トップページへ。 直前に見ていたページへはブラウザの「戻る」で。
 必要に応じてご確認ください。確認用のページの該当箇所へ。
 管理人へのメールや連絡  当サイトへの、または当サイトからのリンクについて   無断転載など可能条件 


 当サイトを印刷して使う場合の一つの目安 作成:2007年7月21日 この項目は所定条件で無断転載など可。
 トップページへ。 直前に見ていたページへはブラウザの「戻る」で。
 当サイトの文章などは無断転載など可能条件に合う場合、サイトを印刷したものをコピーした上で不特定多数に配布されることも想定しています。そのことを前提に作成しました。
 なお自分やその家族など限られた範囲内での利用、
俗に言う「著作権法上の私的利用」についてはここまでしなくてもかまいません。
 一例:自分だけで使う場合はサイトを印刷してそのままで使用可。
 1. ページ全体が「無断転載など可」の場合。  使用しているホームページ、ブログのサービス会社によって自動的に挿入される広告につきましては当サイト作成ではありませんので、コピー前に塗りつぶすかその箇所を切り取るなどコピーしないようにしてください。
 2. ページの一部が「無断転載など可」の場合。  対象外の箇所をコピー前に塗りつぶすかその箇所を切り取るなどコピーしないようにしてください。
 3. 場合によってはコピーアンドペーストで  特に上記2の場合、塗りつぶしたり切ったりするのは大変になることも。ワープロソフト、メモ帳などにコピーアンドペーストして用いる方法もあります。
 またそれ以外の場合でも必要な箇所のみコピーアンドペーストして使うのもアリです。
 ページ最上段へ



 参考資料考慮事項 作成:2009年11月26日 
 
この項目は所定条件で無断転載など可。 トップページへ。 直前に見ていたページへはブラウザの「戻る」で。
 解説   当サイトではサイト作りやブログ記事作成において、他のサイトや書物などを参考にすることがあります。運営元や情報発信元によっていろいろな特徴がありますが、そのことが必ずしもいいことばかりにつながるわけではないのが現状であり、それを踏まえて必要に応じてコチラで説明します。
 なお、発信内容や後述するコメントなどの機能は運営元の方で予告無く掲載終了、停止していることがあります。

 1. コメント欄が設けられているが、正確性、正当性に欠けるものや誹謗中傷など不適切なものが書かれていることがある。必ずというわけではない。

 2. A:トラックバックの受付 B:情報などについて触れている別のサイトにリンクを貼る機能
 この中で最低一つを持つが、正確性、正当性に欠けるものや誹謗中傷など不適切なものが書かれたサイトにリンクが貼られていることがある。必ずというわけではない。

 3. 情報などの内容そのものが正確性、正当性に欠けると思われる。

 4. 参考資料の内容は悪いものではないが、その情報などの運営元、配信元の全ての発信することが正しいとは限らない。

 5. その他何かあれば記載する。
 ページ最上段へ