伝統工芸品・民芸品の通販/下野・会津・津軽【手仕事専科】

下野地方・会津地方・津軽地方に伝わる伝統工芸品・民芸品をご紹介し、通販にて販売致します。


下野・会津・津軽地方に連綿と伝わる匠の技術がつくる 手仕事・伝統的工芸品、民芸品 専科 本文へジャンプ

御贈答品・ギフト
(記念品)

□■特選・特集

・手仕事品を種類ごとに特集を組みました。 
 表示価格の変更
消費税8%への移行に
伴い、すべての価格を
「本体価格」「別途消費税加算」表示に変更致しております。
(2014.04.01)
手仕事専科の
ブログ
四季風景ブログ
花・華・はな 
歴史街道ブログ
和美空間ブログ
伝統食品ブログ

トップページ 商品紹介  ご注文・支払い  会社概要   お問合せ
下野地方・会津地方・津軽地方に連綿と伝わる匠がつくる「手仕事」・伝統的工芸品、民芸品
そして伝統的食品をご紹介し、通販にて販売しています。

・・・・手仕事専科では、”和美との生活”を提唱しています。・・・・
 □■現在106業種156工房■□  工房・商品紹介・商品カタログ
下野地方の手仕事  43業種76工房    
はにわ 大塚はにわ店益子焼 神谷正一と8工房那珂川町にある小砂焼「藤田製陶所」の金結晶木工ロクロ「鈴木民芸」桑の木の茶器日光下駄 日光下駄 倉田工房鹿沼の寄木組木細工
宝珠堂の御神輿「小川政次」日光指物「倭人銘木」着雛「吉貞」現代の名工吉田宏鹿沼の桐箪笥「大塚」組紐「間々田ひも」和提灯「新波の提灯」染織「日下田藍染工房」武者絵の里「大畑」
竹芸「八木澤竹工房」・竹芸天翔風烏山和紙/灯り「かすみ」野州麻紙工房石仏「道祖人」天命鋳物 若林秀真茶陶 八染窯盆栽「グリーンセンター藤川」
印染 福井染工場|手仕事専科宮染 「中川染工場」原木細工「丸太絵」 山ぶどう・あけび那須の篠工芸日光彫「五十嵐漆器㈱」 尺丸盆切出牡丹木・工房ヒロ「みんな友達」仏師 朝倉二美「雲中供養菩薩南22号」
野州大麻 「野州大麻(やしゅうおおぬさ)」鬼瓦 「山菊鬼瓦店」大麻博物館 紡錐車・精麻麻の葉工房/野州麻竹芸 無心庵 斎藤正光 竹バッグ指物 クロサキ工芸 「木彩萬箱」創作銀工芸青野信夫 30mm幅指輪silver950
草木染めの夢屋染織工房 野島千尋”宮内庁御用達” 宇都宮餃子  ハシモト物産はるこまや いしがきカリーはるこまや 天然醸造味噌花かつお・鰹削節店 仙台屋手作り味噌 とべや那須みそ (有)須藤醸造
”煮たまご” じーちゃんの煮たまごみんなの水 H3ジャパン稲の沢 みどり米那須ブランド認定 那須の弁慶米 
会津地方の手仕事   20業種27工房    
漆器工房鈴武・一汁三菜椀鈴善漆器店 ぐい呑み会津絵ろうそく 山形屋本店会津本郷焼「閑山窯」会津本郷焼 樹ノ音工房会津本郷焼 鳳山窯金継ぎ・漆の修理
会津木綿「原山織物工場」奥会津編み組細工 マタタビ細工奥会津編み組細工 ヒロロ細工奥会津編み組細工 山ブドウ細工赤べこ (有)荒井工芸所起上り小法師 山田民芸工房
風車 山田民芸工房初音 山田民芸工房染色デザイナー 蒲生マユミ川俣シルク 齋藤産業 白河だるま 佐川だるま製造所ステンドグラス工房 松崎徹川俣シルク 斎脩絹織物㈱
着物仕立て 富士商店川俣シルク 三浦機業場マタタビ蕎麦笊 工房間方|手仕事専科
本醸造酢 太田酢店会津 高田梅会津の醤油・味噌 イゲタ醤油山ぶどうジャム・ジュース 滝根ひゃくしょう塾スモークハウス  
 津軽地方の手仕事    20業種25工房     
