下野・会津・津軽地方に連綿と伝わる匠の技術がつくる 手仕事・伝統的工芸品、民芸品 専科 本文へジャンプ
慶弔の記念品
 メール  FAX
お支払い
■代金引換
 
現金・クレジットカード
■銀行振込
 
宮染の手拭いは、世話になった方々に歓ばれる品です。熨斗と包装のお手配を承ります。 

仕事専科は、㈱とぴい企画のブランドです。
「和美との生活」を提唱しております。
手仕事専科の
ブログ
四季風景ブログ
歴史街道ブログ
和美空間ブログ
伝統食品ブログ
-ブログ-
2010.11.04宮染「中川染工場」を訪ねました。 
2011.04.05手仕事専科の「手ぬぐい」 
2011.04.30宮染「てぬぐい」暖簾のお薦め 
トップページ  商品紹介  ご注文・お支払い 会社概要  お問合せ
宮染
株式会社中川染工場
伝統の江戸手拭いと江戸浴衣の宮染
今も水量豊かな田川の畔に頑なに守り続ける
 

〒321-0967 
栃木県宇都宮市錦


















 ・・・・手仕事専科では、”和美との生活”を提唱しています。・・・・
宮染の由来
 江戸末期の頃、真岡木綿(現在の真岡市で織られた木綿地)が盛んになり、その木綿地を染めるために宇都宮市内を流れる田川沿いに染物職人が集まり袢纏等を染めるようになったのが始まりです。
 その後、注染(ちゅうせん)という技法が生まれ浴衣や手拭いを一枚ずつ丁寧に染め上げてゆくようになりました。 
 宇都宮に流れる田川を中心に栄えた染物を総称して「宮染・みやぞめ」と名付けられたのです。
 中川染工場では、昔ながらの注染の技法を頑なに守りながら、後世にこの「宮染」を伝えてゆきたいと願っております。 
 

       
●宇都宮市内を流れる田川    ●中川染工場の玄関          ●熟練された「注染」作業
      
●工場内の風景(熱気あふれる)●水洗い(機械化されている)     ●製品

-社歴-
明治38年創業
 中川染工場は、手ぬぐい、半纏の専門工場として創業しました。大正期に注染という技法によりゆかたの染色を手掛け、以来戦中戦後の一時期を除き年間を通してゆかたの染色をしています。
 東京ゆかた工業共同組合、及び関東注染組合に属しており、東京都の伝統産業の指定を受けています。
 現在では、手の込んだ製品が求められ、下記の製造工程を二度三度と繰り返した製品が主流となっています。
 
商品のご案内     ⇒ 製造工程    
【てぬぐいの種類】
小柄(53種) 無地(5種)  果実(8種)  一二ヵ月 華(13種)   餃子
 赤富士  ふきん  注ぎ染(8種)  干支 お手ふき(ハンカチ)   
 ●「てぬぐい」の種類をクリックすると商品へ飛びます。
  ●料金改定(2015.04.01)※小柄手ぬぐいが、改定されました。
  ●
商品総額は、¥3,000以上よりご注文を承ります。
 
※価格は、「本体価格」表記です。別途、消費税が加算されます。

□■注文制作■□

蒲生マユミオリジナル
・手ぬぐい 6反(66枚取り) 1枚  ¥700~
 蒲生マユミさんの遺作デザイン「11種」
 選ばれたデザインから、型紙をおこし染め上げます。
オリジナルデザイン
 (自作のデザイン)
・手ぬぐい 6反(66枚取り) 1枚  ¥500~
 型紙起こし:15,000~
 ※ご希望のデザイン画をFAX頂くことで、型紙におこします。
  
