トップページ


What's アベニー?


飼育記録


飼育用具





繁殖


トラブル


写真


BBS


メール
♂♀ 雄と雌の判断は諸説あるが、一番有名なのは目の後ろにある皺。
目の後ろに皺があるのが雄だと言われているが、ある程度成長しないと判別出来ないのがネック。
それより、簡単に判断可能(だと思われる)のが次の二つ。
一つは、お腹の真ん中に口から尾に向かって線が入るのが雄。
もう一つは背中に黒い小さな斑点があるのが雌。
特に後者は、どんな小さい時でも出ているので、解り易いと思う。
これ以外だと、尾鰭が黄色っぽいのが雄。
顔が尖っているのが雌。
体格がやや小ぶりなのが雌。と、こんな感じ。
どうしてもペアで飼いたい時には参考にしてみては?
詳しくは、餌のページを見て下さい。
一つだけ注意しなければならないのが、アベニーは自分の好きな餌しか食べない、という事。
基本的に生餌ならば殆どの子が認識してくれるが、冷凍・乾燥物に関しては、食べない子は一切食べないので、与えっぱなしにしておくと、餓死してしまいます。
勿論、手を変え品を変えれば食べてくれるようになる事もありますが、かなりの忍耐と努力、発想の転換が必要になります。
因みに、成功例としては、スネールしか食べない子に冷凍赤虫を食べさせる場合、先ずピンセットでスネールを摘んで与えるようにし、ピンセット=スネールと認識させると、ピンセットを入れるだけでピンセットを突付いてくるので、そこに赤虫とスネールを混ぜ合わせた物を与えていき、徐々にスネールの比率を下げます。これを暫く続けると、赤虫だけにしても食べてくれるようになりますが、その期間1ヶ月以上。しかも比率といっても、元が小さい物だから、かなり微妙。爪楊枝で切り分ける作業になります。かなり大変な事は確かです。
後は、赤虫はダメでも冷凍エビは食べるという子もいるので、とにかく色んな種類の餌を根気良く与え続ければ(食べなくても、毎日TRY!)、成功する事もあります。
追記
また一つ成功例が出来ました。
アベの好む餌としては、貝類>甲殻類(エビ等)>ワーム類という結果が出た為、貝類からステップアップしていった所、エビまでは確実に食べてくれました。
貝類はスネールは当然として、アサリやホタテ等、何でもOKな様です。それらなら1ヶでかなりの量になりますから、購入頻度も下げられます。先ずは貝を冷凍してからスタートしてみて下さい。
産卵 雄雌が寄り添うような形で、底に卵を産みつけます。
一箇所にまとめず、結構バラバラに生んでいるようで、底砂利のあちこちから、1.5mm位の卵が出てきます。
雌が異様なまでに餌を食べるようになったら産卵時期なようで、時期が過ぎると食欲も落ち着きます。
塩素を抜いた水道水で充分。
特に気をつけなければならない事は無いが、水を汚し易い餌ばかり食べるので、浄化にだけは注意。
バクテリア系は入れて入れすぎる事は無いので、贅沢に入れてやった方が良いでしょう。
水換えも、あまり頻繁にやらない方が、アベの調子も良さそうなのは、ウチだけ…?