下野・会津・津軽地方に連綿と伝わる匠の技術がつくる 手仕事・伝統的工芸品、民芸品 専科 本文へジャンプ

仕事専科は、㈱とぴい企画のブランドです。
「和美との生活」を提唱しております。
手仕事専科の
ブログ
四季風景ブログ
歴史街道ブログ
和美空間ブログ
伝統食品ブログ
トップページ  商品紹介  ご注文・お支払い  会社概要  お問合せ 
盆栽 グリーンセンター藤川
藤川 政幸 
 

〒329-2706
栃木県那須塩原市睦
          
■盆栽の管理預かり等も承ります。
 ・・・・手仕事専科では、”和美との生活”を提唱しています。・・・・
 今回、手仕事専科の工房に「盆栽」を家業とするグリーンセンター藤川を加えることになった。やはり、藤川さんとは、長いお付き合いとなる。那須ビューホテルの正月の装飾に盆栽を飾りたく、先代の藤川友久さんに声をかけたところ当時で販売価格が、150万円と言う盆栽を二鉢ほどお貸しいただいた。それは、立派な盆栽で、ホテルの乾燥したフロント前であり、また、お客様の悪戯などを懸念していたが、藤川さんは太っ腹な方で、笑ってお貸ししてくれた。津軽やあぶくま洞への出向で約10年間のブランクがあり、戻ってからご家族に会う機会があったが、友久さんは既にご病気でお亡くなりになり、ご長男の政幸さんが、後を継がれていた。政幸さんは、日本の盆栽界では、有名な木村正彦氏に弟子入りし、10年の修業の後に戻られたのである。

 この度の手仕事専科の趣旨である「和美との生活」による日本の伝統的な技術の紹介であることから、ご参加いただいた。
 「盆栽」は、非常に時間のかかるものであり、現在の名品と言われるものでも数百年が経つものが当たり前で、少なくとも樹齢が80年以上経って、初めて評価されると聞く。
 教育の世界で、人を育てることの難しさが良く言われるが、幼少期から成人するまでの僅か10年にも満たない期間である。その短時間の中で人を育て評価しようとしてるが、物差しが異なるのを感じる。愚妻の実家が埼玉で苗木や盆栽を旨とする家であるが、植物に対する取り組みが異なる。不要な枝を切り落とす決断と芽吹き育つのを待つ心が、半端ではない。
 この度のお付き合いから、盆栽の世界を学びながら紹介したいと存じております。
                                                  -2010.07.01-
 
  
●グリーンセンター藤川の園内風景・・・庭一面に盆栽が置かれている。
  
●ハウスもあり、中には雑木の盆栽が置かれている。盆栽には、鉢も大切な部材です。
  
●作業場の風景。写真撮りでお手伝いをしてくれた、成沢君が作業中でした。この道に入って9年とのこと。
※価格は、「本体価格」表記です。別途、消費税が加算されます。

商品のご案内   
 

 
・真柏            ¥250,000
 高37cm 左右54cm 幹径6cm
 ■商品コード S-23001■
  上:左面
 下:右面
  
 




・五葉松          ¥750,000
 高37cm 左右49cm 幹径8cm
 ■商品コード S-23002■ 
上:左面  下:幹
中:右面   
  
 



・五葉松          ¥1,200,000
 高52cm 左右81cm 幹径11cm
 ■商品コード S-23003■ 
上:右面   中:幹
下:左面 
  


・五葉松           ¥250,000
 高69cm 左右78cm 幹径9.5cm
 ■商品コード S-23004■ 
上:左面
下:右面
  
 



・五葉松           ¥360,000
 高71cm 左右97cm 幹径12cm
 ■商品コード S-23005■ 
上:左面   下:幹
中:右面
 
トップページ                                        up  
株式会社とぴい企画 〒325-0063 栃木県那須塩原市豊浦中町100番地467
TEL/FAX 0287-62-7673    (携帯)080-5089-9227