記念品、お祝事にお使いください。
   多色の場合には、別途お見積りいたします。
 
----宮染めと蒲生mayumi----  
  私と宮染めとの出会いは、県立博物館でのシンポジウムでした。その会場に中川染工場の中川専務がこられて、コメンテーターとしてお話をされていました。
それまでは、下野手仕事会関係の方は、存じ上げておりましたが、それ以外の手仕事の方々は、知らずにおりましたので、その際にご紹介させていただきました。
 とても真摯に仕事に取り組まれている印象を持ちましたが、染物の現状を知るにつれて、とても大変なご苦労をされていることを知りました。
 注染は、明治に確立された画期的な技術です。
 裏表に染色が抜けて染まるために表裏が、分からないほどにきれいに染まります。その風合いの魅力は、見て触れてみなければ、分からないと思います。
わたしは、その注染の魅力につかれてしまいました。そして、とうとう、私の想いの手ぬぐいを染めることになりました。第一作が、蒲生mayumiの手ぬぐい「mayumi像」です。一番、インパクトがあって、彼女らしい作品でした。その手ぬぐいから、mayumiトートバッグや暖簾、手提袋をつくり好評を得ております。
     
 ※蒲生マユミのページでご覧ください。
 ※注染
 注染(ちゅうせん)とは、布に模様を染める技法のひとつ。主に手拭の染色に使われる。布に型紙で染めない部分に糊を付け、乾燥後に染める部分に土手を作り、その土手の内側に染料を注いで布を染める。一度に多色を使って染めることができる。染料は布の下側に抜けるため、布の芯まで染まり、裏表なく柄が鮮やかで色褪せしにくいことが特徴とされる。堺の手拭や浴衣などの伝統産業で現在も広く使われている。

 【小柄てぬぐい戻る
・手拭とは、巾35センチ、長さ1メートル足らずで、端が切りっぱなしの木綿の布裂れです。
実用品でこれよりシンプルなものは、他にはありません。しかも神聖な語源を持ち、日本の伝統を受け継いだすばらしいものです。

・てぬぐいが滅びなかった理由は、意匠に強烈なメッセージがこもっているからです。

高名な絵師の筆によるデザインが、今日、残っているのではありません。
名もない職人によって下絵が描かれ、名も残らぬ職人の手で染められた安価な手拭の数々が、時代を超え、古びるどころか、どこかモダンな姿で、現代に伝えられて残っております。
・江戸時代には、今のように帽子をかぶらないかわりに、だれでも持ち歩いている手ぬぐいを頭に巻くことが普通でした。髪を押さえるときは「はちまき」。
女性はきれいな顔を隠さないためと、結った髪をくずさないために、手ぬぐいを首の後ろで結びました。これが「姉さんかぶり」。今の若者(男)がときどきやっているのも、あれはバンダナというより姉さんかぶりですね。
男性は、ほおが隠れるように、あごの下で結びました。これが「ほおかぶり」(ほっかぶり)。
そして、鼻の下で結ぶのが、「どろぼうかぶり」です。鼻の下で手ぬぐいをきっちり結ぶと、顔が半分隠れて、覆面をしたのと同じ効果があります。
・江戸時代のどろぼうは、ほんとうに「どろぼうかぶり」をしていたんです。今みたいに顔を隠すのに便利な覆面やストッキングはありませんから。もちろん、盗んだものをまとめて担ぐには、当時の万能携帯運搬具である風呂敷です。風呂敷を背負うのは、どろぼうだけでなく、荷物が大きいときは、普通に皆がしたことです。

もともと手ぬぐいはかぶりものにするのが本来の使い方で、手をぬぐう布は 「前掛け」でした。
「手ぬぐい」の名は江戸後期に広まります。 それ以前は「ユテ・テサジ・ナガタナ」などと呼ばれたようです。
手ぬぐいのかぶりものは、日除け・ほこり除けで頭を保護する以外に、 慎みや信仰の表現でもありました。
現代では人と挨拶するときには被っていた手ぬぐいを取りますが、 昔は「揚手拭(あげてぬぐい)」といって、
人前に出るとき相手に敬意を 示すためにわざわざ手ぬぐいを被る礼式もあったらしいです。
・代表的な模様の名称を参考にして下さい。

 豆絞り市松麻の葉うろこたてわくかまわぬ松葉唐草
 
・豆絞 黄       ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-01■
・豆絞 水色     ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-02■
 
