META HTTP-EQUIV="content-type" CONTENT="text/html; charset=euc-jp"> 村尾Koji=Marco's OfficialWeb
サウンドアートや伝統音楽と現代の音楽シーンとのコラボレーションジャズを志す
村尾Ko-ji "MARCO"WEB
目でみるリズムの教則本
Liveスケジュール
パーカッション試聴
まることかみで
宮下博行PROJECT2
A&M(海の幸Band)
CPB
Tommy Pianica's Dream
マルコのブログ
Mail
十津川郷蒼穹塾
アフリカの渡航情報
カウンタ






村尾marcoコージ/DRUMS&PERCUSSION「ルクセンブルグ公演(ホール)」

1973年、愛媛県西条市生まれ 幼少のころから電子オルガンを音楽教室で習い始め、
15歳でドラムを習う。
1990年、AXIAミュージックオーディション90'の作曲コンテストにおいて、全国8000人の
中からインストルメンタル部門の最高峰(AXIA賞)を獲得。
1991年、大阪音楽大学短期部打楽器科に入学、在学中よりドラマーとして関西ジャズシーンにて
演奏仕事を始める。1996年1月、東アフリカ【ケニア・タンザニア】へリズム探求の単身修行、
各地でセッションを重ねる。帰国後、1999年にはアジア・沖縄にて心と音楽の関係を探し、
2002年4月、西表島の風を表現した『アピヤラの見せる空』を作曲、アルバムをリリース。
その曲が関西テレビ『MUSIC&WETHER おはよ!』番組(5:05〜)で放送予定。
またジャズボーカルの綾戸智恵、SAXの土岐英史氏のドラマーを努める等関西ジャズシーン
で活躍する。
2006〜2007年、世界最大音楽見本市『SOUTHxSOUTH WEST2006/2007』に2年
連続出場。
2007年6月、フランス・スイス国境『アヌシー・メッテ音楽祭』にて、《TOMMY PIANICA'S
DREAM BAND》で、日本人としてはじめて出演を果した。
また、津軽三味線奏者・大野敬正氏の『SAMURAI SPILITS 2006〜2009』プロジェクト
でアメリカ/カリブ海/オランダ/ベルギー/フランス/ルクセンブルクなど、3年間に渉り、世界各地
でツアードラマーを努める。
2010年5月には、世界のさまざまな民族の生活や習慣にリズムの共通性があることを見出し
た結果、試行錯誤の上、目で見るリズムの教則本【ニューメラルサークル/リズム理論】を生み
出した。
2011年の4月、黒人リズムの発祥の地で有名な、マリ共和国(西アフリカ)を訪ねる。大自然
の中でつつましく、家族一緒に素朴に生きる人たちを見て、音楽教育におけるリズムをもう一度、
労働という視野まで広く、考え直す。その研究結果として、第二弾・改訂版ニューメラルサーク
ル【Fブルースは何を考えて叩いていますか】を、発表する。
2013年8月、世界パーカッションフェスティバル(韓国Sacheon International Percussion Festival)に於いて世界のトップパーカッションが集まる中、日本代表として出演。日本のリーダーと、インド、ウズベキスタンをまとめる音楽監督を任される。

<活動ユニット>(50音順)
◆A&M≪リズムピアノとパーカッション/WORLD MUSIC(marco's song)≫
◆音・人・旅(おとなたび)≪和風コンテンポラリー≫
◆月萌(つくも)≪尺八TRAD MUSIC/hiphop.soul.jazz.reggae.house.and more≫
◆天下一品カルテット≪インストROCK/オリジナル≫
◆TOMMY PIANICA'S DREAM≪WORLD JAZZ PIANICA≫
◆FUNKY TRIO≪なつかしの昭和歌謡JAZZ〜ヒットソングまで≫
◆まることかみで≪ACOUSTIC/アコーディオンとパーカッションDUO≫
◆宮下博行PROJECT2≪ヨーロピアンジャズ/オリジナル≫






サウンドアートや伝統音楽と現代の音楽シーンとのコラボレーションジャズを志すドラムニスト"Marco"マルコの世界。