特定非営利活動法人青森ヒューマンライトリカバリーは、2008年3月14日に法人登記をして、正式に特定非営利活動法人として設立しました。以来、主に障害者の人道に係る諸問題(拘禁状態にある者の人身の自由獲得に向けた救援、年金・給付・生活保護等の社会保障の受給に係る支援、住居等の確保に向けた支援、過重な権力行為への抗議、虐待事例の告発等)に関わってきました。
 特定非営利活動法人青森ヒューマンライトリカバリーは、障害者が意思決定機関の過半数を占め、その実質的運営を行う、障害者団体(Disabled people organization : DPO)です。障害者の完全平等と参加を実現するため、国際的に連帯しています。
 第63回国連総会(2006年12月)で障害者権利条約が採択され、今後の批准に向けた法準備は、障害者権利条約第四条第二項に基づき、障害者団体が行うこととなります。当会は、青森の地で起きた、障害者の人権問題に取り組み、そこで得た実情が法律に反映されるように働き掛けます。また、障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関する条約(ILO159号条約)第五条にも、障害者団体が国家からの協議を受けることとされており、現場からの声を協議に生かせるようにしていきます。
  > 活動状況
12.06.02 仏祥院・心道学園被害者の会を発足

12.03.21 第24回社会福祉士国家試験を問う有志の会を発足

12.02.15 李澤さんを支援する会のページを作成

11.08.09 地域自立支援協議会に関する質問状

11.08.08 監視に関する情報提供 情報:障害者権利条約のモニタリング

11.07.13 美ら海水族館の回答文 (申請様式の件手帳提示の件

11.06.21 美ら海水族館への抗議文 (車椅子利用申請書PDA申請書

11.06.12 待機のある介助の実践モデル事業報告書

11.06.04 災害時も障害者支援を―青森福祉関係者らシンポ(6月5日東奥日報)

11.03.15 東京大学READ 当会委嘱調査の部分の調査報告書 完成

10.12.03 橋本容子さんの「人としての尊厳を取り戻す闘い」私設サイト作成

10.09.18 精神障害者を閉じ込める医療観察法廃止!青森集会決議文

10.06.02 つくしが丘病院から回答がありました

10.05.27 つくしが丘病院の窓口対応へ抗議しました

10.01.27 学習会「生きる」を考える 開催

09.12.09 陳情の審査結果について

09.10.29 あんしん賃貸支援事業の早期実施を求める陳情

09.10.01 全国『精神病』者集団結成35周年記念総会 開催

08.09.18 全国女性会館協議会 北海道・東北ブロック研修 講演

  > 2010年度青森市花いっぱいパートナーシップ事業


 2010年度青森市花いっぱいパートナーシップ事業の事業参加団体となり、旧国鉄線路跡地(野内)の花壇の管理をしました。また、花壇の管理を通じて、地域の方々との交流ができました。

   青森市都市整備部公園河川課のページ

  > 2011年度公益信託青森県ボランティア基金助成金事業

 2011年度公益信託青森県ボランティア基金助成金事業として、アドボケイトの養成を実施することになりました。2011年1月にアドボケイト養成講座を実施、20113月から5月まで、障害者介助における待機に関する実践調査を実施しました。2011年7月に、アドボケイトの実践調査を行います。
 最終的には、入門から上級までのカリキュラムを作成し、障害者総合福祉法下での制度化を目指します。。
 | 法人定款 | 個人情報保護指針 | 特商法に基づく表示 | 
〒030-0936                   .
青森県青森市大字矢田前字弥生田1番地4
TEL 080-6004-6848 (桐原尚之)
E-mail recovery-info@yahoogroups.jp

Copyright © 2008. Non profit organization Aomori human rights recovery