・豆絞 緑       ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-03■
 
   
  [豆絞り]  

豆絞りという手拭の代表的な柄は、一見すると、西洋柄の水玉模様ドットに見えます。
しかし、豆絞りを良く見ると、不揃いの豆粒が、縦に正しく繋がって並んでいます。
それは、子孫が途切れずに何世代も繋がっていきますようにと、
子孫繁栄の切なる願いがこもっているのです。

  注文(メール)
・豆絞 紺       ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-04■
 
     
     
・市松 紺       ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-05■
  
・市松 黒        ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-06■
  
・市松 紫      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-07■
 
市松模様(いちまつもよう)]
市松模様(いちまつもよう)とは、格子模様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配したチェック柄の模様です。
江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が舞台「心中万年草」で小姓・粂之助に扮した際、白と紺の正方形を交互に配した袴を履いたことから人気を博し、着物の柄として流行したことから、「市松模様」「市松格子」「元禄模様」などと呼ばれるようになった。そのため、家紋や名物裂など江戸時代以前から存在するものは石畳模様と呼ばれる。英語では主に「チェッカー盤柄」を意味する語で呼ばれる。

フォトショップなどのグラフィックソフトウェアにおいて、画像の一部が透明である事を示すために市松模様が表示される物が多い。        注文(メール)

 
・麻の葉 緑     ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-08■
 
・麻の葉 青     ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-09■
 
 [麻の葉]
麻の葉文様は日本独自の文様で、正六角形を基本とした幾何学文様です。名前の由来は文字通り「麻」の葉の形を連想する事から名づけられました。

古くは平安時代の仏像の切金文様のなかや、鎌倉・室町時代の繍仏(刺繍によって仏像や菩薩などをあらわしたもの)のなかにみられます。また、麻は丈夫ですくすくとまっすぐに伸びることから、子供の産着に用いる風習があった。着物に限らず帯や襦袢、袋小物に頻繁に用いられました。

江戸の文化・寛政年間に歌舞伎役者の岩井半四郎が「八百屋お七」に、嵐璃寛が「お染」役に麻の葉文様の衣装をつけ大流行しました。それ以来鹿の子絞りの麻の葉文様と黒繻子を組み合わせた昼夜帯などは町娘役に欠かせない文様となり若い娘の代表的な柄となりました。

 注文(メール)
   
[うろこ(鱗)] 
うろこ文様は三角形が交互に入れ替わって、互いに地と模様の部分を構成する幾何学的な模様です。
古い時代の能装束の唐織の地紋にも多く、江戸時代には厄除けの文様とされました。うろこ模様は蛇や蝶を連想して、脱皮を表し、厄を落とし再生するという意味があります。
また、そのようなことから、紋章にもうろこの文様が使われています。

注文(メール)
・うろこ        ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-10■
 
     
     
・たてわく 紺   ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-11■
  
・たてわく 紫    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-12■
 
 
[たてわく(立涌)]
立涌(たてわく)とは、波状の線を膨らんだりすぼまったりするように向かい合わせた連続模様で有職文様(ゆうそくもんよう)にも用いられています。膨らんだ中に、菊、雲、波などを入れて、それぞれ菊立涌、雲立涌、波立涌などと呼ばれています。たちわき、たてわきとも読みます。
 
注文(メール)
 
・かまわぬ 茶    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-13■
 
・かまわぬ 紺    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-14■
 
[かまわぬ(構わぬ)]
 
歌舞伎役者の七代目市川団十郎が愛用した図柄で、歌舞伎の衣装にこの柄を使いました。「判じ物」と呼ばれる模様で「構わぬ」を絵文字に表したものです。 
注文(メール)
 
・松葉 緑      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-15■
  
・松葉 赤      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-16■
 
[松葉]  
緑の葉を一年中保つ松葉は、健康の縁起物です。病気の方へのちょっとしたプレゼントに喜ばれます。
注文(メール)
 
