トップページ


What's アベニー?


飼育記録


飼育用具





繁殖


トラブル


写真


BBS


メール
白点病 アベニーが最もかかり易い病気。床材に潜んでいる白点虫(?)によって起こり、その名の通り鰭や体に白い点が出来る。
体力があればまずかからないのだが、弱ってくると底でじっとしている事が多くなるので、余計にかかりやすくなる。
治療法としては、投薬・塩浴・水温を上げるという方法があり、投薬ならばメチレンブルー製剤やマカライトグリーン製剤等多種あるので、困ることは無い。
水温を上げる方法は簡単だし、かなりの効果があるのだが、病気によって体力が無くなっていると、水温上昇させると、余計に体に負担がかかるので、注意が必要。上げる場合は、30℃ちょい位まで徐々に上げる事。
水カビ病 上と同じく、結構かかりやすい。これは、魚の体力が落ちている時に水が古くなってるとなりやすい。
症状としては、体全体に朧上の物が付く事で判る(別の言い方をすれば、体表面の粘液が大量に分泌されている様に見える。)
治療法は、投薬治療が最も効果があり、上記と同じくメチレンブルーやマカライトグリーンでOK。
早めに投与すれば、まず問題は無い。
対処法としては、こまめに水を換えることに尽きる。
怪我 大人しいと言われるアベニーだが、元々フグは気性が荒いので、小突き合いはしょっちゅう起きる。
お互いがやりあっているようなら問題無いが、一匹だけが一方的にやられているようなら、隔離する必要がある。
酷いのになると、目をやられて失明(目の透明部分を齧られて、濁ってしまう)する事もある。
この場合、治療する事は出来ないが餌は食べられるので、ケアしながら育ててあげて下さい。
その他 白い浮遊物
「水槽内に白い綿状の物がある」という話を良く聞くが、それは「水カビ」か「バクテリアの塊」のどちらかという事が多い。
見分け方としては、前者は餌の残り等に発生するため、球状になっている事が多く、後者は形にならない朧上の場合が多い(勿論、例外はある)。
後者ならば何ら問題は無いが、前者であれば除去した後に、こまめに水換えする必要がある。


全てを新品で揃えて、かつ餌も冷凍か乾燥を与えていればまず発生しないが、以前に使用していた砂利や、生餌を与えていると、微細な線状の物やアメーバ状の生き物が発生する。
それらは水ミミズ(イカリ虫という人もいる)・プラナリア・蛭等である。
これらが発生しても、まず問題は無いが(全てアベニーの餌になる)、これが発生する条件というのは、大抵の場合、餌の与えすぎで余っている事。イコール水が汚れているという事なので、餌の量のセーブとこまめな水換えを行う。
一度こいつらが発生すると、根絶させるのはまず不可能なので、上手に付き合って下さい^^;。