悪魔の特徴

堕天使ルシフェル

 

 結局、悪魔や魔女達の活動の本質は、地獄領域を増やすことにあるように観える。悪魔や魔女達が、味わってきた悔しい思い(時には快楽)を、地上の人間たちにも味わわせ、自らが辿(たど)ってきた道を、ほかの人間(魂)たちにも辿らせ、結局、悪魔や魔女、悪霊(手下)を増やすことを考えているように思われる。特に、手っ取り早く、多くの魂を狂わせることを考えているため、指導者が狙われているように思われる。

 

 彼らは、人間に霊的に苦痛を与え、人間に憑依(ひょうい)し、感情的に怒らせる(怒り)、嫉妬、不調和、愚痴、貪り、増長慢(高慢)、疑い、悪い見方、悪い考え方・・・などの悪影響を人間に与え、仏の子の魂を腐らせたり、宗教法人「幸福の科学」のような正しい宗教の信仰者の信仰心を失わせ、悪想念で満たし、地獄的な人生を送らせ、死後、その者たちを、地獄へ堕としたがるように思える。

 

 宗教法人「幸福の科学」で説かれている教えが天国的(上向き)としたら、悪魔や魔女達は地獄的(下向き)である。方向性が全く正反対である様に思われる。

 

※堕天使ルシフェル・・・一億数千万年前、七大天使の一人ルシフェルが(元々、大天使であったようですが)サタンという名で、地上に出た時に、彼は、智恵があり、頭も良く、何をやっても成功するような、そのような人生だったようですが、あまりにも成功しすぎて、驕(おご)りが生じたためか、その時に、本来の使命を忘れ果て、霊天上界からの指示に従わなくなってしまったようです。七大天使の長のミカエルの生まれ変わりとの戦いに敗れた彼は、死後、自分より上位の存在である九次元霊に対して、嫉妬をしてしまったようです。それが彼の転落の始まりだったようです。

 

 そして、嫉妬の後には、九次元霊を認めたくない心、自分自身が九次元霊になりたい心、成り代わりたい心が出てきたようです。天使の心のなかにも、そのような隙がありえたようです。

 

 人間は向上していくにつれて、この世的なる欲望はどんどんと薄れていくようですが、高級霊になっても最後まで残るものは、嫉妬心と名誉心のようです。この克服が難しいようです。

 

 より優れたる者になろうと思っていればこそ、優れたる者に対して嫉妬心が出てくることがあるようで、それを乗り越えてこそ、魂は真に進化することができるようです。しかし、自分自身の責任に帰して努力しようとする姿勢を失い、単なる嫉妬へと変わったときには、天使であっても、地獄の悪魔へと転落していくようです。

 

 ルシフェルが嫉妬した相手は、エル・カンターレではなく、九次元の裏側の世界にいるエンリルという魂だったようです。このエンリルに対する嫉妬心、競争心により、ルシフェルは地獄に転落したのだそうです。

 

 その悔しさからか、再戦を挑むために、地獄に堕ちてから、神に反逆を企て、一大地獄界をつくり、悪魔となってしまったようです。天国・地獄に二分化されたこの争いは、今なお続いているようです。〈ルシフェルが地獄に堕ち、ルシファーという名で呼ばれるようになってからは、地獄が天上界に対して戦いを挑むという、積極的な展開になってきたようです。)

 

以上、宗教法人 幸福の科学 教典部 発行『愛、無限』――偉大なる信仰の力――などを参考にさせて頂きました。

 

 

神と悪魔

 

スピリチュアル幸福生活セミナー  宗教法人「幸福の科学」富山中央支部精舎 平成21年9月27日(日)

 

「スピリチュアル幸福生活セミナー」3回目の本法話では、神の正体や、悪魔がこの世の人を惑わす手口、真実の教えを伝える意義が説かれました。

 

法話一部紹介

 

 『霊的世界のほんとうの話。』は、霊的世界や宗教の入門的な内容です。当会の信者のみなさんが基礎知識を勉強し直すため、また、仏法真理が初めての方に差し上げたり、霊界や宗教についてお話ししたりするのに、ちょうどいいテキストになっています。

 当会の説く霊界の姿とは、「神様に近い霊格の高い存在が、たくさんの種類、存在する」というものです。天使、菩薩、大天使、如来など、その呼び方は、いろいろありますが、そうした存在が現実にいて、霊言を下ろし、その存在証明が数多くなされたということです。

 ここ数千年くらいにこの世に生まれた光の指導霊、天使、如来・菩薩といわれた方が、一定の信仰を集めた場合、あるいは天上界に還った後、信仰がこの世で続いて年数が経った場合に、神様的に扱われてきた――これが神様の正体です。

 当会の真理が広がると、霊界の本当の姿が見えて、諸宗教が文化的に矛盾したり、ぶつかったりしている意味が分かります。理解できると、寛容になれるのです。

 悪魔が引っかけてくるのは、ほとんど自我に関わるところです。「この世の生活が本当だ」という考えから出る欲が強いと、これに釣り針を引っかけるようにして、この世的論理で攻め込んでくることが非常に多いのです。

 大切なのは、「あの世が本当の世界で、その元いた世界に還るために、この世で尊い修行を積んでいる」「その間、目に見えないものをどれだけ信じ切れるかを、魂修行として試されている」ということです。

 

エル・カンターレという存在があって、至高神として指導してきました。世界宗教には非常に大きく関わっています。

 (法話「神と悪魔」より)

 

以上、月刊「幸福の科学」No.274より抜粋させていただきました。このような教えをお説き下さった、主エル・カンターレ、大川隆法総裁先生に心より感謝申し上げます。

宗教法人「幸福の科学」公式ホームページ⇒http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/

エクソシスト入門――実録・悪魔との対話 大川隆法著(幸福の科学出版刊)⇒http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/info/list/details/33_1734.html

 宗教法人「幸福の科学」三帰誓願者 兼 幸福実現党員 前川謙一