     
・唐草 赤      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-17■
  
・唐草 グレー    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-18■
 
 
[唐草]
昔、シルクロード経由で奈良時代に渡来した伝統的なデザイン。単純な上にどこまでも連続した模様が縁起良いと言われる柄です。
つる草は生命力が強く、茎をどこまでも伸ばしてゆくところから、長寿や子孫繁栄の象徴とされています。
唐草模様は江戸時代から明治にかけて、一番流行した柄です。

注文(メール)
 
・金魚 白      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-19■
 
・金魚 紺      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-20■
 
 
 
・わらび ベージュ ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-21■
 
・わらび グレー  ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-22■
 
 
     
     
・お雛様 白    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-23■
 
・お雛様 水色  ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-24■
 
 
     
   
・結び文 紫    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-25■
 
・良き事聞く    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-26■
 
・椿         ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-27■
 
   
・雪の結晶      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-28■
 
・梅         ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-29■
 
・寿づくし      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-30■
 
 
・寿づくし 黒     ¥800
 小柄手拭い  NEW!
■商品コード S-24A-31■
 
・貝殻        ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-32■
 
・猫と毛糸玉     ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-33■
 
   
・てっせん 青    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-34■
 
・てっせん 紫    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-35■
 
・ちょうちょ      ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-36■
 
 
・くまどり 青    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-37■
  
・くまどり 黒    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-38■
 
・ジュエリー     ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-39■
 
   
・ランチボックス  ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-40■
 
・エンジェル    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-41■
 
・帽子とめがね   ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-42■
 
 
・小菊 ピンク    ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-43■
 
・小菊 ネズ     ¥800
 小柄手拭い
■商品コード S-24A-44■
 
・七宝        ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-45■
 
   
・垂れ梅       ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-46■
 
・めでたい      ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-47■
 
・キャンデー     ¥800
 小柄手拭い 
■商品コード S-24A-48■
 
 
・栗         ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-49■
 
・ハートとりぼん   ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-50■
 
・ぶた        ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-51■
 
   
 
・カクテル     ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-52■
 
・鳩ぽっぽ     ¥800
 小柄手拭い  
■商品コード S-24A-53■
  
 
ふき戻る 
ふきは、宮染の人気商品です。
サイズは、1尺(33cm)四方のミニハンカチです。
「注染」は、高級な手染めになります。海外製作のような安価なプリントではない風情があります。
「粋」という言葉が、にあう手づくりハンカチです。
通常言われる手ぬぐいは、90cm×37cmサイズですが、そちらから2枚の
ふきを作ることが可能です。イニシャルやマークなどを入れて、ご自分でつくってみて下さい。
・お手ふき№301
 豆絞り紫・白抜き     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24301■
  
・お手ふき№302
 豆絞り 黒・白抜き     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24302■
 
・お手ふき№303
 市松模様 黒・白抜き     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24303■
 
     
 
・お手ふき№304
 豆絞り 白地・赤     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24304■
 
・お手ふき№305
 鳩ぽっぽ 青地・白鳩     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24305■
 
・お手ふき№306
 鉄仙 紫・白抜き     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24306■
  
     
・お手ふき№307
 鉄仙 白地・青     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24307■
 
・お手ふき№308
 ランチボックス 水色     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24308■
 
・お手ふき№309
 麻の葉 朱     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24309■
 
     
     
・お手ふき№310
 小菊(こぎく) ピンク     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24310■
 
・お手ふき№312
 金魚 白地に赤     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24312■
 
・お手ふき№313
 マトリョーシカ
 白地に赤     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24313■
 
     
   
・お手ふき№314
 帽子にメガネ
 紺地・白抜き     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24314■
 
・お手ふき№315
 家守(やもり)
 グレイに白抜き       
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24315■
 
・お手ふき№316
 市松模様 紫・灰色抜き     
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24316■
     
     
・お手ふき№318
 カクテル 黒地に色付き    
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24318■
 
・お手ふき№319
 目で鯛 白地に赤    
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24319■
 
