鰊の山椒漬
(にしんのさんしょづけ)
  二丸屋武蔵亭
  
長尾武蔵
手打ちそば・にしん漬-会津二丸屋武蔵亭は、鰊山椒漬・棒たら・こづゆ・まんじゅう天などの会津料理と、天然水で打った打ちたての蕎麦と堪能できる老舗店です。人気の自家製会津郷土料理を「仕事専科」でご紹介しています。農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」に会津の「にしん山椒漬」と「こづゆ」が選ばれています。

[御贈答用]
・棒たら甘露煮 150g
         ¥900
 150g真空袋入り 
 ■商品コードFA-07-b150■
            注文(メール
  

※価格は、「本体価格」です。別途消費税が加算されます。
●ご注文に当たっては、恐縮ですが、納品までに数日お時間を頂戴することが御座います。
●御注文金額は、
¥3,000(税別)より承ります。
●御贈答では、熨斗紙も承ります。 上書き:下書きをお知らせください。



●その由来は、幕末の会津藩主・松平容保が京都の守護職を終えた際に「芋棒」(いもぼう:海老芋棒鱈を炊き合わせたやさしい甘みと独特の風味が特長の京料理)を持ち帰り、「棒たら煮」を作らせたのが始まりと言われています。盆地である会津地方では、冬の間の保存食として、乾物が重宝されていました。
棒たらも真だらを棒のように素干しにしたもので、日持ちしない鱈を流通させるために古くから作られてきた保存食の一つ。それを2日ほど水につけて戻し、6~7時間煮付け、甘じょっぱく煮上げたものが「棒たら煮」です。
●二丸屋武蔵亭では、カチカチの本棒たらを甘辛の上品な味付けでやわらかく炊き込みました。
本棒たら(真鱈)使用の高級本格派。