津軽金山焼 松宮松風DOGU 亀ヶ岡遮光器式土偶津軽びいどろ 北洋硝子漆・クラフト・KEN 津軽塗「藤野漆芸」 津軽裂き織りこぎん刺「弘前こぎん研究所」
りんご染「りんご工房」宮本工芸「網代編み・山ブドウ皮」ブナコ「BUNACO」kosaebito工房津軽指物 尾崎建具製作所津軽凧絵 二代目信枚公と朱雀下川原焼土人形 阿保正志  鳩笛
一粒のちいさなりんごCHITOSE|手仕事専科津軽打刃物 (有)二唐刃物鍛造所 暗紋シリーズ飛馬りんご JA相馬村りんご酢 カネショウ飯寿し  ヤマトミ食品山菜漬物・りんごカレールー 岩木屋りんご塩・りんご蕎麦 彦庵おせち料理 T-Cube とぴい工房 
O・B・M Handcraft  10業種16工房    
GalleryBarnの巣箱とランプ木工房 山光 シンプルBOXきり絵・3Dアート 湯澤朱美 「東照宮」鞄工房510 酒袋バッグ益子焼現代作家 薄田浩司・いと 菓子器益子焼 宇田川勉  粉引急須益子焼 吉兵衛窯 南雲英則
創作工房あくつ 阿久津雅土太郎工房 竹ノ内太郎 「窓」シリーズ九尾焼 岡本久臣 顔付オブジェ堆輪木 「kon-wood] コーヒーカップ&ソーサー
和布工房 ゆい 「桧垣紋様」ベットカバー和布仕立 工房たかだ ジャケット染色作家 高久加奈子 糸あそび工房 Angers Nasu 東出玉美
圏外(みちのく・北海道・東京)の手仕事                    13業種10工房  
蕎麦いんなみの瓢箪南部黄金べこ 小田島民芸所忍び駒 南部黄金べこ 小田島民芸所工房 白鳥オカリーナ雄勝硯 開和堂硯舗|伝統工芸品の通販手仕事専科南部箒 高倉工芸|手仕事専科
帆船模型製作 帆船工房宝代地|手仕事専科ほぐしし織りのモンブランヤマグチ 美術洋傘|手仕事専科夢工房 象嵌工芸美邑縫製 ワンピース・会津木綿蕎麦いんなみ
伝統的食品の手仕事 21業種22工房   
花かつお・鰹削節店 仙台屋那須みそ (有)須藤醸造手作り味噌 とべや”煮たまご” じーちゃんの煮たまご”宮内庁御用達” 宇都宮餃子  ハシモト物産本醸造酢 太田酢店会津 高田梅
会津の醤油・味噌 イゲタ醤油山ぶどうジャム・ジュース 滝根ひゃくしょう塾飛馬りんご JA相馬村りんご酢 カネショウ飯寿し  ヤマトミ食品山菜漬物・りんごカレールー 岩木屋りんご塩・りんご蕎麦 彦庵おせち料理 T-Cube とぴい工房
稲の沢 みどり米那須の弁慶米H3ジャパン みんなの水 スモークハウス蕎麦いんなみ
秋田の田舎漬 浅舞婦人漬物研究会|手仕事専科はるこまや 天然醸造味噌はるこまや いしがきカリー
 下野の国は、那須國造碑(なすのくにのみやつこのひ)による大和時代から、手仕事の記録が残されています。そして、江戸時代には日光東照宮造営に関わる産業が生まれました。そして、それらから更に生活に関わる優れた手仕事が生まれ今に引継がれています。おなじく会津津軽地方にも優れた産業・手仕事が育まれ、今に連綿と継承されています。

  この「下野・会津・津軽 手仕事専科」は、これらの地方に生まれ育まれた手仕事を紹介し皆様の生活にご利用していただくことを目的に作成いたしました。
 なぜ、下野会津津軽なのかは、店主が30年に亘るホテル勤務の中で赴任した地だからです。それぞれの地に伝わる手仕事の造形の美しさや面白さ、歴史から関心を持ち関わっているうちに絶滅の危機に瀕している手仕事を何とかしたいという想いに駆られ、手仕事の紹介と販売を目的とするネットショップ会社「株式会社とぴい企画」の設立に至りました。

