下野・会津・津軽地方に連綿と伝わる匠の技術がつくる 手仕事・伝統的工芸品、民芸品 専科 本文へジャンプ
仕事専科は、㈱とぴい企画のブランドです。
和美との生活を提唱しております。
手仕事専科のブログ
歴史街道ブログ
四季風景ブログ
和美空間ブログ
伝統食品ブログ
トップページ 商品紹介 ご注文・お支払い 会社概要  お問合せ 
ポリシー(理念)  下野・会津・津軽 手仕事専科 
日本ビューホテルの勤務から下野地方、会津地方、津軽地方に連綿と伝わる「手仕事」伝統的工芸品、民芸品そして伝統的食品を知り技術継承と保存を目的に商品紹介と販売をしております。
     
    和美(わび)との生活”
(1)出会いと学び 
 この度、「下野・会津・津軽 手仕事専科」のネットショップを立ち上げました。すべてが手作りの”素人の商品棚”になりました。
 会社概要で、私の経歴を載せておりますので、私の人物像が、少しは掴めるかと存じます。30年間、ホテルマンとして、日本ビューホテル株式会社から栃木県(那須ビューホテル)、青森県(星と森のロマントピアそうま)、福島県(あぶくま洞羽鳥湖高原レジーナの森)の各施設に在籍・出向してまいりました。栃木県に生まれ育ち、ホテルの企画担当から、下野手仕事の方々と知り合う事が出来ました。特に顧問で設立に寄与された
尾島利雄先生(元栃木県立博物館学芸部長)からは、伝統的な工芸、民芸の世界について、また、民俗芸能についても教えをいただきました。”清く貧しく美しく生きた人々”というお言葉を、先生から幾度となくお聴きしてまいりました。
   
●那須ビューホテル  ●尾島利雄先生退官記念 ●星と森のロマントピア相馬
   
●あぶくま洞       ●羽鳥湖高原レジーナの森(アトリオ・オルサ)
(2)手仕事の現状 
 今、手仕事産業(伝統的工芸品・民芸品)が、絶滅の危機に瀕しております。グローバルな市場経済主義から、現代生活に適しない産業は、淘汰される運命にあります。生物学的には、”絶滅危惧種”という言葉がありますが、まさに、伝統工芸品は、そのような状況にあります。私の関わった津軽塗、会津塗を筆頭に生産量も従事する方々も、嘗ての何分の一という状況にあります。江戸時代や古くは大和時代に始まる伝統的産業の技術が、消えかかっております。なくなれば、復活することは、二度とないように思います。
下野地方の手仕事  ■会津の手仕事  ■津軽地方の手仕事 OBM Hand crafts

----代表的手仕事----
  
●日光下駄         ●鼈甲細工         ●藍染
  
●烏山和紙         ●小砂焼          ●会津塗
  
●会津絵ろうそく      ●会津木綿         ●白河だるま
  
●津軽金山焼       ●津軽びいどろ(北洋硝子)●ブナコ
  
●津軽こぎん刺      ●あけび蔓細工       ●津軽打刃物
   
●下川原焼土人形    ●津軽凧絵   ●独楽           ●津軽塗

●津軽裂き織
(3)”和美(わび)との生活” 
 スローライフや自然の素材から生まれた製品が、大切という事はわかっても、経済的にそれらを生活の中で使用することが難しい状態にあります。
 そこで、伝統的産業「手仕事」を守り、人間らしい生活に復帰することを目的に『”和美(わび)”との生活』を提案いたします。和=日本の伝統的な製品と生き方である”和”
、美=古の生活の中で育まれてきた美術工芸品と生き方の知恵としての”美”

生活の中に活用することを提唱いたします。
 日本人の色や造形に対する美的感覚は、世界に誇るものであり、作り手も使用者も長い年月を経て育み伝承されてきたものです。100円均一商品に代表されるような安価でそれだけにしか価値を持ち合わせないものが、巷に氾濫しております。それらの世界で育まれたものは、従来以上のものを生み出すことはありません。職人の反復作業によって生まれ長年培われてきた完成度の高い美しさには、価値があります。
 他にも日本の伝統産業、伝統文化である、旅館、割烹、着物、易、華道、茶道なども有用性と同時に温さと美しさとを同様に持ち合わせています。
  
  
(4)活動テーマ 
 この度は、私の関わってきました、下野から21業種28工房、会津から3業種7工房、米沢から1業種1工房、津軽から10業種15工房から、スタートすることができました。
 手仕事に携わる「職人」と言われる方々は、現代生活に適用する商品を作ることが使命です。それは、消費者のもつニーズ、ウォンツを捉え、それらに対応した作品を創作することです。人は古来より真・善・美という精神性を持ち、消費者も欲求としてこれらを持ち合わせています。また、これらを作る人、使用する人との間で、新しい製品を作るための橋渡しをする第3の人間が、必要です。
 私は、その中間の橋渡しの立場で、第3の人間として活動してまいります。

