福浦湾航空写真

[題 名] :
[氏 名] :
[E-mail] :
[コメント] :
年間の行事
メール送信
湾内の歴史
家庭菜園から独り言
愛媛県南宇和郡愛南町福浦1628番地
    製作者 猪野 保弘
地域の神社
メニュー
お薬師様
海中散歩