 日本の伝統的手仕事文化とより優れたものを次世代に継承することを願う方々と、また、多くのご縁ある方々のご協力をいただきながら、和美との生活を提唱してゆきたいと考えております。
 そのコンセプトから手仕事専科のオリジナルカテゴリー「O・B・M Handcraft」(伝統的手仕事の手技・製品と現代アートのモダンデザインとのコラボレーションによる手仕事品)を創りました。また、手仕事の範疇は、伝統的工芸品、民芸品に伝統的食品も加えております。


 
現代世界のなかで、間近では、中国のインド、ロシアの台頭があり、日本は埋没しつつあります。昨日、70億人目の誕生が、ニュースに乗りました。グローバリズムという世界で、日本はアイデンティティを確固と持ち続けることが、大切です。それは、国の生き方であり、私たちひとり一人の生き方です。温故知新、温故創新は、ブレナイ芯を持ち新しい輝く世界を造ることです。「和美との生活」は、その心の在り方、考え方を提唱しています。自分の血となり肉となっている古の価値を知らずに、スマートな自分をつくることは出来ません。物が溢れる豊かさ(富)の価値ではなく、ゆっくりでもいいから、心ある本物の自分をつくって行きたいと思います。一歩ずつでいいから・・・、必ず届きたいと思います。

 
和美との生活」の提唱は、資源活用の「4のR」とも符合するものです。私たちの高度成長期・バブルの拝金主義的な社会が、1992年のバブル崩壊とその後に続く低成長時代、そして、それらがアメリカのサブプライム問題、リーマンショックに繋がり世界経済が崩壊し、更に東日本大震災の自然の力の前に価値観が大きく変わりつつあります。物を大切にすること、人との輪・和が、競争ではなく協調によって、感謝によって成り立つことを知る社会になりつつあります。勝ち組負け組の色分けが、いかに貧しい思想であるかを知ることになりました。いきる絆は、家族からのものです。それが、仕事を通じた社会につながり、地域に繋がり、世界に繋がります。経済は、それらの中に成り立つものです。功利主義は、第一義ではありません。人としていかに生きるかが大切であり、それらには、生きる指針があります。それらを包含したものが、「和美との生活」と考えています。これからもそのイズムを考えて行きたいと思います。

 
2012年の正月を迎えて、心新たにしております。昨年の反省と2012年の課題をまとめておりますが、詳しくは、手仕事専科のブログをご覧ください。目標と活動の関係は、達成するかどうかにあるように思われますが、実は、それにより自分がどれだけ成長できるかが重要と伺いました。目標の達成を夢見て心をワクワクさせながら活動することは、自分の時間をどれだけ有効に過ごせるかになります。どうぞ、「下野・会津・津軽 手仕事専科」のお客様に向かって、2012年の活動目標を宣言いたします。どうか温かく見守ってください。                                       -2012.01.01-

 
2012年の大晦日に2013年の抱負を明らかにしています。昨年は、海外向けのホームページの製作を計画にしていましたが、多忙から完成することが出来ませんでした。
 2013年は、さらに多くのことを計画しています。「和美との生活」から、そして、「食と健康」の考えから、古民家再生のプロジェクトをNPOによって行います。同時に、海外支援の手仕事プロジェクトを同様にNPOで、計画します。 「手仕事専科」のことばは、商標登録が出来ました。
 「和美との生活」をコンセプトとして、おおくの手仕事商品を世に出してゆきたいと思います。ひとつひとつが、私の勉強であり、夢の実現への一歩になります。
2013年も宜しくお願い申し上げます。
                                                -2012.12.31-

 
手仕事専科」の進化を感じています。ブランディングを意識しておりましたが、お客様が育ててくれるように思い、感謝の気持ちでおります。
 昨年は、たくさんの工房とのお付き合いが出来ましたが、ホームページ制作には、時間が取れませんでした。手抜きのつもりはなかったのですが、結果は、手抜きでした。お取引の皆様にお詫び申し上げます。
 今年は、年末にかけて、たくさんの食料品のページをつくります。地産地消の商品を取り扱うことになります。東日本大震災以降、地場産業は大きな痛手を受けています。売れないことを痛感されているでしょうか。しかし、私のサイトでは、全ての商品が、人気となっています。やはり、ブランディングを意識します。「手仕事専科」のブランドとして、商品を伝えてゆきたいと思います。皆様に感謝とどうじに使命を感じています。
    
