第24回社会福祉士国家試験を問う有志の会
  > 第24回社会福祉士国家試験・愛14回精神保健福祉士国家試験の資料
12.09.20 古川孝順試験委員長への手紙

12.07.06 堺市からの回答

12.06.21 社団法人日本精神保健福祉士協会大会(熊本)に参加し本件を啓発。

12.06.15 堺市への質問状

12.04.23 PSW協会に電話→疑義詳解に反映(追加意見)+社会福祉士会と協議する。

12.04.13 本日、協力者が50人を超えました。引き続きご協力をお願いします。

12.04.12 第24回社会福祉士国家試験における合格者受験番号の訂正について

12.04.03 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課に情報提供

12.03.30 2ちゃんねる/社会福祉士part4の保存データをアップしました

12.03.30 2ちゃんねる/社会福祉士part3の保存データをアップしました

12.03.29 PSW協会と電話→4月20日の理事会以降に回答する

12.03.28 三宅雪子衆議院議員へ陳情

12.03.26 日本社会福祉士会の回答→疑義詳解はP協だけとのこと

12.03.21 試験センターの池田さんと電話

12.03.21 阿部智子衆議院議員へ陳情

12.03.21 日本精神保健福祉士協会への協議申し入れ

12.03.21 日本社会福祉士会への協議申し入れ

12.03.19 総務省自治行政局と電話

12.03.19 厚生労働省社会援護局福祉基盤課の高橋さんと電話

12.03.15 試験結果  試験問題  

12.03.13 試験センターの池田さんと電話

12.03.05 試験センターに総務省の見解をFAX

12.03.05 総務省自治行政局行政経営支援室井上様から見解を頂く

12.02.08 試験センター宛の不適切にかかる苦情(内容証明郵便)



<連絡先>
〒030-0936 青森県青森市大字矢田前字弥生田1番地4
NPO法人青森ヒューマンライトリカバリー内
TEL 080-6004-6848
E-mail recovery-info@yahoogroups.jp



結成趣意書

 2012年1月28日と同29日、第24回社会福祉士国家試験及び第14回精神保健福祉士国家試験が開催された。両試験は、試験当日に試験問題の訂正が告知されるなど、極めて不備が目立つものであった。
 加えて、3月15日の試験結果の告示においては、問題44、問題96、問題130といった数々の不適切の指摘が受験者及び専門家らによって行われてきたにもかかわらず、これらがすべて回答もないままに、とくに不適切として扱われることもなく採点処理されたことが明らかになった。
 社会福祉士試験の合格基準は81点であり、精神保健福祉士試験の合格基準は74点であった。合格基準を上回る点数を得ながらにして、不適切が指摘されている問題について正当がないがために回答できず、その他の問題について誤った回答したために0点科目を作り、結果として不合格となった受験者を複数名確認している。彼らは、不適切とならなかった理由すら知ることもできないまま、就職活動等の人生を左右する大きな損害を被ることになる。しかし、これまで試験の採点については、すべて試験委員の判断に任されてきた。ひとたび試験委員が判断をすれば、受験者間における採点の不公平の是正に関する救済策がないため、受験者は泣き寝入りするしかない状態である。
 我々は、不適切が指摘されている問題であっても、試験委員が適切問題として処理するならば、せめて、そう判断した理由を知りたい。納得できない気持ちを抱えたまま、この不利益を引き受けることはしたくない。
 よって、第24回社会福祉士国家試験及び第14回精神保健福祉士国家試験の試験手続き及び採点の方法が受験者間の不公平を生んだことを鑑み、公平な採点のあり方について意見し、受験者間の不公平の是正及び今後の適正な国家試験の実施に貢献することを目的に、第24回社会福祉士国家試験を問う有志の会を結成する。

2012年3月21日
 
〒030-0936                   .
青森県青森市大字矢田前字弥生田1番地4
TEL 080-6004-6848 (桐原尚之)
E-mail recovery-info@yahoogroups.jp

Copyright © 2008
1