2つの事務所で迅速な事務処理!
ご相談・事前調査は無料

風俗営業の許可を取得するために

茨城県の取手市、つくば市、龍ケ崎市、土浦市、他近隣市町村にてご対応致します。お気軽にご相談下さい。
スナック・パブ・キャバクラ等の客に接待をして遊興・飲食をさせる営業を行うには、風俗営業の許可(2号営業)を必要とします。申請には多くの書類が必要です。許可申請に関するご相談承ますので、お気軽にメールください。
風俗営業許可について 風俗営業とは・・・
風俗営業とは大きく8つの営業(1号〜8号)をいいます。下記の営業を営むためには、管轄する警察署を経由して、各都道府県の公安委員会の許可を取得しなければなりません。
キャバクラ・スナック・パブ等の「客に接待をして遊興又は飲食をさせる営業」は2号営業に該当します。

「接待」とは
 「風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準」には
「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」を接待としております。
具体的な行為として下記に接待に当たるかどうかの判断基準を表示しておりますのでご参考ください。

接待に当たる行為
特定少数の客にはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為
特定少数の客の近くにはべり、その客に対し歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子をとり、拍手をし、若しくはほめはやす行為
客と一緒に歌う行為
客と身体を密着させたり、手を握る等客の身体に接触する行為
客の口許まで飲食物を差出し、客に飲食させる行為

接待に当たらない行為
お酌をしたり水割りを作るが、速やかにその場を立ち去る行為
客の後方で待機し、又はカウンター内で単に客の注文に応じて酒類等を提供する行為
社交儀礼上の挨拶を交わしたり、若干の世間話をしたりする程度の行為
客の近くに位置せず、不特定の客に対し歌うことを勧奨し、又は不特定の客の歌に対し拍手をし、若しくはほめはやす行為
不特定の客からカラオケの準備を依頼を受ける行為
社交儀礼上の握手、酔客の介抱のため必要な限度で接触する等の行為
単に飲食物を運搬し、又は食器を片付ける行為
客の荷物、コート等を預かる行為

上記の「接待に当たる行為」を含む営業を営む場合には、風俗営業の許可を取得しなければなりません。

許可を取得せずに無許可営業を行うと2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金又はこれを併科という厳しい罰則があります。
それだけではなく、風俗営業許可の欠格要件に該当するため、5年間は許可を受けることができなくなります。

許可の申請におきましては、
営業できる地域制限、営業施設の要件、設備要件、申請者の要件等があり、それを証する多くの書類が必要となります。
従いまして、ご相談いただいても許可申請に至らないケースもございますので、予めご了承ください。
また、申請後につきましても、申請者及び管理者に欠格事由(前科等)がある場合には許可されません。(申請書の添付書類にて欠格事由に該当しない旨を記名押印にて提出しますが、警察署でも調査を行います)

当事務所では茨城県の取手市、つくば市、土浦市、龍ヶ崎市、その他近隣市町村の地域において風俗営業許可の申請代行業務を行っております。

茨城県にて風俗営業の許可をお考えの方は下記の事務所までご連絡ください。

営業できる地域の制限
風俗営業許可の必要書類
風俗営業許可取得の費用
特定商取引法表示
プライバシーポリシー
相互リンク
〒300−1516
茨城県取手市藤代南3−11−5

菊池行政書士事務所

電話 0297−82−2617
FAX 0297−75−7755
Eメールkikuchi@kikujimu.com
〒305−0025
茨城県つくば市花室788−3

行政書士ごとう事務所

電話 029−857−6788
FAX 029−857−6788
Eメールmail@office5100.com
(行政書士は国家資格者であり、法律により守秘義務が課されておりますので安心してご相談ください。)