(5)活動計画 
 ①季節の手仕事商品のキャンペーン「特別価格販売」。
 ②手仕事専科「友の会」会員の「工房めぐり旅行」の企画。
   具体的には、下野、会津、津軽の3地方の旅行をそれぞれに企画。
   また、それらには、工房を利用したコンサートや工房職人と友の会々員との懇親会
   を予定しております。日帰り・宿泊の選択参加が、可能。
 ③体験ギフトの販売。対応可能な工房の製作体験をギフトとして販売いたします。
 ④WebCiteの3年間の経験から、情報発信が、鍵であることを学びました。
  ”ブランディング(branding)”の持つ意味です。
  すなわち、商品の個別に持つ価値です。
  はやりの”DMD(The difference make the difference)”です。
  この追求が、鍵であることを学びました。
  2014年は、わたしの第二のスタートになります。
  この情報発信の活動を徹底的に行います。新しい、埋もれた情報を発掘し、現代の
  生活に活かすことを目的に、伝えてゆきます。
 ⑤REOHAS(りおはす)の活動。
  地球環境と生活の行き方を目的に仕事に関わります。
  Reohas(リオハス)は、私のつくった造語です。

  Regional economy of health and sustainability(健康で地球の持続可能を志向する
  地域経済)の略です。

  LOHAS(ロハス)は、有名な言葉です。

  そして、意味するところもスローフード、スローライフと関連した「健康と地球の持続
  可能を志向する生活態度」というすばらしいポリシーです。

  わたしの意図するところは、リオ会議でスピーチした、ウルグアイのムヒカ大統領
  のそのものです。

  それに、触発されました。

  (http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/
  そして、GMO(遺伝子組み換え食品)や福島の原発事故です。

  どうじに、食と健康のひどさです。

  日本の医療費は、37兆円ともいわれます。

  国民の身体の修復費用です。

  そして、60%超の方々が、生活習慣病でなくなっています。

  地域経済の疲弊であり、労働力の不足とコミュニティの衰退です。

  これらのことを改善する方法として、小さな地域経済を提案したいと思いました。

  そして、それが、ムヒカ大統領の意図する消費主義経済の是正につながると考え
  ています。

  以下にそれらの提案を述べてみます。

  まだまだ、思い付きの段階です。

  しかし、これからの地域経済を考える一助になると確信しています。

  1)地産地消

  食と健康では、戦後の食の変化による低栄養価の食が、原因の一つです。

  すなわち、無機肥料や農薬の多投、促成栽培とが大きな原因となっています。

  かたや、産地調整や助成金対象の生産調整が、休耕地が当り前になっています。

  大型化された低栄養価の作物の流通を当然としています。

  それに対して、地域内流通で地産地消、有機農法、無農薬・低農薬、休耕地の
  活用により、資源の有効活用を図ることができます。

  これによって、身体に良い新鮮な食が、流通されます。

  地域内消費により、販売先として地域スーパーの活用、活性化が可能となります。

  ・地域高齢者労働力の活用を可能とする。

  クライネガルテンの地域版といえば宜しいでしょうか。

  ・栄養豊富な身体に良い食の活用によって、医療費が、低減されます。

  ・食と健康の啓蒙

  ・有機無農薬の生産農家、レストラン、宿泊施設、スーパー等のブランディングに
  よる普及。

  それらにブランドを与えることで、普及を容易にすることができるのではないか。

  2)福祉対策

  ボランティア通貨制度の導入

  コミュニティの活性化と高齢者や女性のボランティア通貨をつくり、それを特定の
  行政のサービスに活用する。

  シルバー人材の活用とダブルことになります。

  どのような商品・サービスを対象とするかは、要検討です。

  生涯学習的活動とボランティアの融合が、図れるように思います。

  行政の福祉政策へボランティア活動の導入。

  3)省エネルギー

  電力の自然エネルギーの対応。

  地域経済の中で、代替エネルギーの開発、支援を行政的に推進する。

  太陽光、家庭内消費電力の省電力を図る。

  ドイツやオーストリアの施策に学ぶ。

  インフラ整備については、地域及び県などの特区構想を活用できないか。

  4)インフラの整備

  社会整備は、常に必要と思います。

  それらの予算をこれら1)~3)の経済から調達することが、出来ないかが課題です。

  ①食と健康からの医療費、健康保険等の差額の活用。

  数年間の期間で、地域経済圏の大きさによりますが、かなりの費用のねん出が
  可能ではないかと思います。

  休耕地の活用と休耕地補助金の活用。

  ②ボランティア制度の導入によって、労働力の活用による費用の捻出。

  福祉関連費用への使用が可能。

  ③地域コミュニティの復活により、生き甲斐の創出が可能。

  虫食い状態の空き家住居の活用が可能。

  グループホーム的な相互扶助の形態が可能。(ボランティア通貨)

  これらが、現在のわたしの発想です。
    

トップページ                                     up
株式会社 とぴい企画   〒325-0063 栃木県那須塩原市豊浦中町100番地467
TEL/FAX 0287-62-7673  (携帯)080-5089-9227
   

伝統工芸品・民芸品の通販【手仕事専科】