・お手ふき№320
 ぶた 黒地にピンク    
         
¥500
 □33cm 
■商品コード S-24320■
  
     
無地手ぬぐい戻る    
  
・赤         ¥600
 無地てぬぐい
■商品コード S-24AA-01■
 
・黒         ¥600
 無地てぬぐい
■商品コード S-24AA-02■
 
・青         ¥600
 無地てぬぐい
■商品コード S-24AA-03■
 
   
 
・紺         ¥600
 無地てぬぐい
■商品コード S-24AA-04■
 
・白         ¥500
 無地てぬぐい
■商品コード S-24AA-05■
 
 

 【果実てぬぐい】戻る
・柿風鈴  ¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-01■
 
・林檎   ¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-02■
 
・五月雨苺¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-03■
 
・柘榴(ざくろ)¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-04■
 
    
・西瓜   ¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-05■
 
・琵琶   ¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-06■
 
・ドリームベリー¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-07■
 
・かぶ   ¥1,200
 果実てぬぐい
■商品 S-24B-08■
 

 一二ヵ月てぬぐい】戻る
・獅子舞  ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-01■
 
・バレンタイン¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-02■
 
・ひな祭り ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-03■
 
・花見   ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-01■
 
    
・端午の節句¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-05■
 
・かたつむり¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-06■
  
・たなばた ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-07■
  
・花火  ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-08■
  
    
・十五夜  ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-09■
 
・ハロウィン ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-10■
 
・木枯らし ¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-11■
 
・クリスマス¥1,200
 一二ヵ月てぬぐい
■商品 S-24C-12■
 

 【てぬぐい】戻る
・花車   ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-01■
 
・福寿草  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-02■
 
・さくら  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-03■
・あやめ  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-04■
    
・あじさい  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-05■
 
・あさがお  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-06■
 
・ひまわり  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-07■
 
・ききょう  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-08■
 
    
・つばき   ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-09■
 
・てっせん  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-10■
 
・ほおずき  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-11■
 
・りんどう  ¥1,200
 華てぬぐい
■商品 S-24D-12■
 
  餃子てぬぐい】戻る 
・文字 紺  ¥600
 餃子てぬぐい 
■商品 S-24E-01■
 
・箸     ¥600
 餃子てぬぐい 
■商品 S-24E-02■
 
 
・文字 紺  ¥600
 餃子てぬぐい 
■商品 S-24E-01■
 
 
・菊づくし  ¥1,200
 華てぬぐい NEW!

■商品 S-24D-13■
 
・皿     ¥600
 餃子てぬぐい 
■商品 S-24E-04■
  
          

赤富士戻る
・赤富士   ¥1,800
てぬぐい
■商品 S-24F-01■
ふきん】 戻る
 
・ゆず        ¥800
 お布巾
■商品 S-24F-02■
 
・もみじ     ¥800
 お布巾
■商品 S-24F-03■
 
 

 【注ぎ染てぬぐい】戻る
 
・お正月 緑  ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい 
■商品 S-24G-01■
 
・お正月 黄  ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい 
■商品 S-24G-02■
・雪輪とうさぎ  ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい 
■商品 S-24G-03■
   
・紙風船 青  ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい 
■商品 S-24G-04■
 
・紙風船 茶  ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい 
■商品 S-24G-05■
 
・鹿と紅葉    ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい 
■商品 S-24G-06■
 
   
   
・獅子舞    ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい 
■商品 S-24G-07■
 
・パンダ    ¥1,000
 注ぎ染てぬぐい NEW!
■商品 S-24G-08■

 【干支てぬぐい】戻る
・子    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-01■
 
・丑    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-02■
 
 ・寅    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-03■
   
・卯    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-04■
 
・辰    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-05■
 
・巳    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-06■
 
   
 
・午    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-07■
 
・未    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-08■
 
・申    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-09■
 
   
・酉    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-10■
 
・戌    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-11■
 
 ・亥    ¥800
 干支てぬぐい 
■商品 S-24H-12■
トップページ                                        up
株式会社とぴい企画 〒325-0063 栃木県那須塩原市豊浦中町100番地467
TEL/FAX.0287-62-7673   (携帯)080-5089-9227