□■Table Wear テーブル ウェア 

■箸置き
・星
TR
                         ¥600
 最大35 高13
 ■商品コードF-77672■
        注文(メール)

※価格は、「本体価格」表記です。別途、消費税が加算されます。
     

■津軽びいどろ・箸置
蜻蛉玉(とんぼだま)
とんぼ玉がいつ頃から作られていたのかははっきりしない。
エジプトなどでガラスの発明から間もない時代に発見されており、古くから製法が知られていたことが分かっている。
中国でも随や唐の時代には、火齊珠・玻璃と呼ばれた。

日本では、吉野ヶ里遺跡から、勾玉とともに小型のとんぼ玉(ガラスビーズ)が出土しているが、
これらはエジプトからの輸入品と考えられており、アジアを横断する交易ルートの存在を示唆する資料と見なされている。

正倉院には多数のとんぼ玉とともに製法を記した書物や原料も収蔵されており、
奈良時代には製法が伝えられ、国内で生産されていたと考えられている。