                                       
-2013.10.08-
     

 2014年度の目標に「手仕事専科」のブランド化があります。
現在、ホームページでは、販売額的に大きな発展をとげています。
2010.04.08が、株式会社とぴい企画の設立です。そして、同年の04.20が、ホームページの誕生でした。
続いて同年の11.16が、最初のご注文です。現在の第4期末までに1,077件ものご注文を頂戴しました。
誕生し、よちよち歩きとなり、現在は、すこしはネットで一端のコメントができるところまで来た青二才です。
お客様とそれをつくり続ける職人の方々に感謝を申し上げます。
そして、お客様の求めるもののための努力を継続したいと存じております。
 2014年度の目標「手仕事専科」のブランド化は、夢のある事業です。
自分の創る商品を「手仕事専科」の名前をつけて、ご紹介することです。その「
仕事専科」のロゴマークをれを見ただけで、その名前を聞いただけで「手仕事専科」の商品の品質と価値と意図するポリシーとをイメージすることができます。「和美との生活」が、ポリシーです。
物を大切にする、人を大切にする、生きているご縁を「神様に生かされているご縁」を大切にして生きてゆく生き方です。
私たちは、経済動物です。しかし、この理念なくしては、心をもたない物質になります。
この地球上でいきている所以を考えてゆきたいと思います。
2014年度は、新たな一歩であり、チャレンジになります。
もう、若くはありません。しかし、夢を見て大きく一歩を歩んでゆきたいと思います。
皆様の、ご支援をお願いして、スタートいたします。
                                              -2014.04.01-

第5期を終了して、感慨深いものがあります。
月販売額の100万円は当初からの通過目標でした。前期は、僅かに不足ではありますが、ほぼ、その目安となる売上目標を確保することが出来ました。
㈱とぴい企画は、そして、メインとなる「
仕事専科」は、多くの課題があります。が、ひとつひとつ解決に向けて、歩んでまいりました。
新たな第6期に入りますが、次の目標を掲示して進んでまいります。
1.東北地方から、本物といえる手仕事工房とのお取引。
2.現工房及び商品の深化した紹介等により、各工房のお取引額の向上。
3.月額125万円(年間1,480万円)の達成。

                                      
-2015.05.21-
 2016年の正月を迎えて、手仕事専科も大きく変わりつつあります。
それは、伝統的工芸品の工房が、日増しに厳しい状況に置かれていることです。と同時に、伝統工芸品や伝統食品に気付き愛される方々が、増えていることです。
 厳しい経済の中で、日本の経済と文化は、停滞しつつも、成熟期を迎えているように感じます。スポーツでいえば、フィギュアで羽生結弦選手のような世界で絶対的な強さを発揮できる世代が、あるということです。私の世代は、戦後の団塊の世代です。
日本経済は、団塊の世代とともに成長し変化してきました。現在、高齢者世代に突入し、かつての日本の文化や歴史の成り立ちについて、評価できる世代となりました。日韓問題としてある”従軍慰安婦”について、南京大虐殺の問題にハッキリとNO!と言える世代です。戦後70年を経て、新しい価値観と評価を次世代に繋ぐ役割があります。戦後の体制に対して、連合軍に対して、彼らの偽りにNO!と言える世代です。
それは、正しい認識に基づき、自分自身の評価を主張することです。それは、文化についてであり、歴史であり、伝統であり、技術であり、自分自身の中に主体性という核を持つことです。
 手仕事専科は、2016年を迎えて、更に価値ある技術や技能そして、生活の知恵に照明をあて、多くの方々にその価値を伝えてゆきたいと考えています。
2016年は、新たな門出になります。2020年に向けて、新たな5カ年計画に突入します。
宜しくお願い致します。
       -2016.-01.01-

                                             ▲up 
                              
2010/04/20ホームページを公開しました。
Copyright(c)2010 topykikaku Inc All Rights Reserved 
2015/02/04更新


株式会社 とぴい企画   〒325-0063 栃木県那須塩原市豊浦中町100番地467
TEL/FAX 0287-62-7673  (携帯)080-5089-9227
 

伝統工芸品・民芸品の通販【手仕事専科】

1